テニス フットワーク

ストローク

テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・・・」人に贈る対策とは?

相手のバックハンド側を狙って試合を展開しているのに、なぜか回り込まれて逆に攻撃されてしまう。

そんな感覚に陥っている人、いませんか?

ただバック側を狙っておいて勝てるのは、初中級の相手まで。

上のレベル相手に勝っていくには、そこに一工夫を加えたテニスが必要なのです。

 

テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・・・」人に贈る対策とは?

 


 

■バックハンドを狙うのは常套手段、相手も分かっている

もしアナタが試合にたくさん出ている選手であれば、分かっているはずです。

テニスの絶対的原則は、相手のバックハンド側を狙うこと。

リーチも短く、安定感にも乏しいバックハンドにボールを集めてチャンスを引き出す作戦は、プロ選手でも実践する常套手段です。

当然、相手も対策をしっかり練ってくる。

攻撃的なフォアハンドで、しっかりバック側を攻撃していきたいですよね。

でもしっかり狙っているつもりでも、フォアハンドで回り込まれて逆にバック側を攻撃されて窮地に陥ること、試合の中でありませんか?

これを打破するには、2つのポイントが重要になってきます。

 

■バックハンドを狙うには、ときにフォアハンド側にも打って相手のポジションを変える必要が有る

バックハンド側ばかりにボールを集めていては、相手もポジションをずらしてバック側をカバーします。

そこで空いてくるフォアハンド側のスペースも、しっかり突いておく必要があること、アナタは気付いていますか?

しっかりフォア側にも打っていく姿勢をたまに見せておくことで、相手も迷うしポジションがセンター寄りになる。

バカの一つ覚えみたいにバック側ばかりにボールを集めている相手ほど、やりやすい相手はいません。

意地になってバック側に集めようとして、サイドアウトしてしまうのももったいない。

しっかり相手のポジションを把握して、自分から動かして調整できるように意識しましょう。

 

■深さは必要無く、必要なのは適度な浅さ!

深いボールほど、時間があるから回り込みやすい。

適度に浅いボールは、フォアハンドに回り込むのは難しい。

この原則を、しっかり理解しましょう。

ドロップショットのように、厳しいショットは必要ありません。

サービスライン附近にバウンドするくらいで充分です。

相手を前に動かしながら、しっかりバックハンドの低い打点でストロークを打たせることができれば、大成功。

そこからアプローチしてこないようであれば、フォアハンドの深い位置にもオープンスペースが出来ているはず。

特に両手バックハンドストロークを得意にする選手は、こういった浅いボールを苦手にする傾向にあります。

深いボールであれば、しっかり高く弾ませたい

ぜひ、使って相手のバックハンドを攻めていきましょう!

 

アナタの打つフォーム、しっかりコースを隠せていますか?

コースの打ち分けはただ「打てればOK」なのではなく、相手に「ばれていない」ことが大事になります。

特に上のレベルになれば、その読み合いは高度になります。

ぜひ、相手もバックハンド側を攻撃する際にも、「フォア側にも打てるよ!」というアピールを、速いテイクバックから意識してみて下さい。

 

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

  2. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから

    テニスを始めたばかりのころは、楽しくて仕方なかったフォアハンドストロー…

  3. テニス サイト

    ストローク

    ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?

    ウォーミングアップで行うショートラリー。これ、正直苦手という人…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに…

    試合の緊張する場面では、ストロークが急に崩れてしまったりしてパニックに…

  5. テニス リターン

    ストローク

    低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る

    「上手い!」と思わずうなってしまうような、コントロールショット。…

  6. テニス ロブ

    ストローク

    つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

    「分かっちゃいるけど・・・」だと思います。実際に試合では、打ち…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に
  2. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?
  3. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本
  4. テニス メンタル

    戦術

    「省エネテニス」に必要なテニスの試合でのボールスピード、コースのコントロール術
  5. テニス 栄養

    テニス知識

    テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
PAGE TOP