テニス メンタル

ボレー

深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと

上手そうに見えるのに、なぜか試合で勝てない人。

こういう人に多い傾向として、「ただ、良いショットを続けて打つ」ことに終始している人が多い。

例えば、ネットプレー、並行陣の後衛。

深いボレーは確かにテニスの基本。

でも、それを繰り返していても勝てない、のがテニスの試合でしょう。

 

深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと

 

1.追い込んでも、仕留めないと意味が無い

試合では、ゴールをゲットする。

この意識が大事、なんです。

結果的にエースじゃなくても、相手のミスを誘う感じでも良い。

とにかく、自分から仕掛けて試合を動かす、攻撃していく。

この姿勢、が欠けている人は試合でも勝てないんです。

そう、深いボレーをひたすら続けて、相手を追い込んでも・・・仕留めきれない。

並行陣の後衛でプレーする時をイメージすると、ちょっと思い当たりませんか?

 

2.深いボレーで追い込んだら、相手は後ろにいるはず

そう、深いボレーで追い込んだら、相手は後ろにいる。

ベースラインよりも1歩後ろ、しかも重心は後ろ足にかかっているでしょう。

その時に、また深いボレーを打つのって・・・必要ですかね?

むしろ、相手がいる場所に打っているようなものなので、意味無くないですか?

カウンターを喰らう危険だってある。

こういうボールを打ち続ける人って、「良いボールを打っていれば、試合には勝てる」と思っている人。

良いボールかどうかは、相手次第、シチュエーション次第。

ここを理解していないと、特にダブルスは勝てないですよ。

 

3.相手が打つ前に、「ドロップボレー」で決めて待つ

これは、私が本当によく使う作戦です。

まず深いボレー、その後に・・・「普通のボールが来たら、ドロップね」と自己暗示をかけて待つ。

そこに結構、普通のボールが来るんですよ。

後はもう、決めた通りにドロップボレーを打つだけ。

技術的な問題は、関係ありません。

そこに、決断力があるかどうか。

深いボレーの後に、自分から変化を興してその有効性を活かせるかどうか、です。

 

4.「また罠にはまってくれた」と思えるようになろう!

試合では、この心理大事です。

深いボレー、その後にドロップボレー。

これはもう、公式みたいなもの。

数学のテストで言えば、「公式にあてはめて、簡単に解ける問題」な訳です。

苦労する必要は一切ない、ですよ。

難しいと思わず、本当に公式に当てはめるように、打ってみる。

「また普通にクロスに打ってくれた、ありがとう!」と思いながら、前に落とす。

この楽しさ、を覚えたら並行陣もすごく戦いやすい。

一番、ポイントが楽に取れるパターンでしょう。

 

難しい技術は、決断が遅いから。

だって、「普通」のボールが来たらドロップ、と決めてますから。

ほとんどが、「普通」のボールなんです。

ここでロブが来ればスマッシュだし、ハイボレーだったらつないでも良い。

自分が決めたこと、罠にはまったら、しっかり仕留めること。

この意識があれば、きっと並行陣の後衛からでも得点出来る。

一段レベルアップ、確実でしょう!

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよう

    今年の4月からテニスを始めて、約半年くらいの方。色々と悩みはあ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう

    ネットプレーでなかなかポイントが獲れない人は、この基本から見直したい。…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付けよう

    ポーチボレーで、前衛として攻撃していくのはダブルスの基本。特に…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    自由に打てるフォアハンドボレーを安定させたいなら、「足のつま先を横向き」にすることで壁が出来る!

    フォアハンドストローク同様に、フォアハンドボレーも簡単なようで難しい。…

  5. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い

    ボレーはとにかく、打点を前に!これは、正しいようで、少し誤解の…

  6. ボレー

    クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて

    クロスでのボレー対ストローク、みなさんもよく練習するメニューだと思いま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    ラケットを先に出すと、人は走れない
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    スプリットステップは、相手に合わせる癖を
  4. シングルス

    【本イベントは終了しました】男子ベテランシングルス練習会、やります! 6月12日…
  5. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習して…
PAGE TOP