テニス テニスボール

テニススクール

強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない

テニススクールで、テニスを頑張るみなさん。

ちょっとだけ持って欲しい意識、として今回はまとめてみたいと思います。

厳しいようですが、これこそ生徒であるみなさんと向き合う優しさ、でしょう。

試合に出て勝ちたいのであれば、こういう視点は大事です。

 

強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない

 


 

1.緊張感、はそこにあるか?

テニススクール、もちろん楽しいのは第一。

でも、試合に出ているみなさんなら、もう気付いているでしょう。

緊張感のある練習、が出来ないと、試合では厳しい。

ただ気持ち良く打つ、ミスしても何のプレッシャーも無い、そんな環境で打っているボールは、なかなか試合では入らない。

緊張感、を上手く持って練習が出来るかどうか、が大事。

テニススクールの所属しているクラスが、「居心地の良い居場所」になっていては、上達は難しいと思います。

 

2.仲間を倒す意気込み、をスクールにも持ち込もう

私は、自分がコーチとして担当していたクラスでは、どんどん競争してもらっていました。

生徒さん同士でも、競ってもらう。

少し、緊張感が高まるくらいで、ちょうど良い。

こういう雰囲気を、嫌がる方も多いと思いますので、一概に決めるのは難しいかと思いますが。

仲間の中で、勝った負けた、が無いと試合で勝つのも難しくなる。

試合と練習が、かけ離れてしまうので、当然ですね。

レッスンの中でも、一緒に練習する仲間を倒すくらいの意気込み、で挑まないと。

ただダラダラとラリーだけ、になってしまいますよ。

 

3.テニススクールは、卒業していくもの

これも、賛否両論、あると思います。

私は、テニススクールも学校として、どこかで卒業していく場所、だと思っています。

自分の実力が付けば、クラスが上がっていく。

そして上級クラスの中でも、ある程度の時期を過ごしたら、卒業していく。

そしてまた新しい環境で、チャレンジしていく。

ビジネスとしては長く居続けてもらった方が良いのかもしれないですけど、やっぱりそれは本人の為にならない。

マンネリ化した関係、に未来は無いですからね。

卒業してもらう、させる為に頑張るという視点が、テニススクールにも必要だと私は思います。

 

居心地が良い居場所、私だって欲しいです。

でも、それってテニス以外のところで求めていく方が良いと思うんですよね。

テニスにおいては、自分の中で厳しさを求めていく。

テニススクールも、そういう場であって欲しい。

だって、その方が本気になれて楽しい、ですから。

私はそう考えながら、これからもテニススクールでテニスを頑張るみなさんを、応援し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 計算

    テニススクール

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

  2. テニス メンタル

    テニススクール

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる

    何でもそうだと思います。テニスだけじゃなく、仕事でも勉強でも、…

  3. テニススクール

    動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?

    誰かに指導される、テニスレッスン。テニススクールでもそうだと思…

  4. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

    テニスの試合で使える技、必ずしも練習で習得できるとは限らない。…

  5. テニススクール

    「ちょっと出るのが早かったですね」というアドバイスについて

    みなさんも、テニススクールでこんなアドバイスを受けたこと、ありません…

  6. テニス メンタル

    テニススクール

    どんなに凄い技術や経歴を持っていても、全てのテニスコーチは「信頼」から始まる

    4月から新しい仕事、テニスコーチとして働き始めた方もいるでしょう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    メンタル

    「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要な…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!…
  4. ストローク

    骨盤を動かして腰を回すと、コントロール力アップ!
  5. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進…
PAGE TOP