テニス スポーツ

シングルス

シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しがちなもの。

テニスの調子が上がらないと自分のことだけで頭が一杯になり、崩れて負けてしまうこと、ありますよね。

試合に強い、勝ち抜いていく人は、自分よりも相手を常に意識している。

テニスという競技の特徴から、改めて見直してみましょう。

 

シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

 


 

1.自分のテニスをすれば、それで良い?

テニスは相手とネットを挟んで向かい合い、闘う競技。

ルール上は、ざっくり言うと、ボールを返球できなかった方が失点となります。

そう考えると、相手が返球できないような攻撃を続けられればベストですが、それは余りにハイリスク。

同じ大会に出ている訳ですから、そんな実力差は無いと考えると、相手の特徴を把握してローリスクに試合を進めるのが吉。

このローリスクで堅実なテニスこそ、アナタのテニスのベースとなるもの。

よくハイリスクでたまにしか入らないショットを自分のテニスと勘違いしている方もいますが、試合で勝てないのは明白です。

 

2.オールラウンドなテニスプレーヤーは、腕利きの料理人

いかにローリスクなテニスができても、レベルが上がれば相手から攻撃されます。

自分からも攻撃は継続しなければ、勝ち切ることは出来ません。

私が考えるテニスのオールラウンドプレーヤーは、料理人に近い。

自分の技術で相手という食材を、まさに料理していく。

その為には、自分の技術、用意した調味料は把握したうえで自信を持って厨房、いやテニスコートに立たなければなりません。

食材という対戦相手としっかり向き合う為に、試合前から闘いは始まっているのです。

 

3.自分を知る準備、修正する現場力

自分を知るには、可視化が一番です。

活字にし、動画をチェックしたうえで、足りない技術を磨く練習を積む。

社会人の方は部活の学生と違い練習時間は極端に短くなりますから、効率化は不可欠。

テニスコート以外での時間を、大切に過ごす工夫をしましょう。

また、「大人」のテニスの見せどころはその修正力。

自分自身の調子が悪い時に、どういう手順で修正していくのか、アナタ自身で準備しておく必要があります。

ストロークであれば、ラケットをゆっくり振る、足を動かす、深呼吸をする・・・など、具体的に用意しておきましょう。

 

シングルスで、格上相手に勝つには徹底してこの「相手を知り、料理する」という手順が必要になります。

もちろんそこには、ベースとなるローリスクでディフェンシブなテニスが必要。

厳しいです、体力もいります、頭脳もフル回転です。

試合で勝つには、こういった過程を楽しめるようにならなければなりません。

覚悟を決めて、さぁ、シード選手を倒しにいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 【学生限定 先着順!東京都練馬区開催】1,000円で3試合できる T-PRESS…
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス 準備

    シングルス

    長い試合と覚悟を決めて、テニスのシングルスの試合で準備しておきたいグッズ10選

    テニスの実力って、技術力+準備力。もちろんスタミナや、現場での…

  2. シングルス

    久々にシングルスを戦って感じたこと

    先日、久しぶりにシングルスの試合に出てきました!と言っても、…

  3. テニス 攻撃

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは?

    テニスをはじめ、ネットを挟んで対戦するスポーツのほとんどは。「相手のい…

  4. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」

    とにかく今すぐ、シングルスの試合に勝ちたい!と思っているみなさ…

  6. シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ

    シングルスの試合、みなさんも出たり観たり、たくさんして来たと思います…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5…
  2. テニス 試合

    メンタル

    試合に勝てない人は、相手に付け込む隙を与えている
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来…
  4. メンタル

    伸び悩みの時期、は必ず終わります
  5. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について
PAGE TOP