テニス ダブルス

ダブルス

「正面担当でペアと仲良くダブルスを」基本を理解すれば、もっとダブルスの試合は勝てるようになる!

ダブルスは二人で戦うスポーツ。

二人で協力し合ってプレーしないと勿体無い。

パートナーとそれぞれ個々に頑張っているだけでは、ダブルスの本当の面白さは味わえないのだ。

 

「正面担当でペアと仲良くダブルスを」基本を理解すれば、もっとダブルスの試合は勝てるようになる!

 


 

大事なことはそれぞれ、自分の仕事をきちんと理解してちゃんとその役割を活かしてコンビネーションを作ること。

例えば一人がサーブをする時、もう一人のパートナーは大抵ネットに付いている。

ネットに付いている選手は良いサーブを打ってもらえると、レシーブが甘くなるから「ボレーで決める」という仕事が出来る。

ま、これも二人で「良いサーブ&そのチャンスをボレー」というコンビネーションが成り立つんだけど、もう少し相手が同じレベルだったり、格上の相手と対戦する場合、もう少し複雑なコンビネーションが必要になってくる。

その一つが「正面担当」のパターン

それぞれ自分の正面の相手を自分の担当としてマークし、その正面の相手がボールを打つ時はきっちりとプレッシャーを与える・・・というパターン。

なので、クロスに打つショットはパートナーの担当にボールを打たせるショットとなるため、「君の担当に送ったよ!後はお願い!」という気持ちでクロスを打たないといけないし、パートナーがクロスに打ってくれたら「俺の担当に打ってくれた!後は任せろ!」って気持ちで考えられるようにならないといけない。

もちろん「任せろ」っていうのは、「決める」ということが出来れば、それがベストなんだけど、少なくとも「正面のボレーが俺を狙っている」ってマークしている相手選手にそう思ってもらうだけでも十分プレッシャーを与えたこととなる。

それによって、打つことに集中しにくくなり、結局それで相手のミスの確率が少しでも上がれば十分仕事したことになるでしょ?

ということは、先ほどのサーブの話で言うと、サーブは当然クロスへ打つわけだから、パートナーのボレーの選手に「後はお願い!」ってつもりでサーブを打つし、ボレーで待っている選手は、パートナーがサーブを入れてくれたら「後は俺に任せろ!」って気持ちで今からレシーブしようとする正面のレシーバーの選手に対して、そのサーブに集中させないようプレッシャーを与えることが求められるのだ。

それによってレシーブミスをさせたり、サーブが甘い場合に打ち込まれることを凌いだりすることが出来れば、それこそ、ダブルスのコンビネーションと言えるのだ。

この正面担当の意識がちゃんと持ててない人は、ボレーで待ち構えているパートナーを上手く活かそうと出来ないし、ボレーにいる選手はパートナーのショットを活かしたり助けたりすることが出来ないうえに、「決める」ということしか考えられない場合、強い相手とやった時に仕事が無くなる。

 

待ってりゃ甘いショットがいつか飛んでくるっていうレベルは、大した相手ではないからね

もちろん、ペアでレベル差があったり状況によって「正面担当」のパターンが当てはまらない場合もあるけど、ダブルスをやる以上「ペアを活かす」「ペアに活かされる」という意識を持ってやりたいし、そのためには「正面担当」の考え方をベースにしてもらいたい。

今度ダブルスやる時、自分の正面にいる選手を観察してみよう。

自分の存在を警戒しているのか、それとも気にしないで平然とプレーしているのか・・・。
 



 

警戒されていないとなると、ちょっとダブルスにおいての仕事が出来ていないかな

それからパートナーも観察してみよう。

プレー中、自分を活かそうしてくれているのかどうか。

もちろん自分自身も、ちゃんとパートナーを利用しようとしているかどうか確認してみて。

この「正面担当」、分かるとダブルスはもっともっと楽しくなるよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. ダブルス

    今さら聞きづらいダブルスの「並行陣と雁行陣の違いと特徴」について、アナタは理解できてますか?

    硬式テニスのダブルスで、大きく分けて2つある陣形。それが雁行陣…

  2. テニス センス

    ダブルス

    ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

    ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。こういう…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  4. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!

    毎日の練習の中で、皆はテニスを練習している。でもテニスってシン…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・?

    どんなに練習を積んだペアでも、ミスは起きる。テニスの試合では、…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ボレーが苦手なら、ダブルスで無理に前に出る必要は無い

    あまり、オススメの戦術ではありませんが。先日の全仏オープンの女…

特集記事

  1. 戦術

    テニスの試合で勝つには、「数的センス」が必要
  2. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実
  3. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン
  4. 練習メニュー

    「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ
  5. テニス テニスノート

    ボレー

    つないでいるボレーが相手の脅威になる、のが理想じゃないですか?
PAGE TOP