テニス リターン

戦術

テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント

試合の中で、相手が打つコースを予測する。

簡単なようで、テニスはこれが実に難しい。

どんなスポーツでも、特に守備的な場面では相手が何かアクションしてから反応しても、コートカバーが難しいですよね。

「テニスも経験が無いと、予測は出来ないのか・・・」と思った方、違います。

しっかり根拠を考えたときに、実は予測は出来る。

そもそも、完璧な予測なんて誰も出来ない訳ですから、楽しみながら自分で工夫してやってみましょう!

 

テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント

 


 

1.テニスはセンターベルトの上を8割のボールが通過する

まずはこの統計的な観点から。

テニスは約8割のボールがネットの真ん中、低くなっているセンターベルトの上付近を通過します。

そう考えると、相手がいる場所からネットの真ん中を通す、その延長線上にボールが飛んでくる可能性が高い。

ここをしっかり抑える、ケア出来るポジショニングと予測を心がけましょう。

 

2.相手のラケット面をテイクバックで判断

スライスかスピンか、の予測もストロークでは大事。

ネットプレーに出たときには、いち早くロブにも気付かないといけません。

相手のテイクバック時に、特徴が無いか観察してみましょう。

ボールを打つラケット面が外、を向いていればスピン、内側に向いていればスライスです。

ぜひ普段の練習から意識して観察して、自分自身で見極められるようになりましょう。

 

3.テニスの打つコースは、「本人の性格」が大きく影響している

テニスは人間性が現れるスポーツ。

打つコースを決めている対戦相手本人が、どんな性格かを把握する、見抜けるとそれは予測の根拠になります。

王道なのか、少しひねくれているのか、徹底してバック狙いの頑固な選手なのか・・・。

もしくは、何も考えていないのか・・・これがやっかいなタイプでもあるんですが、とにかく自分で想定を立てて検証しましょう。

あえて試合の中で相手に攻撃させてみる、というのも有りだと思います。

 

4.カウントに応じて、テニスはプレーが変わる

予測の観点で言えば、カウントを意識することも大事です。

例えば40-0であれば、相手のサーバーはエースを狙いにくるかも知れない。

逆に0-40であれば、ファーストから入れてくるような弱気なサーブになるかも知れませんよね。

カウントを意識すれば、相手が何を考えているかイメージがわきやすい。

ぜひ、心理戦で上手を獲れるよう、普段から「カウントに応じて、どんなプレーをしてくる人が多いのか?」を考えておきましょう。

 

「あれ?予測って言ったから、コースの読み方を教えてくれるんじゃ・・・」と思った方、すみません。

まずは予測の大前提として、「どういうポイントになりやすいか?」を考える方が先決です。

その後に、具体的なコースの予測がある。

ですがコースの予測は細かい癖を見抜く、個人個人での対応がかなり違いますので説明するのが難しい部分でもあります。

ぜひ、アナタ自身でも各選手ごとに研究してみて下さい。

勝ちたいライバル、チーム内にもいれば徹底的に観察してみましょう!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように

    勝つために練習をしている。勝つ・・・というのはモチロン自分より…

  2. テニス 観察

    戦術

    全仏オープンを、「テニス選手らしい観点でチェック」したい5つのポイント

    全仏オープン、テレビで観戦している方も多いと思います。このサイ…

  3. テニス 格上相手

    戦術

    相手の打ちそうなボール、イメージ出来てる?

    テニスって、何が面白いって・・・打って来る人みんな、2人と同じボールは…

  4. 戦術

    4ポイントのシナリオ、を意識してみよう

    テニスのゲームは、1ゲームを取るのに4ポイント。15、30、…

  5. テニス ボレー
  6. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?

    対戦していて、嫌な相手。それは、何かを仕掛けてくる相手、でしょ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    勇んで同じコース、やられる要因に
  2. テニス 調子

    シングルス

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎて…
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ナダル選手の強みである、「相手を走らせて自分のフォアハンド側を空けて待つ」作戦を…
  5. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない
PAGE TOP