テニス メンタル

メンタル

試合中にメンタルの乱れを防ぐ、「考えろ・・・」という指示出しのポーズを自分で作っておくと有効です

テニスの試合に出ていれば、感情的になることもあります。

相手のジャッジが汚い、応援がえげつない、長年のライバル関係にある選手との対戦・・・。

その感情のコントロールもまた、テニスの試合を勝ちぬいていくうえで必要なスキルになってきます。

言葉で言うと簡単ですが、テニスに限らず感情のコントロールは本当に難しい。

何か具体的な対策、アナタの中にありますか?

 

試合中にメンタルの乱れを防ぐ、「考えろ・・・」という指示出しのポーズを自分で作っておくと有効です

 


 

■プロ選手は、自分のポーズを持っているから強い

人に見られることが職業の選手は、感情のコントロールがそのまま自分自身のイメージ作りになります。

だからこそ、そこには細心の注意を払う訳ですが、その意識は大会に出るアナタ自身にも必要です。

何か「ポーズ」を考えて、ルーティン化してみませんか?

ガットを直す、靴ひもを結ぶ等、相手にばれないような自然な行為が良いですね。

「落ち着け・・・」では余計に焦ってしまいますので、まず「考えろ・・・」と自分の中で問いかける。

考えれば、何かの結論が出て冷静さを取り戻せます。

「落ち着け・・・」では、どこか追い詰められているような感じが否めない。

ちょっとした言葉の違いですが、ぜひ試してみて下さい。

 

■雄叫びを上げたり、派手なガッツポーズはメンタルが弱い証拠

よく試合会場で大声を出している選手がいますが、ずーっと試合中、その一定のリズムで頑張るのはしんどい。

ポイント、ポイントで、全て計算したうえでの声だしやガッツポーズであれば私もやりますが、毎回やっているのでは体力の無駄。

むしろメンタルの弱さをそこでカバーしようとしていて、どこか頼りない。

大声を出すことに慣れてしまうと、人は思考を停止してしまうようにも思います。

自分の世界観の中で、相手にどう見せていくのか

常に意識してみることで、テニスの試合に強いメンタルを養うことが出来るでしょう。

 

■試合中に考えて実行に移せる力こそ、テニスに求められるメンタル力

メンタルが強い、弱いといった表現をテニスの世界ではよく使います。

スポーツについては何でも当てはまるかも知れませんが、これほど抽象的で言葉だけが先行しているのも珍しい。

私が考える「メンタル力」とは、「試合中に、現場で冷静に考えて、何かを実行に移せる力」だと思います。

テニスは調子の良し悪し、相手との駆け引き、相性等、様々な要素が組み合わさり試合が動いていきます

「考える」というルーティンを自然にできている選手は強い、挽回できる。

アナタも、「元々そんな性格でもないし・・・」などと決めつけるのではなく、ルーティンとして組み込めないかを考えましょう。

チェンジコートでテニスノートを確認する、ポイント間で時間を作る、ダブルスであればコミュニケーションをどう取るかを話し合う。

出来ることは、たくさんあります。

 

漫画「ベイビーステップ」の影響もあり、考えるスポーツとしての「テニス」の認知は高まってきたように思います。

「考えてゆっくりのテニス、どこかかっこ悪い」と考えている、学生の皆さん。

一言で言えば、もったいない、です。

勝てるテニスに変えていくには、自分自身で試合中から考えて行動を変えていくことが不可欠。

その為に、まずは日々のテニスノートを見返していける環境から作っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. メンタル

    ハッキリとした負け、でしか見えてこないものがある

    みなさんにとって、必要なもの。厳しく苦しいですが、意外とテニス…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にしたい

    いつものテニスの練習、皆さんはどんなメンバーで行っていますか?…

  3. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす

    テニスの試合、つい焦ってしまう場面。それって、デュースが何回も…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

  5. メンタル

    コードボールは、決してラッキーや偶然なんかじゃない

    テニスボールは、とても正直。私は、また最近そう感じています。…

  6. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ

    コツコツ練習を続けて、試合も出ているけど、テニスが上達しない。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない
  2. テニス 計算

    戦術

    テニス選手として、研究されてからが本当の勝負
  3. テニス 戦術

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドロップショットとロブボレー」の黄金の組み合わ…
  4. テニス 準備

    練習メニュー

    「練習の為の練習」しか出来ないテニス選手が、日本には多すぎ
  5. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでい…
PAGE TOP