テニス メンタル

ダブルス

ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です

「ミックスダブルスの試合、どう戦って良いか分からない」

「強くなる方法が、分からない・・・」

という方が、私の周りにはたくさんいます。

確かにミックスダブルスは男女で息を合わせて戦う中で、役割も少しずつ異なる。

賛否両論あると思いますが、まずはミックスダブルスは「女性の守備力」がどうしても求められます。

それだけは覚悟して、練習していきましょう!

 

ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です

 


 

1.男性のサーブを返す、前衛ではブロックボレーで対応する

まずは女性の方で厳しいのが、男性のファーストサーブ。

これをしっかり、相手コートに返球していくことが大事です。

「少しくらい、手加減してくれるでしょ・・・」と思っている方は、甘い。

上のレベルの試合になれば、獲れるところでは確実に獲りに来るのが勝負の世界。

しっかりスライスでも良い、ブロックリターンで男性サーブに向かっていきましょう。

苦しいときも、絶対に諦めてはいけません。

同時に、女性が前衛のときには男性リターンでストレートも狙われがち。

ブロックするようなボレーで、「簡単にはやられない、1球でも多く返す」という気持ちで、試合に臨みましょう。

 

2.しぶとい守備力は、相手にとってプレッシャーになる

「女性に集めても、簡単にポイントが獲れない」と分かると、相手は考えます。

考えるからこそ、そこに隙が生まれる。

そこに対して味方の男性がプレッシャーをかけると、結論が出ないままに相手がミスしてくれる可能性が高い。

この段階にもっていくには、3球くらいはしっかり、女性が男性のボールを返球するという場面が必要。

気持ちが引くのではなく、「粘ることで相手は嫌がる、プレッシャーに感じる」ということを考えながら、女性はプレーしましょう。

 

3.ここぞという場面では、女性がポーチに出ていく!のがオススメです

私は女性こそ、ここぞという場面で動くことをオススメします。

試合の後半、大事な場面ではぜひ積極的にポーチにも動きたい。

守備力をアピールした後には、相手は「守りは強いけど、攻撃は積極的じゃないな・・・」と思っている可能性が高い。

だからこそ、あえて動く姿勢も見せておく。

女性から動いて得たポイントは、ミックスダブルスでは1ポイント以上の価値があるのです。

 

ミックスダブルスは、ぜひ学生の方にもトライして欲しい。

「何で女子と試合しないといけないの・・・」と思った男性の方、テニスをまだまだ分かっていない。

女性とのテニスで磨かれる、丁寧な技術や駆け引きがアナタの実力をアップさせます。

ミックスダブルスの奥深い世界、どんどん入って磨いていきましょう。

きっと豊かなテニスが、そこにあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分が邪魔した」という発想は必要無い

    ダブルスの試合を観ていて、感じる違和感。私は、前衛がなぜか謝っ…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

    ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?もちろんポイ…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よう

    これは、一つ私からの提案です。相手が雁行陣、後衛の選手がストロ…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ポーチのコースの打ち分けは、センターラインを超えるかどうかで決める

    ダブルスの試合で、私自身が前衛で意識していること。もちろん、基…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番効果的

    ダブルスの試合で、サインプレーをどこで入れていくのか。サーブを…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる
  2. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い
  3. テニス メンタル

    戦術

    ボールが飛んで来るコース、は限られていると考えよう
  4. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?
  5. テニス知識

    言葉の定義、テニスでも大事
PAGE TOP