テニススクール

テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

テニススクールで、初球クラスから中級クラスへのステップアップを目指すみなさんへ。

スクールによってレベルの差やスタンスの違いはあるでしょうが、私が経験した中で、「これが出来ればOK」というのをまとめてみました。

今、中級やそれより上のクラスで頑張るみなさんも、ぜひ見直してみて欲しい要素。

簡単なようで、意外と出来ていないことも多いと思いますよ。

 

テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

 


 

1.回転をかけたショートラリー

ただのウォーミングアップで続けるだけ、ではダメ。

しっかりと、スピン回転やスライス回転をかけて、短い距離でのラリーが出来るように意識しましょう。

当てにいくだけ、だと長い距離にした時に全く違うフォームになりますからね。

あくまで自分のストロークのフォームで、短い距離でもラケットをしっかり振り切る形、が大事です。

レッスンの最初から、意識高くいきましょう!

 

2.深いゆったりしたボレー

中級クラスになると、ボレー対ストロークのラリー練習が中心になります。

テニススクールでは後ろをネットで仕切って、本コートではこの練習をやる機会が多いですよね。

深く、ゆったりしたボレーでストロークの相手に返す、ラリーが出来る。

そのために、ボールの少し下を触って山なりなボールを打てるように、準備を早くしてスライスボレーを練習していきましょう。

 

3.バックボレーでボレーボレー

ネット裏の練習では、ボレーボレーも多いはず。

その時に、しっかりとバックボレーを使えるかどうか、メインに据えられるかどうかが大事。

バックボレーの構え、を基本にしておけばバランスが良くなる。

中級クラスでは、ボレーボレーも実践的に。

フォアだけで続けるのは、卒業していきましょう。

 

4.ロブを使って時間を作る

ロブを使って時間を作る、相手の攻撃をかわすこと。

これは、中級クラスのみなさんなら出来るようになって欲しい。

相手の攻撃を山なりなボールで返球すること、が出来れば、試合でもポイントを拾える。

相手の練習にもなるし、練習の幅がグッと広がりますからね。

強い球を打たれて成す術が無い、というのは厳しいでしょう。

ぜひ、スライスから意識して練習してみて下さい。

 

5.ゲーム形式で、自分から動く

中級クラスになると、中には試合に出ている生徒さんも増える。

最後のゲーム形式、のような場面ではより実戦的に、自ら動いていくことが求められます。

ストレートに打って前衛を攻撃したり、ポーチに動くような作戦、も実行していかないとダメ。

なぜなら、きっとそういうテーマも含めてレッスン内で練習しているはずですから。

ゲーム形式で、積極性を持つこと。

そうしないと、そもそも中級クラス以降の上達が難しいでしょう。

 

人数が多く、なかなか打てる回数が少ないクラスの方もいると思います。

ですが、テニスは初球から中級、になるくらいが一番面白いと感じることが出来るはず。

まずは目の前のメニュー、レッスン、頑張ってみて下さい。

テニススクールで頑張るみなさんを、T-PRESSは独自の視点で応援し続けますので!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス テニススクール
  2. テニススクール

    動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?

    誰かに指導される、テニスレッスン。テニススクールでもそうだと思…

  3. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

    テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしています…

  4. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから

    テニススクールで、しっかり上達していくこと。これは、簡単なこと…

  5. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基本

    人と人、の間にテニスはある。ボールを打ち合うのもそうだし、教え…

  6. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合では早めの準備で迎えに行こう
  2. フットワーク

    「いつの間にか右足ばかり」テニスのフットワークは無意識でいると修正できなくなりま…
  3. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーす…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭…
PAGE TOP