テニス ストローク

ストローク

「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっかり前に取って見直そう!

今回アンケートを実施させて頂き、改めて「チャンスボールを打ち込めない・・・」という方が多いことに気付きました。

ゆっくりしたボールを自分から打ちにいく、うえで大事なのはまず打点。

これがしっかり前になっていないと、ボールをコントロール出来ませんしパワーも伝わらない。

改めて考えてみて欲しいのは、きっと打点はアナタが思っているよりずっと前。

もっと前で打てるはずです。

 

「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっかり前に取って見直そう!

 


 

■自分の身体の30cmは前、を意識しよう!

打点を前、と言ってもどの程度かが曖昧になっている人が多い。

どれくらい前かと言えば、30cmは前。

ボールを打っている、その打点をしっかり自分の後ろからラケット越しに見えるくらい前、を意識しましょう。

そうすれば自然にボールにも力が伝わり、コントロールも出来る。

遅いボールは待つ、のではなく自分から積極的に打ちにいくことを忘れずに。

 

■打点を前、にすればグリップは変わってくる

打点を前にしたけど、ボールを上手く打てない、ラケット面が地面と垂直にならない人は、グリップを変えましょう。

この変更方法は、まず打点をしっかり前、に出してみてそのラケットを握りやすい形で持ってみる。

誰かにラケットを持ってもらい、補佐してもらいながら、打点を前にしてしっかり力が入る場所を探してみて下さい。

一般的に「厚い」と呼ばれるグリップに、自然に移行出来るはずです。

 

■打点を前にする、ということは準備を速く、振り出しを速くするということ

打点を前にするということは、全てのタイミングを速くするということです。

これをしっかり理解出来ていない人が多いので、上手くいかない、振り遅れる。

打点を前にすることでしっかりストロークはクロス方向にも角度を付けて打てる訳ですが、準備と振り出しが遅いと強引なスウィングになりますよね。

この機会にしっかり準備を速く、遅くとも自分のコートにバウンドする前までには確実に止まってテイクバックも完了しているようにしましょう。

そうすれば相手も打つコースが読めない、良いストロークになるはずです。

 

打点を前に取ることは、おそらく今のアナタにとって最重要課題です。

一般の社会人の方で肘を痛めている方は、ほとんどが打点が後ろ過ぎ。

そこから強引に打ちにいくので、無理が生じて痛くなる。

長くテニスを続ける為にも、しっかり打点を前にとってストロークをコントロールしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然に前になる

    テニスの初心者の方は、なかなかボールに回転をかけるのが難しい。…

  2. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない

    ダブルスの試合で、打てないと厳しいもの。それは、私はこれだと思…

  3. ストローク

    どうすれば、格上相手に戦えるのか?

    秋は、テニスの大会のシーズン。みなさんの中にも、勝ちたい試合…

  4. ストローク

    「守りから攻撃、切り替え要注意ポイント」テニスの試合では常に自分の軸足をチェックすること

    テニスの試合を何度も経験していると、勝つためにはまず何が必要か見えて来…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です

    試合の緊張感がある場面、いつもなら難なく入るボールが入らなくなる・・・…

  6. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で、「高い打点のストロークをしっかり決め切る」為に必要な意識と準備4つ

    高い打点のストローク、しっかり攻撃的なショットに出来ていますか?…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?
  2. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習して…
  3. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに
  4. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました
  5. テニス メンタル

    戦術

    「自分たちのテニスをする」って、何種類持ってますか?
PAGE TOP