テニス ストローク

ストローク

チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と決別しよう!

攻撃の手を緩めずに、相手からポイントを奪取する。

誰でもテニスはこういう展開で攻撃して、試合を勝利で終わらせたいですよね。

でも・・・今回アンケートにご回答頂いた方の中でも多くが、「チャンスでミスをしてしまいます・・・」という悩みを抱えているようです。

もう、「チャンス」という言葉、この世から無くしてしまいませんか?

 

チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と決別しよう!

 


 

■テニスの試合において、「チャンスボール」なんて無い

テニスはラリー自体を止めることが出来ない。

止めれば失点になりますから、常に打ち合いの中で相手を攻撃していくスポーツです。

そう考えると、「チャンス」って本当は無いのかも知れない。

自分が打たなければ失点しますし、相手がしっかり構えているのであればネット近くのボールでも決めるのは難しい。

ましてやコートの後方からストロークで・・・なんて、チャンスになっている訳が無いんです。

 

■メニューの説明で「チャンスボールから・・・」という、テニスコーチの説明には注意が必要

いつの間に私たちは、「チャンス」だと認識してしまうんでしょうか?

例えばテニススクール。

何気なくテニスコーチが、「この練習は、まずチャンスボールを打ったところから始めて・・・」みたいな説明、受けること多いですよね。

これって、悪い意味での刷り込み効果が大きい。

「あぁ、山なりでゆっくりしたボールは、チャンスなんだ」と、初心者の頃から思ってしまう。

それってすごく危険。

試合に出ている選手の皆さんであれば、きっとその違和感に気付くはずです。

 

■「チャンスを決める」のではなく、「相手にチャンスを与えない」で充分

では、「甘いボールは、攻撃してはいけないの?」と思う方も多いでしょう。

それは違います。

しっかり攻撃はしていくんですが、それは「チャンスを決める」というよりも「相手にチャンスを与えない」くらいのレベルで充分。

そうすればストロークで力が入ってふかしてしまうことも少なくなり、適度な攻撃力で展開して「結果的に、ポイントが決まる」という感じになるでしょう。

チャンスという言葉から自分は決別する、という意識が大事です。

 

相手を攻撃させない、くらいの攻撃を意識すると、実はテニスはすごく楽になる。

深いボール、バックハンドに集める攻撃、で実は充分に相手に効いていることも多いんです。

その為には、まず高い軌道で深さを出して、回転量を多くしてバウンド後に伸びるストロークが欲しいですよね。

それなのに無理に強引なショットを繰り出して、ふかして自滅する人はもったいない。

「チャンス」なんてテニスの試合では無い。

くらいに覚悟を決めて、自分の攻撃スタイルを見直してみましょう。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう!

    スライスとトップスピン。試合中、君のストロークはどっちをよく使…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻すことを意識しましょう…

    ストロークで実力差があると、どうしても受け身になって「走らされる」こと…

  3. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!

    女性の方で、ココ苦戦している方多いですよね。高い打点の、両手バ…

  4. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について

    バックハンドストローク苦手だったので、バックが苦手な人を見分けるのが得…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出…

    しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を…

  6. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピンを練習しよう!

    高い打点で打てるストロークは、テニスの試合では攻撃的にいきたい技術。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと
  3. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい
  4. 素振り

    テニス知識

    「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
PAGE TOP