メンタル

まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない

全力を出し切って試合を終える。

簡単なようで、なんと難しいことでしょう。

これを、難しいと感じている人は、まだまだ強くなれる土壌がある。

毎回、「出し切っている・・・はず」とどこかで勘違いしている人、実はテニス選手では多いように思います。

 

まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない

 


 

1.普通に戦えば、何も出来ないで終わるのがテニスの試合

アナタよりも格上の相手、強い相手にこそ、全力は必要。

出し切ることで、やっと勝てる可能性が少し出て来る相手に対して、どう準備してて戦うのか。

普通に試合に入っていけば、間違いなく普通に負けて終わる。

アナタはこの結果を、変えないといけない。

自分の実力を、「出し惜しみ」していることに、早く気付かないといけないのです。

 

2.自分の実力を出し切る、というのはどういうことか?

自分の力を出し切ることについて、深く考えたことはありますか?

恥ずかしながら、私も学生時代は無かった、というよりもいつも「出し切っている」と勝手に思い込んでいた。

でも、出し切れていなかった。

なぜなら、まだまだ「自分がやりたいテニス」を最後までやっているだけだったから。

強い相手に対して、自分の得意なプレーで勝てる可能性は低い。

そう考えて準備すれば、相手を徹底的に観察して弱点を突く、ようなプレーに切り替えていかないといけない。

そこが修正されたら、また変えていく。

強い相手に試合に勝つ、というのはこういうことの繰り返し。

それが実力を出し切る、ということだと思うんです。

 

3.「疲労困憊」になって、出し切った感を出す選手は二流

試合の後半、スタミナが切れて疲労困憊、痙攣の一歩手前。

もう、出し切ったな・・・と、自分で勝手に満足して負けていく。

それって、どこか勘違いしていませんか?

スタミナ切れ、になってしまうのも準備不足だし、疲労困憊になって満足しているのも痛い。

最初から最後まで、勝てる可能性を探っていかないといけないのがテニス。

厳しいようですが疲れるだけ、なら誰だって走り回っていれば出来るのですから。

 

実力を出し切る、ということは「変化のオプションを持つ」ということ。

ダメ、と思ったらどんどん変えていく。

テニスの試合、これが出来ないと格上相手に勝つことは出来ない。

出来ないから、そのまま実力を出し切った感を出して、負けていくことを受け入れる。

私自身、昔の自戒を込めて、今後の為に。

勝てる試合を増やせる為に、実力を出し切る試合を増やすこと。

簡単では無いですが、挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. メンタル

    試合に強い人は、トラブルが付き物だと理解している

    試合前に、準備が大事。何度も書いてきたことですが、準備ってこう…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  3. テニス 指導

    メンタル

    辛い試合を乗り越えた選手じゃないと、本当の意地は見せられない

    テニスの試合、最後の最後で踏ん張れるかどうか。意地を見せて、試…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある

    練習では確かな手応えを感じているのに、なかなか試合で結果が出ない。…

  5. テニス 格上相手
  6. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点

    テニスを強くしたい、強い選手になりたい。そう考えているなら、き…

特集記事

  1. テニス テニスノート

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  2. その他

    後輩には「武勇伝よりも失敗談」を話す方良い
  3. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試し…
  4. テニス メンタル

    戦術

    試合の雰囲気が悪い時の、明るい兆しの見つけ方5つ
  5. テニス 準備

    メンタル

    迷ったときに苦しい選択、が出来るテニス選手が最後に勝てる
PAGE TOP