テニス ストローク

ストローク

ストロークでは、「パワーもコントロールも両方欲しい!!」と思っている人に意識して欲しいこと

ストロークをパワーアップさせたいけど、コントロールが出来なければ意味がない。

何とかコントロール力を落とさずにパワーアップさせる方法は無いのか・・・・って誰もが考えていると思うんだけど、皆、パワーアップさせるためには何を意識しているのか、そしてコントロール力を上げるためには何に気を付けているのか、その両方が分かっていて、両立させればパワーもコントロールも得られるんじゃない?

 

ストロークでは、「パワーもコントロールも両方欲しい!!」と思っている人に意識して欲しいこと

 


 

例えば「もっと速いショットを!!!」って思ったら、当然スィングスピードを上げるよね?

でも腕力だけじゃ力んでしまって、スィングスピードが上がらない。

そこでスィングする時に、最も力を必要とする振り始めのパワーを軸足の床反力で作り出す。

 

 

軸足からもらったその力をキッカケに、まずは肩を支点にしたスィングで振り始めればスィングスピードも上がる。

だけど、そのままだと大振りすぎてスィングにキレがないし、何よりコントロールがしにくい。

逆に「ちゃんとコントロールしなきゃ」と思いながらプレーする時はどうやっているかな?

ミスが続いたり、大事な場面で確実に入れなきゃいけないって時にそういう気持ちでプレーすると思うんだけど、その場合はいわゆる「小手先」でプレーしてしまうでしょ?

大振りは避けて、小さなスィングでラケット面を確実に打ちたい方向へ合わせやすくする打ち方を選んでしまう。

 

もちろんこのやり方はコントロールしやすいけど、肘とか手首を支点にしてしまうからパワーがちょっと足りない。

じゃあ軸足をキッカケにしたパワーと、小手先打ちのコントロールを上手く融合して、パワーはあるけどコントロール力もある打ち方って
出来ないんだろうか?

まず大事なことはパワーを生み出すにはどうするかということなんだけど、しっかり軸足を決めてその足で肩を支点にしたスィングを作る。

その、パワーはあるが大振りのスィングを肘が支点、更に手首が支点となった小手先のコントロール重視のスィングに切り替えていきたいんだけど、ここで重要となるのが腰である。

軸足の床反力をキッカケにした大振りのスィングは腰の回転があるからこそ生まれるんだけど、そのまま腰を最後まで回してしまうと大振りのままだし、何よりスィングが腰の動きに引っ張られて横振りになってしまう。

 

このパワーを生んだ腰の回転を、ビシッとどこかでしっかりと止めることが重要なんだよね。

そしてこの腰の回転が止まったと同時に、今度は肘を支点にしたいわゆる小手先スィングに切り替わるのだ。

ということは、パワーショットとコントロールを融合させるためには腰の回転を上手く止められるかどうか・・・になる。

でも腰の回転をタイミングよく止めるためには、いくつか注意点がある。

まずはバランスをしっかり保つこと。

腰が引けている状態だと、そもそも腰の回転も起こらない。

逆にのけ反り過ぎていると、体が回りすぎてしまうこともある。

それから、腰をビシッと止めるってことは足も決まってないといけない。

 



 

流れとしては、足でパワーを生み、そのパワー系スィングを腰の回転で止めてコントロール系小手先スィングに切り替えるという感じだね。

でも大振りから小手先系に切り替えると、スィングスピードは逆に上がるので、意外とこれをマスターすると更なるパワーアップも期待できる。

足で作ったパワーを腰でコントロールする。

それを腕の振りだけでパワーとコントロールを作ろうとしていると、上手くいかないので気を付けよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡がらない

    ATPファイナルの試合を観ていても、大きく相手に振られた際にはスライス…

  2. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

    ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習…

  3. ストローク

    スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる

    スライスでのストロークが、上手い相手は結構います。ベテランやシ…

  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで肘をたたむような打ち方は、意外と本人は気付かない

    テニスを初めて間もない方、ストロークが最初はこんな感じだったと思います…

  5. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

    試合の中で、相手から深いボールで攻撃される。その時に、つい「何…

  6. ストローク

    人は試合で不安になると、「回転量を増やしたくなって」おかしくなる

    試合でこんな経験、みなさんはありませんか?「どうしても、入れた…

特集記事

  1. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー
  2. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント
  3. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い
  4. テニス シングルス

    フットワーク

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を!
  5. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める
PAGE TOP