テニス フットワーク

ダブルス

ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

前衛でしっかりポーチに出たかと思えば、ストレートもしっかりブロックできる。

何よりネットに詰めてくる威圧感が凄い・・・そんなプレーは、理想ですよね。

これ、実はポジションとステップの改善だけで、誰でも身に付けることができる技であることは、あまり知られていません。

味方のサーバーがサーブを打つときに一工夫、ひと手間加えるだけで、アナタのテニスは見違えるほど相手にとって「嫌」なものになるでしょう。

 

ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

 


 

■やればそれだけで、ポーチ名人に近付く!

プロ選手のダブルスの試合、前衛に注目して観てみましょう。

必ず、味方の選手がサーブを打つ時にワンステップを入れて前に踏み込んでいませんか?

なぜなら、サーブの後リターン、その次のボールは最もチャンスになりやすい。

そしてそのチャンスを一番に決める優先権を持っているのは、サーバー側の前衛であるアナタ自身なのです。

この事実を、まずはしっかり認識しましょう。

 

■スプリットステップの本質を理解すれば、その必要性は見えてくる

スプリットステップについて、しっかり考える機会は少ないかも知れません。

何となく、次への反応を良くする為にやっているけど・・・という方が、実際はほとんどでしょう。

本来は、一度動き出してリズムを取る、そして伸縮する筋肉の自然の作用を活用して、次への「積極的な反応」を手に入れる為のもの。

前にステップしていくことで、どちらかの斜め前に確実に反応しやすくなる。

ぜひ一度、練習の中でやってみて下さい。

いつもの前衛ポジションから、1~2メートル後ろのポジションでスタート。

味方がトスアップをした瞬間に、前に動いてスプリットステップを踏む練習から、前衛らしい動きのトレーニングが始まるのです。

 

■前方向に進む力を、軸足キックでさらに加速させていく

さらに、「ポーチに出る!」と決めたときには、しっかり軸足でキックできると理想です。

片足スプリットステップのようなイメージで、しっかりコートを蹴って加速できるようなイメージを持ちましょう。

前への動きを加えているので、しっかり動ければかなりネットの近くまでポジションを移動できるはず。

そうなれば、もう触るだけでコートに落ちてボレーが決まるようなポーチも可能に。

ここまでして初めて、相手のリターン側の選手に有効なプレッシャーをかけることが出来る、と考えましょう。

 

テニスの実力は、細部に宿ります。

それも、ボールを打っていないときの動きが、試合の中ではほとんどの割合を締めるのがテニス。

前衛の動きは、アナタが思っている以上にボールを打つ前の動きで、その結果が左右される。

であれば、ちょっとした工夫はどんどん試してみる・・・価値があると思いませんか?

前方向へのステップを入れる、きっとそれだけでパートナーのサービスキープ率が改善される・・・かも。

そんなイメージで、ぜひダブルスの中で取り組んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. ダブルス

    【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ

    皆さんからいくつか寄せて頂くメッセージの中で、「試合前に観て、結果が出…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い

    どうしても、「並行陣」というのが難しいと感じる方へ。テニススク…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

    「ダブルスの試合、どうしても勝てないんです。。」というお悩みの声を、た…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

    ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。…

  5. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!

    ダブルスは二人で戦う。二人で戦うんだから、コミュニケーションが…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. メンタル

    「苦手って思わないことが一番だけど・・・」テニスの試合で打点が遅れないようにしっ…
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?
  3. テニス フェデラー

    ストローク

    「今年流行のSABRにトライしたけど、やっぱり上手くいかない・・・」人は、ハーフ…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合に勝つ為に必要な、「67%の確率で入るファーストサーブ」に仕上げてい…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する
PAGE TOP