テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう

ん?どういうこと?と思った方も多いと思います。

ダブルスの試合、アレーに打たれている・・・ということは・・・自分たちが攻撃されている、ピンチかもしれない。

いや、逆なんです。

アレーにバウンドするボールこそ、ダブルスでは「攻め時」でしょう。

 

ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう

 

1.シングルスコートにバウンドしたボールは、無理しない

ダブルスの試合、は当たり前ですがシングルスよりもコートが広い。

左右にアレー、1.37m×2=2.67m だけ広いのがダブルスコートです。

でも、ほとんどのラリーは、実はシングルスのコート内で行われることが多い。

サイドアウト、が怖いですからねお互い。

シングルスコートの中でバウンドしたボール、皆さんどう攻撃出来ると思いますか?

意外と、緩いボールでも角度を付けられない、相手コートの端を狙うのは難しい。

ですので、シングルスコートの中にバウンドしたボールは、無理に攻撃しない方が良いでしょう。

 

2.アレーにバウンドした瞬間に、一気にペースアップ!

私は、こう仕掛けると決めています。

アレーにバウンドしたボールは、ダブルスの後衛にいても攻撃しやすい。

ショートクロス、角度を付けたクロスも打てるし、外から巻いていくような軌道のストレートアタック、も入る。

ストレートロブも低い弾道で外側から打てますし、色々出来ることが増えるんです。

自分で攻撃のギアチェンジをするポイントも、バウンド地点だから明確で分かりやすい。

味方の前衛も知っているから、「アレーに入った!攻めるな!」という意識統一が出来る。

これは皆さんにもお勧めです。

 

3.「攻め時」を間違いえていては、テニスで勝てない

特にダブルスでは、そうですね。

攻め時をまず作る、ことから攻撃は始まる。

我慢出来ない、せっかちな人はシングルスコート内から攻撃して自滅する。

アレーにバウンドする、というのはあくまで私の一つのアイデアであり感覚。

他にも、色々あると思いますよ。

ポイントは、「攻撃の選択肢が増やせる場面」はどういう時か、ですね。

皆さんも考えてみて下さい。

 

攻めと守りを、ハッキリさせる。

「今のは明らかに、攻撃で獲りにいったポイントだな」と分かるくらい、メリハリを付けましょう。

何となくラリーして、何となくポイントが終わっていかないように。

アレーにボールがバウンドしたら、その瞬間からダブルスの試合は一気に動く。

これだけは、覚えておいて損は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

    ダブルスの試合、とにかくロブに苦手意識がある方へ。前衛にロブ、…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

    並行陣でダブルスをプレーしているときに、気を付けたいこと。サー…

  3. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあげることです

    ダブルスの試合、味方がサーブを打って、アナタが前衛のポジションに立って…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の集中狙いに屈しない守備力、がダブルスには必要

    ダブルスの試合で強いペア、みなさんどんな選手を想像しますかきっ…

  5. テニス 練習
  6. ダブルス

    ダブルスのストレートアタック、決めるのは前のポイントの終了直後がベスト

    ここぞ、という場面でのリターンでのストレートアタック。アナタ自…

特集記事

  1. ストローク

    「スライスは伸びが命」テニスの試合で使える抑えの効いたスライスを覚えよう
  2. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ
  4. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技
PAGE TOP