シングルス

相手にメッセージを送り続けるのがテニスの試合

テニスの試合が楽しい、と思えるようになる瞬間って、あります。

それは、私の感覚で言えば「相手と会話出来るようになる」ような感じ。

テニスの試合はボールを打ち合いながら、常に相手にメッセージを送り続ける。

相手からも、送られ続ける。

これに慣れて来ると、駆け引きが生まれて試合が楽しくなる。

シングルスの試合では、そのメッセージのやり取りが1対1ですから。

避けては通れない、と私は思います。

女子シングルスの動画の中でも、似たような解説が土居コーチからありましたのでぜひコチラの動画も参考にしてみて下さい。

動画はコチラ

ボールは口ほどにモノを言う

ただ何となくラリーしていても…きっと、テニスってこうだと思うんです。

「何だかあの人、今日は機嫌良さそうだな…」

「今日はすごく怒ってるな…何かあったのかな…」

ということを感じる経験は、みなさんもあると思います。

ボールって、その人の言葉以上に何かを表現してますからね。

テニスの試合でも一緒です。

シングルスの試合ではよく「お互いにミス待ち」な場面ってありますよね。

山なりなボールでお互いにずっと、同じような軌道でラリーし合ってなかなかポイントが終わらない。

もうこれは、「お願いだから先にミスして…!」という声が聞こえて来ますよね。

と同時に、「絶対に負けたくない!」という声も聞こえて来そうです。

こういう声を、みなさん自身しっかり感じて受け止めて、そして自分から何かを送り返す。

それが、テニスの試合でのラリーだと思います。

アナタがそう来るなら…

試合の中で、何か流れを変えていくときに、こう考えるはずです。

「アナタがそう来るなら、自分は…」と。

粘り合いを打破したいなら、「アナタがミス待ちなら、私はミスしてでも攻める!」かも知れないし、「とことん付き合うよ!」かも知れないですね。

会話風に言葉にしてみると、頭も整理出来ます。

相手だって、生身の人間ですから。

粘り合いだって苦しい、色々な心境の変化があるはずなんです。

そういう見えないモノを、ラリーの中から読み取っていく。

これが楽しいと思えたら、きっと試合にも自然と勝てるようになるでしょう。

「話しかける言葉」を用意する

会話ですから、最初が肝心。

「このボールって、どうですか?」という話かける言葉を、みなさんはどの程度持ってますか?

この種類って大事です。

いきなり大声で話しかけるのは会話じゃないですよね。

まずは今日の天気でも、健康のことでも何でも良い。

「この深さのボールって、どう処理します?」と聞いてみるのが、そのまま良い攻撃のきっかけになるはず。

バックハンドの高い打点、浅いボール、ネットプレーも良いですね。

どんどん相手に質問していく、話しかけるようにメッセージを送っていく。

そうこうしているうちに、相手のことが分かるようになるでしょう。

あくまで「話しかける言葉」ですから、きっかけでしかありません。

でもそのきっかけこそ、テニスの試合では大事。

そこから徐々に、相手から言葉を引き出して本格的に会話して、最後は論破する。

テニスの試合でメッセージ、送れてますか?

そして相手からのメッセージも、受け取れてますか?

こんな風に考えると、試合も客観的に気楽に臨めるはずです。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. + POWER CUP について
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 準備
  2. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる

    テニスにおけるシングルスの試合では、あるデータの傾向があります。…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技…

    シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず、こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 序盤

    日々の雑記

    「何が足りないか?何が通用しないのか?」を、最近考えました?
  2. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される
  3. フットワーク

    試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?
PAGE TOP