テニス メンタル

ボレー

ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

ネットプレーでは、何としてでもポイントをしっかり獲りたい・・・それも、エースで。

こういう考えを持っていると、ネットに出たときに委縮してしまいがち。

とはいえ、つないでいるだけだとパッシングやロブで攻撃されるし・・・と悩んでいる人は、こういう発想でプレーしてみませんか?

 

ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

 


 

■まず基本となるのは、ゆっくりつなげるボレー

並行陣でもシングルスのネットプレーでも、基本となるのはしっかり「深くつなぐ」ボレーです。

しっかりラケット面を上に向けて身体は横向き、少し山なりな軌道でサービスラインより深さを出す。

スライス回転をかけられると、よりベストですね。

普段のボレー対ストロークのラリー練習、しっかり3往復以上ミスしないで続ける。

この基礎練習、大事です。

そのスピード感をしっかり、自分の中で意識して身体に染み込ませておきましょう。

 

■同じ構えから、「ドロップボレー」を打てるようになろう!

ボレーは「パチン!」と叩くだけ、が決めるショットではありません。

相手が後ろにいるなら、しっかり前を使いたい。

雁行陣の弱点でもある後衛の前、のスペースを使うにはドロップボレーが有効ですね。

それを、「深くつなぐボレーと、同じ構えと打ち方」で実践出来るようになりましょう。

そうすれば、きっと相手にとっては脅威になり、速いボールよりもポイントが獲れやすいはずです。

 

■ドロップボレーは絶対、難しくない!

「ネットプレー自体に自信が無いのに、ドロップなんて・・・」と思っている方。

きっとその発想が、一番難しくしている要因です。

まずはやってみる、甘くなっても良いので、打ってみることから全ては始まります。

コツとしては、相手が打つ前にまず「ドロップにしよう!」と決める、そしてグリップを早めに強く握ってボールに当てる、これだけです。

まずはなるべく、普段のボレーと同じ構えで打ってみて下さい。

 

普段のボレー対ストロークのラリー練習でも、積極的に使いましょう。

5往復、以上もチンタラとラリーをつなげる必要はありません。

ドロップも打ってみるし、それを相手は全力で拾う。

いかに相手にばれないように、深く打つ構えからドロップボレーが打てるか・・・は、相手に印象を聞いてみましょう。

「今の、ばれてた・・・?」と、一声でアナタの技術はどんどん変わっていきます!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスはレベルが上がれば上がるほど、「ボールの回転」でコースやスピード…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで攻守の切り替え、しっかり出来る?

    ネットプレー、ボレーがなかなか出来ない。そう考えている方は、テ…

  3. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    アングルボレー、欲を出してふらないことが一番

    アングルボレーをしっかり決める、しっかりポイントを終える。こと…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    「守備的スプリットステップ」を身に付けると、テニスで足元の攻撃をしぶとく返球することができます!

    相手の攻撃を「受ける」のが得意なディフェンシブな選手、いますよね。…

  6. テニス 技術

    ボレー

    バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう

    バックハンドボレーのコントロール、悩んでいる方も多いでしょう。…

特集記事

  1. テニス 気付き

    水分補給

    「今年も夏本番!」部活のときに、みんなで実践したい熱中症対策4つ
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で勝ち抜く為には、「調子が悪くても勝ちを拾っていく」テニスが出来るか…
  4. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」
  5. テニス サーブ

    サーブ

    男性でサーブが安定しない人は、「無意識のうちに上半身が前に突っ込んでいる」人がほ…
PAGE TOP