テニス センス

メンタル

テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

私自身、テニスは好きですが、嫌いなところもあります。

それは、選手の過去の実績を「重視し過ぎてしまう」傾向にあること。

確かにシード選手は実績を考慮して決まりますし、成し遂げてきたことは賞賛されるべき。

ですが一番、大事なのは今何が出来るか、何をしているか、ということ。

どんなに栄光に輝く話でも、過去の話は生産性が低いのです。

 

テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

 


 

■「一度成績を残した」ことで満足してしまう選手たち

部活やサークルにも、たくさんの実績がある選手はいていい。

ですが、いつまでも自分の過去の最高成績を意識し過ぎて、「現状に満足していないフリ」をしている人がテニス界には多い。

試合に負けても、「俺はあいつより実績があるから」と言って、訳の分からない負け惜しみをしている。

調子が悪い、なんて関係ない。

あるのは今現場で、アナタが試合に負けたという事実だけ、なのです。

 

■実績を重視する人は、貪欲さに欠ける

例えばアナタがテニスを始めて間もない、1年未満の初心者だったとします。

もちろん試合で勝つことは難しい、のですが、それでも向かっていけるメンタルと準備があれば何が起きるか分からない。

「実績重視」の人は、御多聞に漏れず相手の情報収集にも余念が無い。

技術的な情報ならぜひ集めて欲しいのですが、「○○大会 優勝」なんてのを見つけてしまうと、もう気持ちが引いてしまう。

勝てる試合かも知れないのに、自分から捨ててしまう人が多い。

そんなテニス界の雰囲気が、私は嫌いです。

嫌いというか、もったいない。

もっともっと、みんなチャレンジして上の選手に向かっていけば良いのに、どこか階級社会のような雰囲気すら、ありませんんか?

 

■「実績はあくまで実績」今現在の情報を、優先しよう!

実績はあくまで実績。

過去と今では、相手も違います。

ですからアナタがすべきことは、今目の前にいる選手をしっかり自分なりに分析して、試合に勝つ方法を見出すこと。

必死になっても勝てる可能性は僅かかも知れません。

ですが一度、諦めずに試合をしてみて下さい。

きっと、「何とかやれそうだな・・・」という感覚、分かるはずです。

そうなると、次からもしっかりと強い相手、実績のある相手にも向かっていけますよね。

 

こういう小さなチャレンジは、準備と勇気が要ります。

まずは自分自身に約束しましょう。

実績は考え過ぎない、目の前の相手に勝つことにしっかり、全力を尽くす。

その為には、普段から周りの選手に対して、「先入観」を持つのはやめましょう。

いつも新鮮な気持ちで、観察してみて下さい。

この意識一つで、きっと勝ち上がれる大会がテニスでは増えるはずです!

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. メンタル

    相手の安い挑発に乗って一人相撲、負けますよそりゃ

    テニスの試合って、感情的になりやすい。何ででしょうね、ネットで…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?

    「もしもあのサーブが入っていれば・・・」「あのポイントでポーチ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

    どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。ネッ…

  4. テニス テニスノート

    メンタル

    アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?

    テニスノート、皆さん・・・書けてますか?もちろん書いておくこと…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止めよう

    テニスの大会は、ほぼ全てトーナメント形式。ということは、どんど…

  6. テニス 試合

    メンタル

    テニス選手がイップスに悩まされるのは、「真剣勝負を重ねた」結果だと私は思います

    テニスの試合で緊張でラケットが振れなくなる、グリップが握れなくなる。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について
  2. テニス ラケット

    ボレー

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ
  3. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よ…
  5. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
PAGE TOP