テニス スマッシュ

フットワーク

「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

現代テニスでは、特にトップスピンのストローク力が一般レベルでも急激に上がっています。

深いボレーで押し込んでも、オープンスタンスからしっかり足元に沈められる。

ネットプレイヤーにとってはまさに受難の時代とも言えますが、この足元に沈められたストロークは、攻撃できない分しっかり返球しなければなりません。

 

「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

 


 

■ストロークは「沈められて当たり前」になった、残酷な現代テニス

現代は、ネットプレーヤー受難の時代。

プロ選手でも、ストローク主体のプレイヤーの活躍はすさまじいですよね。

しかしずっと後ろで粘っているだけでは、特に格上の選手を倒すことは難しい。

リスクを冒してでも、ネットに出ていくことが試合では求められます。

 

■沈められたらサイドスライス、ハーフボレーを上手く使おう

沈められることを覚悟できれば、態勢を低くして目線を落とせます。

それでもコート面スレスレのボールは、ラケットワークが非常に高い技術で求められる場面ですね。

ノーバウンドで捕球する際には、ヘッドを落としてボールの横を捕える形がお勧めです。

そしてハーフボレーでは、しっかり手首を固めてフラットから少しラケット面を被せ気味に当てていくことが大切。

普段のボレー練習の中から、この2種類のラケットワークをしっかり練習しておきましょう。

 

■「やられ癖」が付いていると、上体が浮き上がってアゴが上がる

「沈められたら、もう厳しい・・・」と考えている人は、低いボールで攻撃されると、アゴが上がって状態が伸びてしまう傾向にあります。

この「やられ癖」は、意識から変えていく必要があります。

既に打たれた時点で、「返すのが厳しい」と脳が判断してしまっていると、返球できるボールも出来なくなります。

しっかりボールを見て、ラケットの真ん中で捕える意識を高く持ちましょう。

技術の練習も大切ですが、絶対に返す!という気持ちもベースとしてテニスには必要です。

 

■厳しいときでも「足を決める、止める」と丁寧な返球ができる!

ラケットワークはもちろん、ネットプレーにはフットワークも重要。

厳しく攻撃されそうな場面では、まずしっかりスプリットステップを踏んで相手が打つ瞬間に備える。

そして足を決めて、しっかり止まって打つことが大切です。

もちろんゆっくりしたボールであれば、足を出して迎えにいくこと。

ハーフボレーになっても対応できるようなタイミングで準備しつつ、基本的にはノーバウンドで捕球できるように意識しましょう。

 

ダブルスの試合も上のレベルになると、この低いストロークと、ローボレー・ハーフボレーの激しい応酬になります。

浮いたら、決められる。

そんな緊張感の中でネットプレーを安定させる為には、無理の無いラケットワークが不可欠。

シンプルなフォームに返球できるように、日々磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス シングルス

    フットワーク

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を!

    シングルスの試合、左右前後に走り回ってコートをカバーする。でも…

  2. フットワーク

    メリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い分けを!

    今のボレー、つなぐの?決めるの?自分の中でハッキリしないプレー…

  3. フットワーク

    浅いと思ったら深い、深いと思ったら浅い

    テニスについて、よく知っている。試合で強い人は、この前後の動き…

  4. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

    「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思い…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない

    リラックス、リラックス・・・と試合中に考えても、その時点で恐らくガチガ…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    〇〇が出来るようになれれば、テニスは各段に上のレベルにいける

    相手の打つコースに先回り、カウンターショット・・・。皆さん、こ…

特集記事

  1. 練習メニュー

    逆転出来る選手になる、とっておきの練習法
  2. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です
  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点
  4. テニス 指導

    練習メニュー

    テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選
  5. サーブ

    セカンドサーブのトスは、少しだけ身体の近くに設定すれば安定する
PAGE TOP