テニス ストローク

ストローク

硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡がらない

ATPファイナルの試合を観ていても、大きく相手に振られた際にはスライスで凌ぐ。

そこから攻撃され続けるかも知れないけど、しっかり一本凌ぐことが、相手のミスを誘うことにも繋がります。

つい、派手なショットに隠れて見落とされがちですが、このスライスでしっかり後ろから凌ぐ技術は、テニスの試合を勝つうえで必須のスキルになります。

 

硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡がらない

 


 

■スライスは、時間を稼いで守備範囲を広げる魔法のショット

スライスで粘るなんて、何だかかっこ悪い・・・」と思う学生の方もいるかも知れません。

確かに、粘りだけで試合は勝てません。

でも相手の攻撃を「イーブンに戻す」この魔法のショットが使えなければ、格下相手には勝てても実力で上回る相手に勝つことは出来ません。

なぜなら、スライスが打てないと相手の良いショットに対して、無理するような攻撃しかできないから。

テニスでは、全体の守備力が試合の勝敗を大きく左右します。

 

■学生の皆さんにこそ、このスライスを覚えて試合で使って欲しい

コツはラケットヘッドをしっかり立てて、出来るだけボールの横を捉えるように打つこと。

こうすることで、山なりではなく直線的に飛んで相手に攻撃されないボールで返球することができます。

「つなげよう」という意識が強いと、山なりで相手のチャンスボールになりがちですので、しっかりと深さを出すよう意識すること。

その為には、フォロースルーをしっかり前に出して、横向きのままで打ち終わること。

丁寧なプレーを心掛ければ、ボールに良い回転が伝わって相手にとって嫌らしい返球になるはずです。

 

■プロ選手のフットワーク、主に歩幅に注目!

プロ選手の試合を観ていると、そのフットワークは非常に参考になります

最初に大きなストライドで走り、その後最後に細かくステップを合せていく。

クレーコートやオムニコートであれば、足を滑らせながら打つ機会も多くなってきます。

出来るだけボールの「後ろ側」に入るように、意識して動きましょう。

「横」に入るだけでは、抑えの効いたスライスショットを打つのは難しくなります。

 

もしアナタが攻撃の側に立った時には、このスライスをぜひノーバウンドでボレーしたい

ベースラインまで落としてしまうと、せっかく相手を動かしているのに戻る時間を稼がれてしまいます。

そう、スライスで凌ぐ相手の間を見極めて、前にいく勇気を持ちましょう

この部分での駆け引きも、ぜひ試合の中で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう

    高い打点と低い打点。皆さんはどんな打ち方で、ストロークを対応し…

  2. テニス シングルス

    ストローク

    初心者の方のストロークを安定させる、「正しい打点への入り方」を再確認してみましょう

    この春からテニスを始めた皆さんも、少しずつ練習にも慣れてきたはず。…

  3. ストローク

    ドロップショットを確実に決める!為に必要な4つのポイント

    何度か記事で書いてきた、「ドロップショットの必要性」について。…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    ダブルスでネットプレイヤーに対抗するには、「突き球のストローク」は必要不可欠な技術です

    今まで、どちらかと言えばネットプレイヤーに対してはいかに「足元に遅いボ…

  5. テニス 練習
  6. ストローク

    バックハンド狙い、を成功させたいなら…?

    とにかく、相手のバック側を狙う。これは、テニスの試合では大原…

特集記事

  1. リターン

    相手の前衛の、どこを見極めるのか?
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる
  4. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」
  5. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?
PAGE TOP