テニス ストローク

ストローク

ストロークでは、「パワーもコントロールも両方欲しい!!」と思っている人に意識して欲しいこと

ストロークをパワーアップさせたいけど、コントロールが出来なければ意味がない。

何とかコントロール力を落とさずにパワーアップさせる方法は無いのか・・・・って誰もが考えていると思うんだけど、皆、パワーアップさせるためには何を意識しているのか、そしてコントロール力を上げるためには何に気を付けているのか、その両方が分かっていて、両立させればパワーもコントロールも得られるんじゃない?

 

ストロークでは、「パワーもコントロールも両方欲しい!!」と思っている人に意識して欲しいこと

 


 

例えば「もっと速いショットを!!!」って思ったら、当然スィングスピードを上げるよね?

でも腕力だけじゃ力んでしまって、スィングスピードが上がらない。

そこでスィングする時に、最も力を必要とする振り始めのパワーを軸足の床反力で作り出す。

 

 

軸足からもらったその力をキッカケに、まずは肩を支点にしたスィングで振り始めればスィングスピードも上がる。

だけど、そのままだと大振りすぎてスィングにキレがないし、何よりコントロールがしにくい。

逆に「ちゃんとコントロールしなきゃ」と思いながらプレーする時はどうやっているかな?

ミスが続いたり、大事な場面で確実に入れなきゃいけないって時にそういう気持ちでプレーすると思うんだけど、その場合はいわゆる「小手先」でプレーしてしまうでしょ?

大振りは避けて、小さなスィングでラケット面を確実に打ちたい方向へ合わせやすくする打ち方を選んでしまう。

 

もちろんこのやり方はコントロールしやすいけど、肘とか手首を支点にしてしまうからパワーがちょっと足りない。

じゃあ軸足をキッカケにしたパワーと、小手先打ちのコントロールを上手く融合して、パワーはあるけどコントロール力もある打ち方って
出来ないんだろうか?

まず大事なことはパワーを生み出すにはどうするかということなんだけど、しっかり軸足を決めてその足で肩を支点にしたスィングを作る。

その、パワーはあるが大振りのスィングを肘が支点、更に手首が支点となった小手先のコントロール重視のスィングに切り替えていきたいんだけど、ここで重要となるのが腰である。

軸足の床反力をキッカケにした大振りのスィングは腰の回転があるからこそ生まれるんだけど、そのまま腰を最後まで回してしまうと大振りのままだし、何よりスィングが腰の動きに引っ張られて横振りになってしまう。

 

このパワーを生んだ腰の回転を、ビシッとどこかでしっかりと止めることが重要なんだよね。

そしてこの腰の回転が止まったと同時に、今度は肘を支点にしたいわゆる小手先スィングに切り替わるのだ。

ということは、パワーショットとコントロールを融合させるためには腰の回転を上手く止められるかどうか・・・になる。

でも腰の回転をタイミングよく止めるためには、いくつか注意点がある。

まずはバランスをしっかり保つこと。

腰が引けている状態だと、そもそも腰の回転も起こらない。

逆にのけ反り過ぎていると、体が回りすぎてしまうこともある。

それから、腰をビシッと止めるってことは足も決まってないといけない。

 



 

流れとしては、足でパワーを生み、そのパワー系スィングを腰の回転で止めてコントロール系小手先スィングに切り替えるという感じだね。

でも大振りから小手先系に切り替えると、スィングスピードは逆に上がるので、意外とこれをマスターすると更なるパワーアップも期待できる。

足で作ったパワーを腰でコントロールする。

それを腕の振りだけでパワーとコントロールを作ろうとしていると、上手くいかないので気を付けよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?

    ストロークでしっかりスピン回転をかける為に、私は「打ち終わり」の形をし…

  2. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう!

    スライスとトップスピン。試合中、君のストロークはどっちをよく使…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう

    以前にも少し書いたコツ、ですが、ストロークが振り切れない方へ。…

  4. テニス ストローク
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの危機感が大事です

    ジャックナイフというテニスの技術、かつては「テニスの王子様」の漫画の中…

  6. ストローク

    ハーフバウンドのストロークは、低い態勢のままフィニッシュ

    相手のストロークが深くて、自分が下がれない時。こういう時には、…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事
  2. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには・・・?
  3. テニス メンタル

    その他

    インターネットがテニスにもたらしたもの、について考えてみた
  4. アシックス

    テニス知識

    テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来…
PAGE TOP