テニス ストローク

リターン

このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

ダブルスの試合、私は決めていることがあります。

以前にも書きましたが、強いペア相手にはまずストレートリターン。

これは、本当に挨拶代わりだと思っています。

この挨拶、相当効き目がありますし、これくらいうやらないと勝てないです、試合では。

 

このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

 


 

1.強い相手ほど、増えるのがストレートリターン

何せ、前衛が動いて来ますから。

その足止め、は早ければ早い程効果的。

相手が動いて来てからストレート、だったら後手なんですよ。

最初のポイント、その試合のファーストポイントで打つことに価値がある。

そして、そのポイントはもう二度とめぐっては来ない。

インパクトを残すのは、最初のチャンスしかないんです。

 

2.打つだけで成功、後に貯金が出来る

もしミスになっても、慌てる必要はありません。

ストレートを打った、見せておけたという事実は残りますからね。

打つだけでまずはOK、これは挨拶なんだと思って欲しい。

それくらいのアクションが出来れば、格上相手でもその後に向かっていける。

相手の前衛も考えてくれる。

それくらいの意識、が試合のスタートから欲しいんです。

 

3.相手と自分は対等である、という意思表示

試合では、どんな相手でも対等。

格上、格下という部分は出て来るでしょうが、基本は対等という意識を強く持ちましょう。

自分からも、しっかり攻撃してく、主張していく。

格上相手だと、つい「何とか粘る、何とかしのぐ」というような意識、になりがちじゃないですか。

それだと、試合の序盤にあっという間に圧力をかけられて、終わり。

だからこそ、必要なのはストレートリターン。

それも、最初のポイントは絶対に逃したくない好機なんです。

 

4.試合の空気、を壊していこう

何となく、テニスの試合のあるある。

この上で進んで勝てる試合は、アナタ自身が上の相手のみ。

自分より強い、本当に試合慣れした相手に勝ちたいなら、ある意味空気を壊していかないと。

「何だ、この相手は・・・」と、まず思ってもわらないと。

強いペアには、迷わずストレートリターン、これはダブルスの試合で鉄則です。

むしろ、私はこれが正攻法だと思いますよ。

 

ストレートリターンの精度、みなさんどうでしょうか?

相手の速いファーストサーブ、をしっかり踏み込んでストレート、に打つ練習は大事です。

強い相手に、迷いを生じさせて空気を乱していく。

その主導権を握るのは、アナタ自身のリターンから、なはずです。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

    スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

    テニスの試合は、シングルスかダブルス。色々やることは変わって来…

  3. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

    ダブルスの試合、リターン。目の前にはまず、相手の前衛がいる。…

  4. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ

    相手のサーブを、リターンする。テニスはここから試合開始、試合の…

  5. リターン

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

    ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るも…

  6. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

コメント

    • YS
    • 2018年 5月 26日

    いつも勉強させていただいております.

    サークル内で,最初のリターンをストレート
    に打つことが定番になるくらい実践しています.

    そのせいか,サークル内では簡単にストレートを
    ボレーされますが,実際の試合では気持ちよく
    ストレートを抜くことができたりします.

    また,ストレートをミスっても
    これは戦術なんだと思えることで
    精神的にも楽ですね.

    コイントスであえてサーブを選択せず,
    相手が入れに来たファーストを思い切ってストレートリターン.

    決まれば,その試合は気持ちよくプレーできてます.
    失敗すると,実際は微妙な感じになってます,笑.

      • tomita
      • 2018年 6月 15日

      コメントありがとう御座います!
      ストレートへのリターンは、試合ではすごく有効な手段だと思いますので、ぜひこれからも取り組んでみて下さい。
      仰る通り、戦術はやること自体で成功だと思いますので、ぜひこれからも記事を読んで試して頂き、感想を頂けると嬉しいです。
      宜しくお願いします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考…
  2. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について
  3. テニス メンタル

    戦術

    2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    「スマッシュを打つときの反応が遅い・・・」と感じている人は、相手のラケット面から…
  5. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ
PAGE TOP