テニス メンタル

ボレー

深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと

上手そうに見えるのに、なぜか試合で勝てない人。

こういう人に多い傾向として、「ただ、良いショットを続けて打つ」ことに終始している人が多い。

例えば、ネットプレー、並行陣の後衛。

深いボレーは確かにテニスの基本。

でも、それを繰り返していても勝てない、のがテニスの試合でしょう。

 

深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと

 

1.追い込んでも、仕留めないと意味が無い

試合では、ゴールをゲットする。

この意識が大事、なんです。

結果的にエースじゃなくても、相手のミスを誘う感じでも良い。

とにかく、自分から仕掛けて試合を動かす、攻撃していく。

この姿勢、が欠けている人は試合でも勝てないんです。

そう、深いボレーをひたすら続けて、相手を追い込んでも・・・仕留めきれない。

並行陣の後衛でプレーする時をイメージすると、ちょっと思い当たりませんか?

 

2.深いボレーで追い込んだら、相手は後ろにいるはず

そう、深いボレーで追い込んだら、相手は後ろにいる。

ベースラインよりも1歩後ろ、しかも重心は後ろ足にかかっているでしょう。

その時に、また深いボレーを打つのって・・・必要ですかね?

むしろ、相手がいる場所に打っているようなものなので、意味無くないですか?

カウンターを喰らう危険だってある。

こういうボールを打ち続ける人って、「良いボールを打っていれば、試合には勝てる」と思っている人。

良いボールかどうかは、相手次第、シチュエーション次第。

ここを理解していないと、特にダブルスは勝てないですよ。

 

3.相手が打つ前に、「ドロップボレー」で決めて待つ

これは、私が本当によく使う作戦です。

まず深いボレー、その後に・・・「普通のボールが来たら、ドロップね」と自己暗示をかけて待つ。

そこに結構、普通のボールが来るんですよ。

後はもう、決めた通りにドロップボレーを打つだけ。

技術的な問題は、関係ありません。

そこに、決断力があるかどうか。

深いボレーの後に、自分から変化を興してその有効性を活かせるかどうか、です。

 

4.「また罠にはまってくれた」と思えるようになろう!

試合では、この心理大事です。

深いボレー、その後にドロップボレー。

これはもう、公式みたいなもの。

数学のテストで言えば、「公式にあてはめて、簡単に解ける問題」な訳です。

苦労する必要は一切ない、ですよ。

難しいと思わず、本当に公式に当てはめるように、打ってみる。

「また普通にクロスに打ってくれた、ありがとう!」と思いながら、前に落とす。

この楽しさ、を覚えたら並行陣もすごく戦いやすい。

一番、ポイントが楽に取れるパターンでしょう。

 

難しい技術は、決断が遅いから。

だって、「普通」のボールが来たらドロップ、と決めてますから。

ほとんどが、「普通」のボールなんです。

ここでロブが来ればスマッシュだし、ハイボレーだったらつないでも良い。

自分が決めたこと、罠にはまったら、しっかり仕留めること。

この意識があれば、きっと並行陣の後衛からでも得点出来る。

一段レベルアップ、確実でしょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. ボレー

    叩くふりしてドロップ、が試合で最高に使えるボレー

    実戦的で、試合で使えるボレー。私は、このドロップボレーを凄く試…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

    ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?パートナーのサーブが入…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ドロップボレーには、絶妙なタッチ感覚が必要?

    テニスの試合で、上手い!と思われるショット。それはやはり、ネッ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

  5. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

    ネットプレーに安定感がある人は、動き自体がシンプル。特に注意し…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが決まらない」なら、改革が必要

    男性の方でも女性の方でも、バックボレーの決定力、課題じゃないでしょう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 守備

    リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポ…
  2. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!
  3. サーブ

    パートナーのサーブを、いかに盛り上げていくか
  4. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーでボールをコントロール出来る人は、決めて待てる人
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です
PAGE TOP