テニス ダブルス

メンタル

人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

目次

すごく極端な話ですけど・・・みなさんも毎回試合に出て、負けることは多いと思います。

その負け、によって何か本気で困ること、はあるでしょうか?

正直、ほとんど無いと思います。

そりゃ悔しいけど、テニスで生計を立てている訳じゃないし、直接何かに困ること、は無い。

だからこそ、成長が遅くなる。

ここまで考える必要は無いのかも知れませんが、「本気で困る・・・」ような経験、が無いと人は本気になれない。

テニスでもそうだと思います。

 

人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

 

1.人が本気になるのって、どんな時だろう?

本気で困ったこと、みなさん最近ありますか?

仕事や勉強、「これが出来ないと、本当にまずい!」となれば、人は本気になる。

でも、テニスではなかなかそれを実感出来る場、が無いんです。

だって、「相手のナイスショット」に出来ますからね、何でも。

強い相手との試合ほど、まさにそうでしょう。

相手が凄い、から仕方ない。

これでは、本気で「まずい・・・」と思えない。

どこかで他人のせいにしてしまう、人ってそんなものです。

本気になるには、本気で困ること。

全てはそこから、だと思いますよ。

 

2.本気で困るとは、自分の弱い部分を知るということ

本気で困るような場面、みなさんも経験しないといけない。

それには、何が必要でしょう?

私は、自分より実力が劣る相手、との試合だと思います。

つい、負けるのが怖いから、なかなか試合したくないじゃないですか、自分よりも弱いとされる人と。

本当は、そんなに差は無いんですけどね。

そういう相手に、自分が「やれれてしまうような場所、技術、ポイント」が無いかどうか。

あったら本気で、困りますよね。

それが自分を知る、ということです。

本気で困ったときには、人は変われます。

その変われるきっかけを作れるかどうか、もまたアナタ次第ということです。

 

3.大きな失敗、負け、でしか人は変われない

どんなに優秀なコーチでも、これに勝る指導は無いですよ。

そして、本当に優秀なコーチは積極的に失敗をさせます、選手に。

そして失敗から学ぶ、気付くことを待っている。

本当に苦しい想いをさせて、その次に、しっかりとした成功に導いてあげる。

そうやって、人は成長させられていくんです。

普段、お仕事をされている方は、感覚的に分かる方も多いと思います。

良い上司ほど、部下に失敗させる。

何かを任せて、必要以上に口出しはしない、失敗を覚悟してフォローする準備をしておく。

出来ない上司ほど、仕事を任せないし、任せても口出しばっかり。

テニスだって一緒です。

何かを任せて、思い切って失敗してみる。

それこそ、本当に恥ずかしい、死にたくなるくらいの大きな失敗を。

そこからでしか、人は変われませんからね。

 

4.「趣味のテニスなのに、そんな経験必要?」と思った方へ

私は、趣味だからこそ、だと思いますよ。

もはや、このサイトをご覧になっている方は、テニスは趣味とは言えない・・・かも知れませんが。

自分が休みの時間、を全て充ててでも取り組みたいこと、だからこそ、そこまで考える。

仕事や勉強だけでも辛いのに、それ以上?

はい、むしろそれ以上にやるからこそ、本当の意味での楽しみのテニス、が見えて来るんだと思います。

失敗や負け、は本当に苦しい。

テニスをやっていたら、楽しいことよりも困ることばかりです。

それでも、「本気で困る」ことはまだまだ、少ないのかもしれない。

そういう自問自答、問いかけは大事です。

 

「最近、本気で困ったことあるかな・・・」

無い、と感じたらそれは危険です。

テニスの試合で勝ちたいと思うなら、それは自分を衰退させているくらいに思った方が良い。

本気で困るから、本気で考える、自分を変えようとする。

このT-PRESSのサイトにも、「何かを変えよう」として検索から辿り着いた方もいるでしょう。

そんな方の力に、私も本気でなりたい。

本気で困って考えて、変えていく。

私自身、実践していきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に

    テニスの試合に出ている人であれば、誰でも一度は経験があるのではないでし…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと

    テニスの試合、大抵はリードして終盤を迎えるのに、気が付けば逆転されてい…

  3. テニス 評価

    メンタル

    「仲間と苦しむ」ことを意識するとテニスの試合で勝てるよう成長できる!

    先日、高校女子テニス部の合同練習会を開催した。7校が参加し、4…

  4. テニス テニスノート

    メンタル

    大切な試合に勝った日の記録は、目に見える形で残しておくこと

    皆さんもテニスをして試合に出ていると、忘れられない試合は経験あるはず。…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?

    試合の中で、頼れるショット。これは、無理やりにでも作っておきま…

  6. テニス スマッシュ

    メンタル

    自分の欲求を満たすのがテニス、だけだと必ず壁にぶち当たる

    テニスの上達を、真剣に考えているみなさん。だったら、この意識をぜひ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    闘志を見せない相手には、必ず奥底に隠している強さがある
  2. テニス ボレー

    戦術

    「何かをしないといけない」というプレッシャーを、相手に与え続けよう
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー
  4. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習
  5. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう
PAGE TOP