テニス サーブ

サーブ

試合でサーブが安定しない・・・と感じている人の問題点は、「軌道が低くて直線的」なケースがほとんどです

サーブは攻撃的にいきたいけど、まずは安定しないと試合にならない。

入れることで精いっぱいになっているうちは、どんなテニスのゲームプランを立ててもそれどころではありませんよね。

今の技術、サーブの打ち方でも、まずはボールの軌道の意識を変えることで、安定性はアップします。

試合でサーブが安定しない・・・と感じている人の問題点は、「軌道が低くて直線的」なケースがほとんどです

 


 

■プロ選手のファーストサーブは参考にしない!

テレビや動画で観ていると、直線的で速いサーブがどんどん打ち込まれていく。

つい自分も打ちたい・・・と思いがちですが、むしろ注目すべきはセカンドサーブ

テレビで観ると分かり辛いですが、実際はネットの約1メートル上を通過しているサーブがほとんどなのです。

そう、プロ選手でも「山なり」の軌道のサーブが主軸となっている。

もちろん回転量をしっかりかけているからこそ、あれだけの威力でリターン側にもプレッシャーを与えている訳ですが、この軌道のイメージはアナタにとっても有効です。

 

■「上に抜けていく」ような感覚が、サーブを打った瞬間にありますか?

サーブは下に向かって打っても入りません。

むしろ、しっかりと「上」に抜けていくようなイメージで打つことが大切。

そのポイントは、ラケットが上に振り出されている過程の中で、しっかりボールを捕えること。

結果的に下方向にボールを打ってしまっている人は、ほとんどがトスアップからすぐに身体が伸びきって、ラケットが上に上がってしまっているケースが多い。

ボールをトスアップしたら、しっかりまず膝を曲げて沈み込みましょう

そうすることで、上に伸びて抜けていくような感覚で、ボールを山なりの軌道に出来るはずです。

 

■変える勇気を持った人から、試合に勝てるようになっていく

サーブは不思議なショットです。

全てを自分から開始して、完結する。

試合に出ている人は感じていると思いますが、はっきり言ってサーブ力はそのまま、テニスの試合の結果を大きく左右します。

得意な人も、入らなければ意味が無い。

安定して入るサーブを、本当に創りたいと思ったら、この軌道のイメージをしっかり持って練習を積むことです。

軌道を何度も目に焼き付け、本番ではボールをそこに乗せてあげることだけに集中する。

思い切って自分のサーブを変えていく勇気を持ちましょう。

 

テニスは習ったことが無い人でも、サーブは打てます。

全くの我流が無い人なんて、いません。

アナタの今の打ち方を否定するつもりは全くありませんが、「良いサーブとは何か?」と考える意識は、常に持つようにして下さい。

しっかりネットの高いところを通過して、サービスライン内側50cmくらいに入る。

軌道が安定すればダブルスでは前衛は動きやすく、シングルスではリターンからの展開をパターン化しやすくなります。

さぁ、今年も残り僅かですが、サーブ改革に勤しみましょう

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

    試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つ…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」を付けよう

    試合の序盤のサービスゲーム、どんなところに気を付けていますか?…

  3. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

    「なかなかサーブが上達しません・・・」というお悩みの声を、アン…

  4. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ます!

    緊張した場面でサーブを安定させるためには、打つ前に身体が前を向かないよ…

  5. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想

    サーブに自信が無い・・・人、ほとんどだと思います。そういう人は…

特集記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリター…
  2. ボレー

    ネット際のチャンスボールは、「ただコートに叩き付ければOK」の発想では、いつまで…
  3. シングルス

    相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない
  4. ボレー

    バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと
  5. ボレー

    低い打点でのボレーは、フラット気味でも良いと思う
PAGE TOP