テニス メンタル

ボレー

ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

ネットプレーでは、何としてでもポイントをしっかり獲りたい・・・それも、エースで。

こういう考えを持っていると、ネットに出たときに委縮してしまいがち。

とはいえ、つないでいるだけだとパッシングやロブで攻撃されるし・・・と悩んでいる人は、こういう発想でプレーしてみませんか?

 

ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威になります

 


 

■まず基本となるのは、ゆっくりつなげるボレー

並行陣でもシングルスのネットプレーでも、基本となるのはしっかり「深くつなぐ」ボレーです。

しっかりラケット面を上に向けて身体は横向き、少し山なりな軌道でサービスラインより深さを出す。

スライス回転をかけられると、よりベストですね。

普段のボレー対ストロークのラリー練習、しっかり3往復以上ミスしないで続ける。

この基礎練習、大事です。

そのスピード感をしっかり、自分の中で意識して身体に染み込ませておきましょう。

 

■同じ構えから、「ドロップボレー」を打てるようになろう!

ボレーは「パチン!」と叩くだけ、が決めるショットではありません。

相手が後ろにいるなら、しっかり前を使いたい。

雁行陣の弱点でもある後衛の前、のスペースを使うにはドロップボレーが有効ですね。

それを、「深くつなぐボレーと、同じ構えと打ち方」で実践出来るようになりましょう。

そうすれば、きっと相手にとっては脅威になり、速いボールよりもポイントが獲れやすいはずです。

 

■ドロップボレーは絶対、難しくない!

「ネットプレー自体に自信が無いのに、ドロップなんて・・・」と思っている方。

きっとその発想が、一番難しくしている要因です。

まずはやってみる、甘くなっても良いので、打ってみることから全ては始まります。

コツとしては、相手が打つ前にまず「ドロップにしよう!」と決める、そしてグリップを早めに強く握ってボールに当てる、これだけです。

まずはなるべく、普段のボレーと同じ構えで打ってみて下さい。

 

普段のボレー対ストロークのラリー練習でも、積極的に使いましょう。

5往復、以上もチンタラとラリーをつなげる必要はありません。

ドロップも打ってみるし、それを相手は全力で拾う。

いかに相手にばれないように、深く打つ構えからドロップボレーが打てるか・・・は、相手に印象を聞いてみましょう。

「今の、ばれてた・・・?」と、一声でアナタの技術はどんどん変わっていきます!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

  2. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く

    対戦相手の選手が、フラット気味のストロークを打って来る。こうい…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーは、ラケット動作を止めて待って良い

    低い位置のボレーを、ワンバウンドさせてハーフボレーにしていく。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」が9割

    ボレーのコントロールがなかなか上手くいかない人は、自分で難しくしている…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

    自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。簡単そうに見えて、意…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「深いボールをフォアハンドストロークで切り返す!」為に必要な、額から頭の後ろに抜…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整し…
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで…
  5. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの練習では、「自分が打ったボールは凶器と化している」
PAGE TOP