テニス メンタル

ボレー

女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

アンケートでご相談頂いた内容の中で頂いた、「ドロップボレーが上手く打てない」というご質問について。

これも、色々なコツをご紹介してきましたが、特に女性やシニアの方にオススメなのはこの形。

ボールに先回りして、先にラケットを打点に準備してしまうやり方で、動き方もすごくシンプル。

もちろん男性の方にも、オススメです!

 

女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

 

1.スライス回転をかけるのも良いけど・・・

私自身、ドロップボレーは使い分けています。

スライス回転をしっかりかける時もあれば、打点にラケットを止めて少しフラット気味に打つケースもある。

前者の場合は、アングルボレーのようにドロップボレーでも少し飛距離を出すパターン。

後者は、今回のパターンですね。

本当に自分の目の前、に落とすようなドロップボレーは、フラット気味のボレーでも良い。

しっかりボールの勢いを殺す為に、コツは「打点に先にセット!」です。

 

2.打点に先にセットすれば、ボールの勢いを吸収出来る

先に打点をセット、意外とボレーだと簡単です。

皆さん普通は、打点に対して上から入って足も踏み込む、これが普通ですよね。

でも、足も先に踏み込んで、打点にラケットをセット、そこからほとんど動かなくてOK。

グリップも先に握っておけば、ボールは必ず勢いを落として死んでくれる。

自分の目の前に落とす、自然なドロップボレーになるはずです。

この動作を行う為には、いつものボレーの動作を全て一段階速く行い、先回りしておく必要がありますね。

 

3.ドロップボレーを打つ覚悟を、早めに決めよう

先回り、ということは決断も速いということ。

ドロップボレーは、とっさに打つショットとしてはリスクが高い。

ある程度決めて待つ、「次はドロップだな」という確認を自分の中で終えておいて打つ、から成功するショットなんです。

上手い人は、どうしてもとっさに打っているように見えますけどね。

そんなことはありません。

みんな、ある程度決めて、罠を張って待っているはずです。

 

4.ラケット面を少し上に向けて、山なりにしよう!

ここで、最後のコツを。

少しだけ弾道を山なりにしたいので、ラケット面を上に向けること。

ドロップボレーって、上に打つの怖いじゃないですか、弾んでしまいそうで。

ですが、それだとネットを越えないケースも多いし、ミスはもったいない。

多少甘くなっても良いので、しっかりネットを越えるような軌道、で打てるように調整しましょう。

相手に触らせる、くらいで本当に大丈夫ですよ。

 

先にラケットセット型、は初心者の方でも打てると思います。

そもそも、ボレーが浅くなってしまうミス、のときってこういうケースが多いですよね。

皆さんのミスも、実は成功のアイデアになる。

テニスって、そういう工夫がたくさんありますからね。

ドロップボレー、アナタが思っている以上に難しくないはずです。

 

【読者のみなさんへ】

お時間のある方は、ぜひ3ヶ月に1回実施させて頂いておりますアンケートにご協力下さい。

(※数分で終わる内容です!)

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーでパンチ力が欲しいなら、「背中の肩甲骨を意識」すると自然にラケットが前に出る

    ボレーの中で、バックハンドボレーが「なかなか飛ばない」と感じている人。…

  2. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーでボールをコントロール出来る人は、「ここに来たら、こう返す」を決めて待てる人

    ネットに出ると、テニスの試合は急にテンポが上がる。その中で、ボ…

  3. ボレー

    ネット際のチャンスボールは、「ただコートに叩き付ければOK」の発想では、いつまで経っても学生テニスの…

    学生のテニスの試合、特にダブルスを観ていると気になることがある。チ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう!

    苦手意識があると、テニスではそれが下半身に出る。ローボレー、低…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「必須グリップチェンジ」の為に、ニュートラルな状態で待つことがテニスの試合では必要!

    俺が初めて試合に出場した高校一年生の5月、その段階では、フォアはフラッ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバランス感が大事

    テニスでは、他のスポーツほど「フェイント」に対する意識が低い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
  2. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  3. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
  4. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでダウンザラインに展開するときには、「今いる自分のポジション」をしっか…
PAGE TOP