テニス フットワーク

ダブルス

ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

前衛でしっかりポーチに出たかと思えば、ストレートもしっかりブロックできる。

何よりネットに詰めてくる威圧感が凄い・・・そんなプレーは、理想ですよね。

これ、実はポジションとステップの改善だけで、誰でも身に付けることができる技であることは、あまり知られていません。

味方のサーバーがサーブを打つときに一工夫、ひと手間加えるだけで、アナタのテニスは見違えるほど相手にとって「嫌」なものになるでしょう。

 

ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

 

■やればそれだけで、ポーチ名人に近付く!

プロ選手のダブルスの試合、前衛に注目して観てみましょう。

必ず、味方の選手がサーブを打つ時にワンステップを入れて前に踏み込んでいませんか?

なぜなら、サーブの後リターン、その次のボールは最もチャンスになりやすい。

そしてそのチャンスを一番に決める優先権を持っているのは、サーバー側の前衛であるアナタ自身なのです。

この事実を、まずはしっかり認識しましょう。

 

■スプリットステップの本質を理解すれば、その必要性は見えてくる

スプリットステップについて、しっかり考える機会は少ないかも知れません。

何となく、次への反応を良くする為にやっているけど・・・という方が、実際はほとんどでしょう。

本来は、一度動き出してリズムを取る、そして伸縮する筋肉の自然の作用を活用して、次への「積極的な反応」を手に入れる為のもの。

前にステップしていくことで、どちらかの斜め前に確実に反応しやすくなる。

ぜひ一度、練習の中でやってみて下さい。

いつもの前衛ポジションから、1~2メートル後ろのポジションでスタート。

味方がトスアップをした瞬間に、前に動いてスプリットステップを踏む練習から、前衛らしい動きのトレーニングが始まるのです。

 

■前方向に進む力を、軸足キックでさらに加速させていく

さらに、「ポーチに出る!」と決めたときには、しっかり軸足でキックできると理想です。

片足スプリットステップのようなイメージで、しっかりコートを蹴って加速できるようなイメージを持ちましょう。

前への動きを加えているので、しっかり動ければかなりネットの近くまでポジションを移動できるはず。

そうなれば、もう触るだけでコートに落ちてボレーが決まるようなポーチも可能に。

ここまでして初めて、相手のリターン側の選手に有効なプレッシャーをかけることが出来る、と考えましょう。

 

テニスの実力は、細部に宿ります。

それも、ボールを打っていないときの動きが、試合の中ではほとんどの割合を締めるのがテニス。

前衛の動きは、アナタが思っている以上にボールを打つ前の動きで、その結果が左右される。

であれば、ちょっとした工夫はどんどん試してみる・・・価値があると思いませんか?

前方向へのステップを入れる、きっとそれだけでパートナーのサービスキープ率が改善される・・・かも。

そんなイメージで、ぜひダブルスの中で取り組んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?

    ダブルスの試合で、前衛が活躍する場面。それは、サーブの後のポー…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ

    ダブルスの試合、勇んで前に出て並行陣。でも・・・相手のミス待ち…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合でのリターンからの攻撃パターンとして、「ストレートアタックから味方の前衛が詰める」作戦…

    「ダブルスで、どう戦って良いか全く分からない!」というザックリした質問…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこう

    ダブルスの並行陣、レベルに限らず意識して欲しいこと。実は、並行…

  6. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「センターのボールに2人で反応は悪いこと?」では無く、とても必要なことです

    ダブルスの試合では、センターへの攻撃に耐えないといけない。並行…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を…
  2. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる
  3. テニス メンタル

    ボレー

    女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!…
  4. テニス リーダー

    戦術

    毎年団体戦3回戦止まりの学校なら、「シングルス3本+ダブルス2本」の団体戦の戦い…
  5. 製氷機

    テニス知識

    これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
PAGE TOP