テニス ストローク

リターン

回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか

テニスの試合、工夫してすぐに勝てる技術があるなら・・・それはリターン。

リターンを工夫すれば、きっともっと、アナタは試合を楽に勝てるようになる。

そこでお勧めなのは、回り込みのリターンを覚えること。

必要なのは、思い切った決断力です。

 

回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか

 


 

■バックハンドリターンは、出来るだけ避けたい

私もそうですが、実際にバックハンドのリターンは避けたい。

アナタもサーブのときに、バックハンド側を狙うこと多いですよね?

だったらもっと、ここを工夫しないといけない。

リターンは、相手が打つ前に動いたって良い。

つまり、トスアップしてから動くこと、特にセカンドサーブではオススメです。

そんなに厳しいコースには来ない、セカンドサーブであれば、どんどん回り込んでいきましょう。

 

■成功のコツは、相手がトスアップした瞬間に自分のポジションを変えること

リターンは、この特権がある。

相手が打つ前に、ポジションをずらす、つまりはフォアハンドを空けて待っておくということ。

そうすることで、バックハンド狙いにも回り込みのフォアハンドで対抗出来る。

これを思い切って、決断力を持って実践出来る人、少ないんですよね。

全然、ルール違反じゃないのに。

騙されたと思ってやってみて下さい。

きっとリターンゲームが大好きになりますよ。

 

■相手に作戦がバレても、それで良い

「でも回り込みがバレたら、相手に狙われない・・・?」と思う方もいるでしょう。

そう、これでまた良い駆け引きが出来る。

アナタが先手を打っているのですから、プレッシャーは相手にかかっている。

もしそれで、厳しいサーブが逆サイドに入ったら、相手のナイスプレー。

まずは甘いサーブ、それもバックハンド狙いの安易なサーブを、徹底的に回り込んでつぶすことです。

 

リターンの工夫は、相手にプレッシャーをかける。

「相手のサーブにやられたな・・・」と思っているなら、きっとそれはアナタの工夫が足りないだけ。

もっともっと、回り込んで良いと思いますよ。

相手がトスアップしたら、2メートルくらい横にポジションを変える。

だけで面白いように、リターンから攻撃していくことが出来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

  2. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

  3. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう

    これは私が普段、試合で使っているちょっとしたアイデア、です。ダ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、と…

  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

  6. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

特集記事

  1. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. サーブ

    40-0で、とっておきのサーブを
  3. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?
  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなけ…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    自分のストロークのテイクバックを、鏡で観てチェックしたい5つのポイント
PAGE TOP