テニス ストローク

ストローク

チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と決別しよう!

攻撃の手を緩めずに、相手からポイントを奪取する。

誰でもテニスはこういう展開で攻撃して、試合を勝利で終わらせたいですよね。

でも・・・今回アンケートにご回答頂いた方の中でも多くが、「チャンスでミスをしてしまいます・・・」という悩みを抱えているようです。

もう、「チャンス」という言葉、この世から無くしてしまいませんか?

 

チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と決別しよう!

 


 

■テニスの試合において、「チャンスボール」なんて無い

テニスはラリー自体を止めることが出来ない。

止めれば失点になりますから、常に打ち合いの中で相手を攻撃していくスポーツです。

そう考えると、「チャンス」って本当は無いのかも知れない。

自分が打たなければ失点しますし、相手がしっかり構えているのであればネット近くのボールでも決めるのは難しい。

ましてやコートの後方からストロークで・・・なんて、チャンスになっている訳が無いんです。

 

■メニューの説明で「チャンスボールから・・・」という、テニスコーチの説明には注意が必要

いつの間に私たちは、「チャンス」だと認識してしまうんでしょうか?

例えばテニススクール。

何気なくテニスコーチが、「この練習は、まずチャンスボールを打ったところから始めて・・・」みたいな説明、受けること多いですよね。

これって、悪い意味での刷り込み効果が大きい。

「あぁ、山なりでゆっくりしたボールは、チャンスなんだ」と、初心者の頃から思ってしまう。

それってすごく危険。

試合に出ている選手の皆さんであれば、きっとその違和感に気付くはずです。

 

■「チャンスを決める」のではなく、「相手にチャンスを与えない」で充分

では、「甘いボールは、攻撃してはいけないの?」と思う方も多いでしょう。

それは違います。

しっかり攻撃はしていくんですが、それは「チャンスを決める」というよりも「相手にチャンスを与えない」くらいのレベルで充分。

そうすればストロークで力が入ってふかしてしまうことも少なくなり、適度な攻撃力で展開して「結果的に、ポイントが決まる」という感じになるでしょう。

チャンスという言葉から自分は決別する、という意識が大事です。

 

相手を攻撃させない、くらいの攻撃を意識すると、実はテニスはすごく楽になる。

深いボール、バックハンドに集める攻撃、で実は充分に相手に効いていることも多いんです。

その為には、まず高い軌道で深さを出して、回転量を多くしてバウンド後に伸びるストロークが欲しいですよね。

それなのに無理に強引なショットを繰り出して、ふかして自滅する人はもったいない。

「チャンス」なんてテニスの試合では無い。

くらいに覚悟を決めて、自分の攻撃スタイルを見直してみましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由

    「身体、開いてるよ!」と、ストロークのときに指摘される方。日本…

  2. テニス リターン
  3. テニス ソフトテニス
  4. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識したいポイントとは?

    今までこのサイトでは、基本的に右利きの方の視点で記事を書かせて頂いてい…

  5. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

    浅いボールを追いかけて、少し余裕がある場面。こういう時には、積…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?

    全仏オープンの試合を観ていると、強烈なスピンのストロークは本当に厄介。…

特集記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには・・・?
  2. ダブルス

    前衛に必要な、「感じる力」
  3. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、人は?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    逆境に燃える心は、テニスコートだけでは養えない
PAGE TOP