テニス メンタル

フットワーク

スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

素早く動いて、前に詰める。

この動きが速い選手が、それだけですごくプレッシャーに感じますよね。

特にダブルスや、ネットプレー、が得意な選手は、前への推進力が凄い。

これって、もちろんトレーニングの賜物ですが、それだけじゃない。

今のアナタ自身のフットワークを、少し変えるだけで必ず「前へのスピード」はアップ出来る。

スプリットステップ、見なおしてみませんか?

 

スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

 

1.ステップはいつでも、忘れがちな技術

つい、私たちは忘れがち。

フットワークやステップ技術の向上って、後回しになってはいませんか?

テニスは、まず動いて自分が打てる場所、に移動しないと始まらない競技なのに、ラケットワークばかりに意識がいってしまう。

これではなかなか、試合でも勝てるプレーが出来ないですよね。

特に、前方向への詰め、フットワークって、ダブルスの試合ではそのまま勝敗につながるくらい、差になる部分。

みなさんの周りでも、テニスの技術はともかくすごく動きが機敏で速い、そんな方いると思います。

きっと、スプリットステップが少し違う。

私も普段意識しているポイント、を今回はまとめてみたいと思います。

コツは、「少しだけ、前のめりになる」ことです。

 

2.つま先だけで着地、を意識してみよう

これだけで、結構変わると思いますよ。

ステップの着地、をつま先だけで終えてしまう。

かかとはコートに付かない、から少しだけ前のめりのような態勢になるでしょう。

そうなると・・・どうなりますか?

その次、への反応、前への動き出しがすごく速くなる。

こういうステップを使っていくと、前への推進力がすごく強くなるんです。

相手が打つ前から、前に自然に入っていけるような感覚になる。

悪く言えば、少し前につんのめっているような感じ、ですけどね。

でも私は、それで良いと思っています。

つま先で着地して、そのまま勢いで前に詰めていく。

かかとを着地、で使わないからテンポが速くなる。

まさに、ギアを上げていくような時にこそ、このステップは使えますよ!

 

3.ギアを上げるって、要は動き出しを速くするということ

ダブルスの試合、ここぞというポイントでギアを上げる。

前にしっかり詰めて、ボレーでポイントを取っていけると試合でも乗っていけますよね。

そんなときには、このステップが使えます。

つま先だけを使って着地、そのまま、相手が打つ前に前に入っていくような感じで先手を取る。

下半身の動きを変えると、自然と気持ちも乗っていけますしね。

サーブ&ボレーでも、非常に使えるテクニックです。

ただし、注意したいのはロブ、ですね。

これは相手を見ながら、しっかり使い分けていきましょう。

 

4.相手がロブを使いだしたら、一旦普通に戻す

相手がロブ、を使い始めたら・・・戻しましょう。

つま先だけ、じゃなくてかかともしっかり着地で使って、後ろへも反応出来るようにしておく。

この変化、は自分から付けていくことが大事。

フットワークで、自分のペースをコントロールすることだって出来る、のがテニスです。

そしてロブの後、次は沈めて来るな・・・というときには、また前へのステップを使う。

相手からすると、違いがすごく分かり辛いと思います。

前に詰めるのは速いし、上もしっかりケアして下がれる。

すごく「足が速い」選手みたいに思われるでしょう。

それは相手にとってすごく、プレッシャーになるはずです。

 

5.足が速い選手って、要はこういうこと

そんなに走力、に差はありません。

ベテラン選手のみなさんでも、すごくコートカバーが上手い選手はいますからね。

足が速い、というより使い方が上手い、ポジショニングや予測の差、です。

つま先だけでステップして、前に速く入っていく。

このステップ、ぜひ練習してみて下さい。

きっと、相手が打つ前に動くことでの良い効果、生まれてくると思いますよ。

最初はちょっと、つんのめり気味、でも良いでしょう。

身体のバランスは、練習しながら養っていけば良い。

それくらい、ちょっとした裏技、ですからね。

 

フットワークも、まだまだ変えていける。

基本があれば、その裏の技だってある。

ちょっとしたこと、で試してみて良い感じなら取り入れてみて下さい。

前へ詰める迫力、はきっとアナタに必要なもの。

試合で勝てる選手、に成長していきましょう!

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で走ろう

    コードボール、つまりラリー中にボールがネットの白い部分に当たって、自分…

  2. フットワーク

    浅いと思ったら深い、深いと思ったら浅い

    テニスについて、よく知っている。試合で強い人は、この前後の動き…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

    「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。足がそ…

  4. フットワーク

    ネットダッシュが苦手な人は、止まる場所をしっかり決めておこう

    前に出る、ネットに出るのに苦手意識がある人。こういう人は、やっ…

  5. テニス 準備

    フットワーク

    変化球打ち、に慣れると強いのがテニス

    試合で感じること、みなさんそれぞれだと思いますが、「ボールの曲がり具合…

  6. テニス サーブ

    フットワーク

    どんなに上手い選手でも、テニスは自分のポジショニングによって打てる場所は限られる

    テニスが上手い人、対戦相手って「いつもでもどこでも、好きな場所に打てる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある
  2. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオスス…
  3. テニス フェデラー

    メンタル

    失点したときこそ、あたかも得点したかのように振る舞おう
  4. 戦術

    テニスは各カウントの、チームプレー
  5. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない
PAGE TOP