サーブ

「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

試合の時、手堅いポジションでがっちり守ろうとしている相手を崩さないといけないんだけど、いきなりサーブで相手をコートの外に追い出すことが出来れば、その次のショットでオープンコートを狙って更にダメージを広げることが出来る。

それをいきなりサーブでやろうと思うと、スライスサーブがかなり有効だね。

右利きの人はデュースサイド、左利きの人はアドサイドで、相手をコートの外に追い出しやすいスライスサーブは、是非とも試合の中で活用してもらいたい。

 

「切れ味鋭いスライスサーブをゲットせよ」テニスの試合で相手をコート外に追い出す為に

 


 

でも、そんなの切れ味鋭いスライスサーブって、簡単に打てるもんじゃない。

難しいんだよね。

で、そんなスライスサーブを習得するに苦しんでる人って、皆揃ってこんなことを言う。

「スライス回転はかかるけど、フワッとなって弱々しくなる」

確かにセカンドサーブの時、入れるためにスライスサーブを使うこともあるくらいだから、フワッとさせて安定感を出させる要素もある。

どうやれば攻撃系の切れ味あるスライスサーブに、発展させられるのだろうか。

フワ系と切れ味系の大きな違いは、なんと打点である

サーブ打つ時のラケットは、背中の後ろでくるりとラケットヘッドが回って、その反動から前方へスィングするんだけどそこで打点が、体の横とか体よりも後ろの方だったりすると、スライス回転は掛かりやすいんだけど、スムーズに前方へラケットを振り抜きにくい。
 



 

結果、ボールは回転ばかり掛かって伸びの無いスライスサーブとなる

しかし打点を体よりも前にすると、背中でくるりと回ったラケットヘッドが一気に前へ加速しながら直進的に振り抜きやすくなるから、スィングスピードも上がるし、何より前方でボールを捕らえたほうがボールの側面をタッチしやすいから、角度をしっかりつけたスライス、いわゆる切れ味鋭いスライスサーブになるんだよ。

でもこれはスライスサーブに限らず、トップスピンもフラット系もそうなんだけど、サーブのトスを前に上げて打ちに行くと、体が正面向きになりやすかったり腰が曲がったりしやすいので、体幹をしっかりさせるトレーニングなんかも普段からしっかりしておかないといけないね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス サッカー

    サーブ

    高校サッカーを観ていて感じたこと、「テニスのサーブ」って・・・

    私は毎年高校サッカーが好きで、年末年始はよく観ています。何気な…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない

    当たり前・・・とも言えるかも知れませんが、なかなか難しい問題。…

  3. テニス 準備

    サーブ

    回転系のサーブが効果的な相手って、どんな相手?

    皆さんはサーブを打つ時に、相手の弱点について考えたりしてますか・・・?…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か

    この理論、まぁ当たり前ですよね。「そもそも、1ゲームキープする…

  5. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

    サーブが上手い選手って、みなさんどんなイメージですか?強く速い…

  6. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

    サーブはセンターに。テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えま…
  2. テニス 客観視

    ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう
  3. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い
  5. その他

    ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど
PAGE TOP