テニス メンタル

ボレー

女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

アンケートでご相談頂いた内容の中で頂いた、「ドロップボレーが上手く打てない」というご質問について。

これも、色々なコツをご紹介してきましたが、特に女性やシニアの方にオススメなのはこの形。

ボールに先回りして、先にラケットを打点に準備してしまうやり方で、動き方もすごくシンプル。

もちろん男性の方にも、オススメです!

 

女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

 

1.スライス回転をかけるのも良いけど・・・

私自身、ドロップボレーは使い分けています。

スライス回転をしっかりかける時もあれば、打点にラケットを止めて少しフラット気味に打つケースもある。

前者の場合は、アングルボレーのようにドロップボレーでも少し飛距離を出すパターン。

後者は、今回のパターンですね。

本当に自分の目の前、に落とすようなドロップボレーは、フラット気味のボレーでも良い。

しっかりボールの勢いを殺す為に、コツは「打点に先にセット!」です。

 

2.打点に先にセットすれば、ボールの勢いを吸収出来る

先に打点をセット、意外とボレーだと簡単です。

皆さん普通は、打点に対して上から入って足も踏み込む、これが普通ですよね。

でも、足も先に踏み込んで、打点にラケットをセット、そこからほとんど動かなくてOK。

グリップも先に握っておけば、ボールは必ず勢いを落として死んでくれる。

自分の目の前に落とす、自然なドロップボレーになるはずです。

この動作を行う為には、いつものボレーの動作を全て一段階速く行い、先回りしておく必要がありますね。

 

3.ドロップボレーを打つ覚悟を、早めに決めよう

先回り、ということは決断も速いということ。

ドロップボレーは、とっさに打つショットとしてはリスクが高い。

ある程度決めて待つ、「次はドロップだな」という確認を自分の中で終えておいて打つ、から成功するショットなんです。

上手い人は、どうしてもとっさに打っているように見えますけどね。

そんなことはありません。

みんな、ある程度決めて、罠を張って待っているはずです。

 

4.ラケット面を少し上に向けて、山なりにしよう!

ここで、最後のコツを。

少しだけ弾道を山なりにしたいので、ラケット面を上に向けること。

ドロップボレーって、上に打つの怖いじゃないですか、弾んでしまいそうで。

ですが、それだとネットを越えないケースも多いし、ミスはもったいない。

多少甘くなっても良いので、しっかりネットを越えるような軌道、で打てるように調整しましょう。

相手に触らせる、くらいで本当に大丈夫ですよ。

 

先にラケットセット型、は初心者の方でも打てると思います。

そもそも、ボレーが浅くなってしまうミス、のときってこういうケースが多いですよね。

皆さんのミスも、実は成功のアイデアになる。

テニスって、そういう工夫がたくさんありますからね。

ドロップボレー、アナタが思っている以上に難しくないはずです。

 

【読者のみなさんへ】

お時間のある方は、ぜひ3ヶ月に1回実施させて頂いておりますアンケートにご協力下さい。

(※数分で終わる内容です!)

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験してみよう!

    テニスの陣形やポジションで、完璧なものなんて無い。それなのに、…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスはレベルが上がれば上がるほど、「ボールの回転」でコースやスピード…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟

    ダブルスの並行陣、または少しロブで下げられた場面。テニスでは、…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「足元のボレー」を磨けば、もっと前にチャージできる

    テニスは技術とか体力、脚力なんかが要求されるスポーツなのだが、判断力も…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう

    テニスの試合、特にダブルスで使えると大きな武器になるショット。…

  6. ボレー

    浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる

    ダブルスの試合、「浮いた!まずい!」と思うこと、ありますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えま…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止め…
  3. テニス サイト

    メンタル

    テニスのように、プレーとプレーの途中に「間」が多い競技では、その時間をどういう意…
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスの試合のタイブレークで勝ちきれない人は、「今までのゲームとは違う場所から…
  5. テニス ハードコート

    その他

    「いよいよ来週開幕!」テニス好きなら楽天ジャパンオープンに足を運んで欲しい5つの…
PAGE TOP