テニス スポーツ

シングルス

シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しがちなもの。

テニスの調子が上がらないと自分のことだけで頭が一杯になり、崩れて負けてしまうこと、ありますよね。

試合に強い、勝ち抜いていく人は、自分よりも相手を常に意識している。

テニスという競技の特徴から、改めて見直してみましょう。

 

シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

 


 

1.自分のテニスをすれば、それで良い?

テニスは相手とネットを挟んで向かい合い、闘う競技。

ルール上は、ざっくり言うと、ボールを返球できなかった方が失点となります。

そう考えると、相手が返球できないような攻撃を続けられればベストですが、それは余りにハイリスク。

同じ大会に出ている訳ですから、そんな実力差は無いと考えると、相手の特徴を把握してローリスクに試合を進めるのが吉。

このローリスクで堅実なテニスこそ、アナタのテニスのベースとなるもの。

よくハイリスクでたまにしか入らないショットを自分のテニスと勘違いしている方もいますが、試合で勝てないのは明白です。

 

2.オールラウンドなテニスプレーヤーは、腕利きの料理人

いかにローリスクなテニスができても、レベルが上がれば相手から攻撃されます。

自分からも攻撃は継続しなければ、勝ち切ることは出来ません。

私が考えるテニスのオールラウンドプレーヤーは、料理人に近い。

自分の技術で相手という食材を、まさに料理していく。

その為には、自分の技術、用意した調味料は把握したうえで自信を持って厨房、いやテニスコートに立たなければなりません。

食材という対戦相手としっかり向き合う為に、試合前から闘いは始まっているのです。

 

3.自分を知る準備、修正する現場力

自分を知るには、可視化が一番です。

活字にし、動画をチェックしたうえで、足りない技術を磨く練習を積む。

社会人の方は部活の学生と違い練習時間は極端に短くなりますから、効率化は不可欠。

テニスコート以外での時間を、大切に過ごす工夫をしましょう。

また、「大人」のテニスの見せどころはその修正力。

自分自身の調子が悪い時に、どういう手順で修正していくのか、アナタ自身で準備しておく必要があります。

ストロークであれば、ラケットをゆっくり振る、足を動かす、深呼吸をする・・・など、具体的に用意しておきましょう。

 

シングルスで、格上相手に勝つには徹底してこの「相手を知り、料理する」という手順が必要になります。

もちろんそこには、ベースとなるローリスクでディフェンシブなテニスが必要。

厳しいです、体力もいります、頭脳もフル回転です。

試合で勝つには、こういった過程を楽しめるようにならなければなりません。

覚悟を決めて、さぁ、シード選手を倒しにいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い

    シングルスの試合、にチャレンジしているみなさん。きっと、ダブル…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

    格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。序盤を…

  5. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

    最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。それでも…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう

    シングルスの試合で、相手がガンガン前に出て来るタイプだったら・・・どう…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス フットワーク

    戦術

    「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない
  2. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを…
  4. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント
  5. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない
PAGE TOP