テニス ダブルス

ダブルス

「正面担当でペアと仲良くダブルスを」基本を理解すれば、もっとダブルスの試合は勝てるようになる!

ダブルスは二人で戦うスポーツ。

二人で協力し合ってプレーしないと勿体無い。

パートナーとそれぞれ個々に頑張っているだけでは、ダブルスの本当の面白さは味わえないのだ。

 

「正面担当でペアと仲良くダブルスを」基本を理解すれば、もっとダブルスの試合は勝てるようになる!

 


 

大事なことはそれぞれ、自分の仕事をきちんと理解してちゃんとその役割を活かしてコンビネーションを作ること。

例えば一人がサーブをする時、もう一人のパートナーは大抵ネットに付いている。

ネットに付いている選手は良いサーブを打ってもらえると、レシーブが甘くなるから「ボレーで決める」という仕事が出来る。

ま、これも二人で「良いサーブ&そのチャンスをボレー」というコンビネーションが成り立つんだけど、もう少し相手が同じレベルだったり、格上の相手と対戦する場合、もう少し複雑なコンビネーションが必要になってくる。

その一つが「正面担当」のパターン

それぞれ自分の正面の相手を自分の担当としてマークし、その正面の相手がボールを打つ時はきっちりとプレッシャーを与える・・・というパターン。

なので、クロスに打つショットはパートナーの担当にボールを打たせるショットとなるため、「君の担当に送ったよ!後はお願い!」という気持ちでクロスを打たないといけないし、パートナーがクロスに打ってくれたら「俺の担当に打ってくれた!後は任せろ!」って気持ちで考えられるようにならないといけない。

もちろん「任せろ」っていうのは、「決める」ということが出来れば、それがベストなんだけど、少なくとも「正面のボレーが俺を狙っている」ってマークしている相手選手にそう思ってもらうだけでも十分プレッシャーを与えたこととなる。

それによって、打つことに集中しにくくなり、結局それで相手のミスの確率が少しでも上がれば十分仕事したことになるでしょ?

ということは、先ほどのサーブの話で言うと、サーブは当然クロスへ打つわけだから、パートナーのボレーの選手に「後はお願い!」ってつもりでサーブを打つし、ボレーで待っている選手は、パートナーがサーブを入れてくれたら「後は俺に任せろ!」って気持ちで今からレシーブしようとする正面のレシーバーの選手に対して、そのサーブに集中させないようプレッシャーを与えることが求められるのだ。

それによってレシーブミスをさせたり、サーブが甘い場合に打ち込まれることを凌いだりすることが出来れば、それこそ、ダブルスのコンビネーションと言えるのだ。

この正面担当の意識がちゃんと持ててない人は、ボレーで待ち構えているパートナーを上手く活かそうと出来ないし、ボレーにいる選手はパートナーのショットを活かしたり助けたりすることが出来ないうえに、「決める」ということしか考えられない場合、強い相手とやった時に仕事が無くなる。

 

待ってりゃ甘いショットがいつか飛んでくるっていうレベルは、大した相手ではないからね

もちろん、ペアでレベル差があったり状況によって「正面担当」のパターンが当てはまらない場合もあるけど、ダブルスをやる以上「ペアを活かす」「ペアに活かされる」という意識を持ってやりたいし、そのためには「正面担当」の考え方をベースにしてもらいたい。

今度ダブルスやる時、自分の正面にいる選手を観察してみよう。

自分の存在を警戒しているのか、それとも気にしないで平然とプレーしているのか・・・。
 



 

警戒されていないとなると、ちょっとダブルスにおいての仕事が出来ていないかな

それからパートナーも観察してみよう。

プレー中、自分を活かそうしてくれているのかどうか。

もちろん自分自身も、ちゃんとパートナーを利用しようとしているかどうか確認してみて。

この「正面担当」、分かるとダブルスはもっともっと楽しくなるよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的です!

    「奇襲は、序盤に」がテニスにおいては鉄則です。特に強い相手に対…

  2. テニス ダブルス
  3. ダブルス

    前衛に必要な、「感じる力」

    ダブルスの試合、最近みなさんどうですか?ご自身が前衛の時に、…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる

    テニスの成長が早い人は、毎回試合ごとに強くなっていく。どこか、…

  5. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

    並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。特に、セン…

  6. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい

    ダブルスの前衛で、相手のリターン選手を観察する。まさにリターン…

特集記事

  1. テニス 客観視

    その他

    自分に無かったもの、を得ることが出来るのが「試合」です
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い
  3. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK
  5. テニス スマッシュ

    その他

    苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと
PAGE TOP