テニス ストローク

ストローク

今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

これは、私自身のテーマでもあります。

スライスの、パワーアップ。

主に、ストロークでスライスを使うときに、もっと今年はよりパワーアップを図ってみませんか?

ポワーンと浮いたスライスを卒業して、重く低く滑るスライス、に変えていく。

どうでしょう、ワクワクしませんか?

 

今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

 

1.回転のかけ過ぎ、は威力ダウン

私がイメージする良いスライスストロークは、回転量が少し少な目。

でも、しっかり伸びて滑る、山なりというよりは直線的な軌道、です。

こういうスライスは、プロ選手じゃないと打てない?そんなこと無いと思います。

まずはしっかり、「アグレッシブなスライスを打つんだ!」という気持ちが大事ですね。

スライスのストロークで、相手を追い込んでいくことが出来れば、試合でも優位に展開出来る。

その為に、必要なことを考えていきましょう。

 

2.良い態勢からのスライス、どんなボールが打てる?

つい、私たちは守備的なスライスばかり使ってしまう。

相手から追い込まれたときに、凌ぐ為のスライス・・・に慣れてしまってる気がします。

もっと、態勢が十分なときに、どんなスライスが打てるのか。

このチャレンジを、ぜひ普段の練習から行って欲しいんです。

良い態勢からは、やっぱり攻撃したいですよね。

早めに足を決めて、しっかり前足体重でスライスを打っていく。

この意識、練習から持ってみて下さい。

 

3.高い位置にラケットセット、を覚えよう!

次にラケットを準備する位置、ですね。

これは、きっとアナタ自身が思っている以上に高い位置、が大事。

頭の後ろ、いやもっと上でも良いかも知れませんね。

ここはぜひ、プロ選手をお手本にしましょう。

フェデラー選手のスライスなんて、すごく高い位置からバックハンドストローク、打ってますよね。

しっかり上から抑えて、直線的なスライスになる。

このインパクト、にはどんなグリップが適しているんだろう・・・?と、考えてみて下さい。

きっと、コンチネンタルグリップ、包丁を持つような握りに自然と落ち着くはずです。

 

4.ネットミス、アウトミス、怖がらないこと!

まず、この大前提で練習しましょう。

軌道を直線的にするので、多少のミスは増えてOK。

とにかく気にしないで、しっかり前足体重でラケットを上から振る。

大きくアウトする、低くてネットにかかる、ところからまずはスタートでしょう。

変えるということは、何かを捨てるということ。

弱々しいけど安定感があるスライスは、一旦捨てる。

それくらいの覚悟で練習してこそ、アグレッシブなスライスは身に付くと思いますよ。

 

とにかく、練習からスライスを使いましょう。

普段のラリー練習の中で、スライスで相手を追い込むことに慣れて欲しいんです。

バックハンドはもちろん、たまにはフォアハンドでも使ってみる。

女性の方も、両手で打って片手でフィニッシュするようなバックハンドスライスのストローク、どうでしょう。

ぜひ、今年は磨いていきましょう!

■スライスを学ぶなら、やはりこの選手ですね

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    インサイドアウトのストロークで、ストレートへの展開力を高めよう

    ストロークで相手を動かす、攻撃する。こういう時に必要なのは・・…

  2. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る

    風が強い日の試合、相手も自分もなかなか苦しいですよね。いつも通…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

    ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。「よし、練習しよう!…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!

    フォアハンドの逆クロスを武器にしたい皆さん、にオススメしたいポイント。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニス初心者の頃から身に付けたい、「身体を横向きに作って、相手方向を見る癖」について

    テニスに必要な動き、意識はたくさんあります。その中でも私がもっ…

  6. テニス 主将

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に
  2. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い
  3. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあ…
  4. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ
  5. リターン

    相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?
PAGE TOP