テニス メンタル

ダブルス

ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を

ダブルスペア、自分たちのペアに差がある・・・。

自分が上、下、色々あるでしょう。

でも、大事なのはどうやって試合に勝つ、勝てる可能性を上げていくのか。

この問題は、いかに普段から自分たちで「考えているか?」で解決出来るかどうかで変わってきます。

一度しっかり、考えてみませんか?

 

ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を

 


 

1.実力差があるペアって、戦い辛い?

自分たちが対戦するときも、どうですか?

相手ペアに実力差がある・・・って、意外と戦い辛くないですか?

弱い方の選手は「自分が狙われる」と分かっているから、しっかり構えて準備している。

強い方の選手は「助けないと!」と思って、いつも以上に動いて来る。

そうなると、実は相手のペースにはまったりもしますよね。

何が言いたいかと言えば、それだけ実力差があるペアは相手が「考えてくれる」ということ。

これを逆手に取って、戦う道を考えてみましょう。

 

2.「弱い方を狙う」作戦は、積極策でつぶそう!

私なら、実力で劣るペアに「メリハリ」をしっかりと伝えます。

自分が下なら、それを意識する。

まずは、しっかり守備から入って粘る、決められても良い、変なミスを自分からしない。

そして、動けるとき、ポーチに出たりストレートに展開したり・・・という積極的なポイントを、必ず作る、それも序盤に。

これで相手は、「あれ?弱い方の選手は守備的だけど動いて来るし・・・なんだか面倒だな・・・」と思ってくれる。

コイツは問題にならない、と思われるのが一番まずいですからね。

常に相手の問題であり続けることが、実力差で下の選手、の最低限の仕事です。

 

3.強い方の選手が引っ張る、なんて幻想は捨てる

そもそも、上手くいきません。

これで上手くいくのは、そこまでの相手。

実力が上のペアが走り回って勝つ、ミックスダブルスのような試合もありますが、稀でしょう。

実力が上のペアは、むしろどっしり構えておく、ことが対戦相手にプレッシャーになる。

頑張ってポーチに出たり、サーブを強く打っても「余裕の無さ」を相手に伝えてしまうだけ。

だからこそ、アナタ自身考えて欲しい。

強い選手ほど、慌てず騒がず、しっかり安定感のあるプレーを意識してみて下さい。

 

相手の立ち場に立って、何を考えるのか。

相手の気持ちになって考えてみる、ことが何よりの良い判断材料になるはす。

逆手に取るって、楽しいですよ。

実はテニスの試合、この発想がある選手が強い。

「何だかよく分からない感じで、負けちゃったな・・・」と、相手に思わせる試合を増やしましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

    やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。…

  2. テニス ストローク
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読めたら・・・?

    ダブルスの試合で、雁行陣のクロスラリーからストレートへの展開。…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう

    ん?どういうこと?と思った方も多いと思います。ダブルスの試合、…

  5. テニス 環境

    ダブルス

    ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない

    ダブルスの試合で、アナタ自身が後衛で、相手の前衛を狙う。リター…

  6. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!

    毎日の練習の中で、皆はテニスを練習している。でもテニスってシン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイン…
  2. テニス ダブルス

    その他

    内容に満足出来ないけど勝ったという試合は、立派な試合
  3. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?
  4. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い
  5. その他

    (満員御礼)【第2回】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 10/24(木)に…
PAGE TOP