テニス フットワーク

シングルス

レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。

どういう時にドロップボレーを使うか・・・と言うと、まずは相手がベースラインで下がり気味にいると、ネット際にドロップボレーでポトンと落としたくなる。

それからネットより低い位置でボレーをさせられた時、これもドロップボレーを無意識に使ってしまう。

特にネットより低い位置でボレーをさせられた時は、そこからバシッと叩くボレーが打てないので、ゆっくり深く繋ぐかネット際にドロップボレーか・・・の二択となるので、ドロップボレーを使うというより、使わざるを得ない状態である。

 

レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

 


 

ってことは、ストロークを打つ方としては、ネットにいる選手と対峙した時は、ネットより低い場所にショットを集め、そこでドロップボレーを打たせて、それを狙ってネットへ詰めるという作戦が有効となるのだ。

ストローカーがネット前に落とされるドロップボレーを狙って、前へ詰めて来たのがボレーヤーに見えると、ボレーヤーはそこからネット際に落とすパターンを諦めて深く打たないといけない。

そううなった場合は、それをノーバウンドでカットしてしまえばイイでしょ?

ドロップボレーなら前を狙えば良いし、深く打ってきたらダイレクトで狙えばいい。

実際選手達も、このパターンをよく使う。

 

どうしても相手がネットへ出てきたら、パッシングショットでガチンコ勝負をしたくなるけど、ネットプレーヤー対ストローカーの真剣勝負は当然ネットプレーヤーの方がポジション的にも心理面でも有利なんだよね。

そもそもネットへ出てくる選手の目的は、華麗にボレーで決めること以上に、ネットへ出て来たことで相手が慌てて勝負してミスしてくれることが狙いなのである。

そんな期待をしているボレーヤーに対して、スライスとかしっかり回転を多めにかけたアングル系のトップスピンで、ゆっくり時間かけて、ネットより低めの足元へ落とし、それと同時にまるでそのショットのボールにくっついているような感じでネットへ向かっていくパターンをストローカーが選択すると、ボレーヤーはちょっと期待外れ。

カッコよくパスで決めることより地味かもしれないが、これはネットプレーをするものにとっては厄介なパターンなんだよね。

 

そこでボレーヤーが焦ってくれると、ミスも増えてくるし、そういうポイントパターンを持っていると、ショットの難易度もそれほど高くないので自分自身のショットミスも減る。

それから、たまにドーン!ってショットでカッコよくパスを決めるためにも、普段からゆっくりした足元へのショット、

その後にネットダッシュというパターンを有効に使ってもらいたい。

とにかく、ストローカーは自分のショットがちゃんと沈んで、相手がネットより低いところでボレーをする状態を感じたら、

ネットへ向かうという習慣を身に付けてもらいたい。

じゃあネットプレーヤー側としてはそういう対処をされた時は、どうすればイイのだろう?

そんなの簡単。

 



 

ネットより低い位置でボレーをしなければ良い。

相手がどんなに低めのストロークを打ってきても、ネットを超える瞬間は間違いなくネットより高いんだから、スライスとかでスーっと低めのショットを打ってきても、絶対その場で待たずに一気にネットへ突っ込んでもらいたい。

そうすればネット超える瞬間、ネットより高い位置で攻撃的なボレーを打てるようになるよ。

それだけじゃなく、ボールを迎えに行くことで早いタイミングのボレーをすることが出来るので相手がネットに詰める時間与えずに済む。

このネットプレーのパターンも、普段からしっかり練習しておかないと、足元&ダッシュのストローカーパターンに苦しむことになってしまうので要注意。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意…

  2. テニス 試合
  3. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン

    シングルスの試合、ただ打ち合うだけで戦術とか無理・・・という方。…

  6. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認!

    シングルスの試合は、どうプレーして良いのか分からない・・・という初中級…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?
  3. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる
  4. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします
PAGE TOP