テニス メンタル

ダブルス

ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です

「ミックスダブルスの試合、どう戦って良いか分からない」

「強くなる方法が、分からない・・・」

という方が、私の周りにはたくさんいます。

確かにミックスダブルスは男女で息を合わせて戦う中で、役割も少しずつ異なる。

賛否両論あると思いますが、まずはミックスダブルスは「女性の守備力」がどうしても求められます。

それだけは覚悟して、練習していきましょう!

 

ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です

 


 

1.男性のサーブを返す、前衛ではブロックボレーで対応する

まずは女性の方で厳しいのが、男性のファーストサーブ。

これをしっかり、相手コートに返球していくことが大事です。

「少しくらい、手加減してくれるでしょ・・・」と思っている方は、甘い。

上のレベルの試合になれば、獲れるところでは確実に獲りに来るのが勝負の世界。

しっかりスライスでも良い、ブロックリターンで男性サーブに向かっていきましょう。

苦しいときも、絶対に諦めてはいけません。

同時に、女性が前衛のときには男性リターンでストレートも狙われがち。

ブロックするようなボレーで、「簡単にはやられない、1球でも多く返す」という気持ちで、試合に臨みましょう。

 

2.しぶとい守備力は、相手にとってプレッシャーになる

「女性に集めても、簡単にポイントが獲れない」と分かると、相手は考えます。

考えるからこそ、そこに隙が生まれる。

そこに対して味方の男性がプレッシャーをかけると、結論が出ないままに相手がミスしてくれる可能性が高い。

この段階にもっていくには、3球くらいはしっかり、女性が男性のボールを返球するという場面が必要。

気持ちが引くのではなく、「粘ることで相手は嫌がる、プレッシャーに感じる」ということを考えながら、女性はプレーしましょう。

 

3.ここぞという場面では、女性がポーチに出ていく!のがオススメです

私は女性こそ、ここぞという場面で動くことをオススメします。

試合の後半、大事な場面ではぜひ積極的にポーチにも動きたい。

守備力をアピールした後には、相手は「守りは強いけど、攻撃は積極的じゃないな・・・」と思っている可能性が高い。

だからこそ、あえて動く姿勢も見せておく。

女性から動いて得たポイントは、ミックスダブルスでは1ポイント以上の価値があるのです。

 

ミックスダブルスは、ぜひ学生の方にもトライして欲しい。

「何で女子と試合しないといけないの・・・」と思った男性の方、テニスをまだまだ分かっていない。

女性とのテニスで磨かれる、丁寧な技術や駆け引きがアナタの実力をアップさせます。

ミックスダブルスの奥深い世界、どんどん入って磨いていきましょう。

きっと豊かなテニスが、そこにあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. ダブルス

    雁行陣で、実は狙い目なのは…?

    みなさんが試合に出ていて、対戦する機会が多いのは雁行陣。これ…

  2. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

    Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の前衛に触られても、とにかく慌てないことが一番

    ダブルスの試合で、落ち着いてプレー出来るかどうか。これは、勝敗…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

    ダブルスの試合、並行陣で挑んでいるけど「どうやってポイントを取るのか、…

  5. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない

    ダブルスの試合で、相手がどんどん前に出て来る並行陣、が相手の時。…

  6. ダブルス

    サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

    サーブ&ボレーに挑戦したいけど、難しいと感じている方へ。難しく…

特集記事

  1. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意
  2. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ
  3. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる
  4. テニス 準備

    フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻…
  5. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識
PAGE TOP