テニス リターン

ストローク

テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について

ドロップショットをよく使う。

シングルスの時もそうだけど、ダブルスでもしょっちゅう使っている。

大事なことはもちろんタッチだけど、それだけじゃあドロップショットは成功しない。

 

テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について

 


 

そもそもネット際に打つ訳だから、ドロップショットを打つってことがバレたら、余裕で相手にそれを打ち返されて、逆に悲惨なパターンになる可能性もある。

そのためにも、ドロップショットと対照的なショットを相手に示唆することが出来れば成功しやすい。

 

まずドロップショットと言えばネット際に打つふんわりとしたショットでしょ?

なので、しっかりとした深いショット、強めのショットを打つような雰囲気で相手の意識をネットから背けさせる必要がある。

「ちょっと後ろにさがった方がいいかも」って思わず意識してしまう雰囲気が作れると、そこからネット際にドロップショット打った時に、相手はスタートが遅れるどころか、上手くいけば意表を突かれて一歩も動けなくなることもある。

そういう状況作りがドロップショットには必要なのだ。

じゃあ具体的にどういうショットに思わせるのが有効か。

 

俺が一番よく使うパターンは相手ショットが浅くなった時に、フォアハンドで回り込んで打ち込む・・・と見せかけといてドロップショット。

その時の俺の顔は「さぁ、ガツンと打ち込んでやるぞ!」という形相で、一気にボールに駆け寄り、そのままライジング気味でオープンコートに打ち込む・・・という感じを作る。

いや、ちょっと言い方変えればそのパターンでもそのまま出来るようにするし、本当に打ち込む時も多い。

だからこそ、相手はオープンコートに打ち込まれることを一番に恐れて慌ててディフェンス状態を作るのだ。

そのパターンが一番多いから、俺の場合はフォアハンドストロークでのドロップショットはフォアの打ち込みと同じグリップで打てるようにしている。

 



 

当然タイミングもライジング気味でね。

いちいち打つ瞬間にスライスのグリップに切り替えていたらドロップショットってバレてしまうし、さっきも言ったようにそのまましっかりガツンと打つことも必要だからね。

ドロップショットはスライス系のショット。

だからと言って、スライスのグリップでしか打てないようだと状況作りが難しい。

もちろんスライスで深くしっかり伸びていくショットやロブをちゃんと打っていれば、スライスでも相手はちょっと後ろへ下がってくれるかもしれないけど、ドロップショットで相手に「騙された~!!」って思わせたいんだったら、凄い形相で「打ち込むぞ!!」って感じで突っ込んでいってライジングでシュッとその打ち込みの厚いグリップのまま、ドロップショットに切り替えるパターンにトライしてもらいたいもんだ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

    相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと

    並行陣相手の試合が増えると、必ずこのショットが求められます。ボ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テニスの攻撃の幅が拡が…

    浅いボールをどんどん攻撃していきたいけど、テニスというスポーツはネット…

  4. テニス リターン

    ストローク

    フォアハンドストロークを、しっかり逆クロスに振り切るコツ4つ

    フォアハンドストローク、私はベテラン・シニアの方にも回り込んでいくスタ…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

    クレーコートでも抜群の威力を発揮する、ティエム選手。錦織選手の…

  6. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

    スライスストローク、まだこの重要性に気付いている人は少ない。そ…

特集記事

  1. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
  2. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう
  3. ストローク

    テニスの試合で、「相手のストロークのボールが浅くなる!」ことに気付く為に確認すべ…
  4. テニス チャンス

    戦術

    試合中の自分のリードは、守るんじゃなくて投資に使う
  5. テニス メンタル

    その他

    格上相手に対して、どう「勝負どころ」を設定するのか?の問題について
PAGE TOP