テニス メンタル

ボレー

女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

アンケートでご相談頂いた内容の中で頂いた、「ドロップボレーが上手く打てない」というご質問について。

これも、色々なコツをご紹介してきましたが、特に女性やシニアの方にオススメなのはこの形。

ボールに先回りして、先にラケットを打点に準備してしまうやり方で、動き方もすごくシンプル。

もちろん男性の方にも、オススメです!

女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

1.スライス回転をかけるのも良いけど・・・

私自身、ドロップボレーは使い分けています。

スライス回転をしっかりかける時もあれば、打点にラケットを止めて少しフラット気味に打つケースもある。

前者の場合は、アングルボレーのようにドロップボレーでも少し飛距離を出すパターン。

後者は、今回のパターンですね。

本当に自分の目の前、に落とすようなドロップボレーは、フラット気味のボレーでも良い。

しっかりボールの勢いを殺す為に、コツは「打点に先にセット!」です。

2.打点に先にセットすれば、ボールの勢いを吸収出来る

先に打点をセット、意外とボレーだと簡単です。

皆さん普通は、打点に対して上から入って足も踏み込む、これが普通ですよね。

でも、足も先に踏み込んで、打点にラケットをセット、そこからほとんど動かなくてOK。

グリップも先に握っておけば、ボールは必ず勢いを落として死んでくれる。

自分の目の前に落とす、自然なドロップボレーになるはずです。

この動作を行う為には、いつものボレーの動作を全て一段階速く行い、先回りしておく必要がありますね。

3.ドロップボレーを打つ覚悟を、早めに決めよう

先回り、ということは決断も速いということ。

ドロップボレーは、とっさに打つショットとしてはリスクが高い。

ある程度決めて待つ、「次はドロップだな」という確認を自分の中で終えておいて打つ、から成功するショットなんです。

上手い人は、どうしてもとっさに打っているように見えますけどね。

そんなことはありません。

みんな、ある程度決めて、罠を張って待っているはずです。

4.ラケット面を少し上に向けて、山なりにしよう!

ここで、最後のコツを。

少しだけ弾道を山なりにしたいので、ラケット面を上に向けること。

ドロップボレーって、上に打つの怖いじゃないですか、弾んでしまいそうで。

ですが、それだとネットを越えないケースも多いし、ミスはもったいない。

多少甘くなっても良いので、しっかりネットを越えるような軌道、で打てるように調整しましょう。

相手に触らせる、くらいで本当に大丈夫ですよ。

先にラケットセット型、は初心者の方でも打てると思います。

そもそも、ボレーが浅くなってしまうミス、のときってこういうケースが多いですよね。

皆さんのミスも、実は成功のアイデアになる。

テニスって、そういう工夫がたくさんありますからね。

ドロップボレー、アナタが思っている以上に難しくないはずです。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハ…

    テニスの試合、特に学生の大会ではストローク技術が主体となる傾向が強い。…

  2. テニス 打点

    ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる!

    「試合に強いか弱いか」は、ボールを打っていないときの動きで決まる。…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    フォアハンドはパス、バックハンドはロブを先読みしよう

    私が普段、並行陣でプレーする時に考えていること。これはきっと、…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合で、「前衛の足元にぶつけるポーチボレー」だけだと、試合後半は通用しなくなる

    テニスは人がするスポーツ。人の習性や構造を考えると、実は想定さ…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

    フォアハンドボレー、試合の中で安定感があるかどうか。これって、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合ですぐに足が疲れてしまう人は、「つま先を使い過ぎて負担が大きい」のか…
  2. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!
  3. サーブ

    サーブで「ネットミス」が多い時の改善策4つ
  4. テニス リターン

    ストローク

    深いストロークを打たれるとミスが多い人が、意識したいテイクバックの速さについて
  5. ダブルス

    「この前衛、出て来ないな」と思わせるマル秘テク4つ
PAGE TOP