ダブルス

サーブ&ボレーの相手に、スライスでチップ&チャージ!

目次

ダブルスの試合で、使えるテクニック。

並行陣で来る相手に、足下に打てれば後は前に詰めるだけ。

これが出来ると、すごく試合でも有効です。

男女問わず、実戦的なテクニックとして磨いておきましょう!

前に入ってリターンが基本!

相手のセカンドサーブ、が狙い目です。

前に入って、しっかりネットに近い位置でスライス、その方が精度高く沈めることが出来ます。

実際に、浮いてしまう可能性もありますが、そうなったら仕方ない。

急いで守備の態勢を整える、だけの話です。

まず大事なのは、しっかり前に入ってスライスで沈めるんだという意志を持つこと。

そこから、全ては始まります!

流れを確認してみましょう!

流れは非常にシンプルです。

まず、しっかりとクロスにスライスで沈める。

セカンドサーブを、前に入ってリターン。

前に出る動きをイメージしながら、リターンダッシュ。

上手くアングルに沈んだら、アングルでの切り返しをケアしましょう。

ストレートに展開したら、そのまま前に詰める。

相手がより、プレッシャーに感じてくれるでしょう。

T-PRESS公式 YouTubeチャンネルに登録をお願いします!

スライスは遅い、だから効果的!

スライスを使えると、自分が動ける時間が出来る。

これが、すごく大事な要素になります。

速いボールだと、自分が前に出る前に相手が打つことになりますからね。

ジワジワ、追い込んでいく、プレッシャーをかけていく。

この動作に貪欲になれると、リターンダッシュはすごく成功しやすいです。

一発で決めるのではなく、あくまで次、次、と詰め将棋のようなイメージですね。


お勧めの練習法

リターンから全てのショットを、スライス限定に縛ってしまう。

こうすることで、リターンダッシュだけでなくロブも使えたり、プレーの幅が拡がります。

実際の試合では、リターンでビビって打てなくなるような時もありますからね。

スライスでの展開力、という武器があるとすごく試合がやりやすい。

体力も使わないで、楽にポイントが取れますからね。

ぜひ、意識して「スライス限定での試合形式」をやってみて下さい。

   

相手にプレッシャーをかけて、しっかり決める。

これが出来たポイントは、その次のポイントにもつながっていく。

相手からすると、遅いボールで失点するって嫌なものなんですよ。

だからこそ、意識して欲しい。

しっかり磨いて、自分の技として使えるようにしてみて下さい。

きっと、リターンゲームで自信が湧いて来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?

    今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。…

  2. テニス 観察

    戦術

    スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける

    試合で「遅いボール」を混ぜること。勇気要りますよね・・・でも、…

  3. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキ…

  4. テニス テニスノート

    戦術

    テニスでも自分に1本の軸が出来れば、「被害妄想意識」は消える

    テニスが強くなれない人。なかなか試合で結果が出ない人は、言い方…

  5. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない

    テニスの試合でのナイスショット。それは、練習とは訳が違います。…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる

    サーブのトスアップ、皆さんは試合中何回くらい「やり直し」をすることがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう
  2. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点
  3. 戦術

    サービスゲーム、両サイドの考え方
  4. 戦術

    相手が奪う時間に、付いていく
  5. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている
PAGE TOP