テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう

ん?どういうこと?と思った方も多いと思います。

ダブルスの試合、アレーに打たれている・・・ということは・・・自分たちが攻撃されている、ピンチかもしれない。

いや、逆なんです。

アレーにバウンドするボールこそ、ダブルスでは「攻め時」でしょう。

 

ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう

 

1.シングルスコートにバウンドしたボールは、無理しない

ダブルスの試合、は当たり前ですがシングルスよりもコートが広い。

左右にアレー、1.37m×2=2.67m だけ広いのがダブルスコートです。

でも、ほとんどのラリーは、実はシングルスのコート内で行われることが多い。

サイドアウト、が怖いですからねお互い。

シングルスコートの中でバウンドしたボール、皆さんどう攻撃出来ると思いますか?

意外と、緩いボールでも角度を付けられない、相手コートの端を狙うのは難しい。

ですので、シングルスコートの中にバウンドしたボールは、無理に攻撃しない方が良いでしょう。

 

2.アレーにバウンドした瞬間に、一気にペースアップ!

私は、こう仕掛けると決めています。

アレーにバウンドしたボールは、ダブルスの後衛にいても攻撃しやすい。

ショートクロス、角度を付けたクロスも打てるし、外から巻いていくような軌道のストレートアタック、も入る。

ストレートロブも低い弾道で外側から打てますし、色々出来ることが増えるんです。

自分で攻撃のギアチェンジをするポイントも、バウンド地点だから明確で分かりやすい。

味方の前衛も知っているから、「アレーに入った!攻めるな!」という意識統一が出来る。

これは皆さんにもお勧めです。

 

3.「攻め時」を間違いえていては、テニスで勝てない

特にダブルスでは、そうですね。

攻め時をまず作る、ことから攻撃は始まる。

我慢出来ない、せっかちな人はシングルスコート内から攻撃して自滅する。

アレーにバウンドする、というのはあくまで私の一つのアイデアであり感覚。

他にも、色々あると思いますよ。

ポイントは、「攻撃の選択肢が増やせる場面」はどういう時か、ですね。

皆さんも考えてみて下さい。

 

攻めと守りを、ハッキリさせる。

「今のは明らかに、攻撃で獲りにいったポイントだな」と分かるくらい、メリハリを付けましょう。

何となくラリーして、何となくポイントが終わっていかないように。

アレーにボールがバウンドしたら、その瞬間からダブルスの試合は一気に動く。

これだけは、覚えておいて損は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    雰囲気が悪くなるようなポイント後こそ、ペアで会話しないと

    ダブルスの試合で、一目で分かるペアの絆。それは、ポイントを失っ…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこう!

    ダブルスの試合、相手を攻撃していく基本パターン。相手雁行陣に対…

  3. ダブルス

    男子ダブルス、今年こそ強くなりたいなら

    男子ダブルスで、結果を出すために。今年こそ!と思っている方は…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!

    ダブルスは二人で戦う。二人で戦うんだから、コミュニケーションが…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから考えてみる

    ダブルスペアは、どういう組み合わせが効果的なのか?これについて…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの試合で求められるパッシングショットは、速いストレートとショートクロス…
  2. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?
  5. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?
PAGE TOP