ボレー

スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?

試合で使うボレー、スライス回転をかけて相手を追い込みたい。

でも、ローボレー等の対応でネットにかかってしまう、越えないというケースはありますよね。

この恐怖心に、どう打ち勝つのか。

やり方は、シンプルです。

あるキーワードで、必ずスライスボレーの攻撃力、精度はアップします!

 

スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?

 


 

1.結論、アウトを恐れないこと

スライスボレー、しっかりネットを越える。

高い位置を通すから、深さが出るのがボレーです。

特に相手がベースラインにいるような時には、しっかり高い軌道でボレーを打つ。

アウトを恐れないで、深く打つ意識が大事です。

スライスがしっかりかかっていれば、大丈夫。

滞空時間が長い割に、結構コートの内側に収まりますよ。

 

2.スライスボレーは、失速してくれる

深く打つスライスボレー、は意外と入ります。

スライス回転がしっかりかかっていれば、ある地点から急に失速してくれる。

深いスライスボレーは、意外と入ると思っておいて間違いないです。

強引に振ったボレーは入りませんが、しっかりとスライス回転をかけたボレーならOK。

普段の練習から、このスライス回転を意識すること。

それから、アウトを恐れないこと、が大事です。

 

3.ネットの上に目標を作ろう

私はいつも、ボレーでもこの基本を大事にしています。

ネットの上、1メートルくらい上を通すように狙う。

これで、必ずコートの内側には入ります。

置きにいくと、スライス回転がかからないで相手の脅威にならない。

フラット気味に伸びてアウト、になる可能性も出て来ますからね。

ネットの上に目標をしっかり作ってやり切る、ことが試合では大事です。

 



 

4.ボールの下を打つ、アウトを恐れない!

試合では、深いボレーは本当に脅威になります。

だからこそ、アウトを恐れないこと、が大事。

アウトを恐れたボレーって、怖く無いですからね。

ボールの下を打って飛距離を出す、スライス回転をかける。

くどいようですが、これの繰り返しです、ボレーは。

アウトミスの方が、ネットミスよりも何倍も価値があります。

もしかしたら、相手も迷ってアウトボールを触ってくれるかも知れないですしね。

ぜひ、意識して打ってみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

長い距離のボレーを打つ、スライス回転をかける。

ボレー対ストロークの練習で、ボレー側がサービスラインに立ってクロスラリー、をやってみましょう。

出来るだけ、ストローク側はノーバウンドでボレーヤーに届くように狙って打つ。

ボレーヤーも、相手コートに入れようと思わないでアウトするくらいのつもりで打つ、ことが大事。

練習ですから、多少アウトしても良いので球足の長さ、を意識しましょう。

そして、しっかりと失速してコート深く、にバウンドするかどうか。

動画に撮影して見直してみる、のをお勧めします。

 

スライスボレーって、エース狙いじゃない。

相手にジワジワ、圧迫感を与えていくようなイメージが大事。

スライスの良い練習にもなりますので、ぜひ意識してみて下さい。

アウトを恐れず、伸びのあるボールを意識しましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. ボレー

    ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合でミスは激減します

    ネットプレーが苦手なプレイヤーの多くの共通点は、ラケット面が安定してい…

  2. ボレー

    練習慣れって、怖い

    テニスの試合、練習、試合…と、繰り返していると、感じること。…

  3. ボレー

    バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

    試合をしていて、気が付けば自分のポジションがおかしい・・・という人。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い

    ダブルスの試合で、前衛がポーチに出る。ここまではよく観る光景で…

  5. ボレー

    前に詰めて逆クロスにボレー、打てる?

    ダブルスの試合で、使えるボレー術。あまり良い打ち方としては紹…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ

    「ストロークには絶対の自信がある!」という人も、試合ではそれだけだと厳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    フラット気味な速いストロークに対抗するには、「低い態勢でラケットヘッドをしっかり…
  3. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう
  4. テニス メンタル

    その他

    新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につ…
  5. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある
PAGE TOP