テニス フットワーク

ダブルス

ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

前衛でしっかりポーチに出たかと思えば、ストレートもしっかりブロックできる。

何よりネットに詰めてくる威圧感が凄い・・・そんなプレーは、理想ですよね。

これ、実はポジションとステップの改善だけで、誰でも身に付けることができる技であることは、あまり知られていません。

味方のサーバーがサーブを打つときに一工夫、ひと手間加えるだけで、アナタのテニスは見違えるほど相手にとって「嫌」なものになるでしょう。

 

ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

 


 

■やればそれだけで、ポーチ名人に近付く!

プロ選手のダブルスの試合、前衛に注目して観てみましょう。

必ず、味方の選手がサーブを打つ時にワンステップを入れて前に踏み込んでいませんか?

なぜなら、サーブの後リターン、その次のボールは最もチャンスになりやすい。

そしてそのチャンスを一番に決める優先権を持っているのは、サーバー側の前衛であるアナタ自身なのです。

この事実を、まずはしっかり認識しましょう。

 

■スプリットステップの本質を理解すれば、その必要性は見えてくる

スプリットステップについて、しっかり考える機会は少ないかも知れません。

何となく、次への反応を良くする為にやっているけど・・・という方が、実際はほとんどでしょう。

本来は、一度動き出してリズムを取る、そして伸縮する筋肉の自然の作用を活用して、次への「積極的な反応」を手に入れる為のもの。

前にステップしていくことで、どちらかの斜め前に確実に反応しやすくなる。

ぜひ一度、練習の中でやってみて下さい。

いつもの前衛ポジションから、1~2メートル後ろのポジションでスタート。

味方がトスアップをした瞬間に、前に動いてスプリットステップを踏む練習から、前衛らしい動きのトレーニングが始まるのです。

 

■前方向に進む力を、軸足キックでさらに加速させていく

さらに、「ポーチに出る!」と決めたときには、しっかり軸足でキックできると理想です。

片足スプリットステップのようなイメージで、しっかりコートを蹴って加速できるようなイメージを持ちましょう。

前への動きを加えているので、しっかり動ければかなりネットの近くまでポジションを移動できるはず。

そうなれば、もう触るだけでコートに落ちてボレーが決まるようなポーチも可能に。

ここまでして初めて、相手のリターン側の選手に有効なプレッシャーをかけることが出来る、と考えましょう。

 

テニスの実力は、細部に宿ります。

それも、ボールを打っていないときの動きが、試合の中ではほとんどの割合を締めるのがテニス。

前衛の動きは、アナタが思っている以上にボールを打つ前の動きで、その結果が左右される。

であれば、ちょっとした工夫はどんどん試してみる・・・価値があると思いませんか?

前方向へのステップを入れる、きっとそれだけでパートナーのサービスキープ率が改善される・・・かも。

そんなイメージで、ぜひダブルスの中で取り組んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

    ダブルスの試合、並行陣で挑んでいるけど「どうやってポイントを取るのか、…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

    ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。でも打つのは、ア…

  3. テニス リーダー

    ダブルス

    団体戦のダブルスに、必要な要素とは?

    団体戦を、チームとして勝ち抜いていきたい。そう考えるときに、肝…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    40-0の場面からは、3本連続ポーチで良いと思う

    ダブルスの試合、怖いのは大逆転。その呼び水、となるようなアナタ…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスの試合に強いペア」は相手の逃げ道を作らない!巧みなポジション変更を学びましょう

    テニスのダブルスの試合をしていて、「このペア強い・・・」と感じるときは…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?

    ダブルスの雁行陣で、ひたすらストロークをつないで粘るペア、戦った経験が…

特集記事

  1. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう
  3. フットワーク

    苦しい態勢な時こそ、顔を残そう
  4. テニス メンタル

    ストローク

    インサイドアウトのストロークで、ストレートへの展開力を高めよう
  5. テニス 団体戦

    サーブ

    サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!
PAGE TOP