テニス フットワーク

シングルス

レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。

どういう時にドロップボレーを使うか・・・と言うと、まずは相手がベースラインで下がり気味にいると、ネット際にドロップボレーでポトンと落としたくなる。

それからネットより低い位置でボレーをさせられた時、これもドロップボレーを無意識に使ってしまう。

特にネットより低い位置でボレーをさせられた時は、そこからバシッと叩くボレーが打てないので、ゆっくり深く繋ぐかネット際にドロップボレーか・・・の二択となるので、ドロップボレーを使うというより、使わざるを得ない状態である。

 

レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

 


 

ってことは、ストロークを打つ方としては、ネットにいる選手と対峙した時は、ネットより低い場所にショットを集め、そこでドロップボレーを打たせて、それを狙ってネットへ詰めるという作戦が有効となるのだ。

ストローカーがネット前に落とされるドロップボレーを狙って、前へ詰めて来たのがボレーヤーに見えると、ボレーヤーはそこからネット際に落とすパターンを諦めて深く打たないといけない。

そううなった場合は、それをノーバウンドでカットしてしまえばイイでしょ?

ドロップボレーなら前を狙えば良いし、深く打ってきたらダイレクトで狙えばいい。

実際選手達も、このパターンをよく使う。

 

どうしても相手がネットへ出てきたら、パッシングショットでガチンコ勝負をしたくなるけど、ネットプレーヤー対ストローカーの真剣勝負は当然ネットプレーヤーの方がポジション的にも心理面でも有利なんだよね。

そもそもネットへ出てくる選手の目的は、華麗にボレーで決めること以上に、ネットへ出て来たことで相手が慌てて勝負してミスしてくれることが狙いなのである。

そんな期待をしているボレーヤーに対して、スライスとかしっかり回転を多めにかけたアングル系のトップスピンで、ゆっくり時間かけて、ネットより低めの足元へ落とし、それと同時にまるでそのショットのボールにくっついているような感じでネットへ向かっていくパターンをストローカーが選択すると、ボレーヤーはちょっと期待外れ。

カッコよくパスで決めることより地味かもしれないが、これはネットプレーをするものにとっては厄介なパターンなんだよね。

 

そこでボレーヤーが焦ってくれると、ミスも増えてくるし、そういうポイントパターンを持っていると、ショットの難易度もそれほど高くないので自分自身のショットミスも減る。

それから、たまにドーン!ってショットでカッコよくパスを決めるためにも、普段からゆっくりした足元へのショット、

その後にネットダッシュというパターンを有効に使ってもらいたい。

とにかく、ストローカーは自分のショットがちゃんと沈んで、相手がネットより低いところでボレーをする状態を感じたら、

ネットへ向かうという習慣を身に付けてもらいたい。

じゃあネットプレーヤー側としてはそういう対処をされた時は、どうすればイイのだろう?

そんなの簡単。

 



 

ネットより低い位置でボレーをしなければ良い。

相手がどんなに低めのストロークを打ってきても、ネットを超える瞬間は間違いなくネットより高いんだから、スライスとかでスーっと低めのショットを打ってきても、絶対その場で待たずに一気にネットへ突っ込んでもらいたい。

そうすればネット超える瞬間、ネットより高い位置で攻撃的なボレーを打てるようになるよ。

それだけじゃなく、ボールを迎えに行くことで早いタイミングのボレーをすることが出来るので相手がネットに詰める時間与えずに済む。

このネットプレーのパターンも、普段からしっかり練習しておかないと、足元&ダッシュのストローカーパターンに苦しむことになってしまうので要注意。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. シングルス

    攻撃でも守備でも無い、その質は?

    現在、YouTubeで実施している企画、岩井選手の全日本への挑戦。…

  2. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

    テニスの試合は、ダブルス中心。私の肌感覚では、T-PRESS読…

  3. テニス ストローク
  4. シングルス

    相手にメッセージを送り続けるのがテニスの試合

    テニスの試合が楽しい、と思えるようになる瞬間って、あります。…

  5. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

    今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。…

  6. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

特集記事

  1. 練習メニュー

    練習メニュー

    テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要で…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実
  4. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」で…
  5. ダブルス

    並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画
PAGE TOP