テニス ストローク

ストローク

浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール

スライスを使えるようになると、浅いボールの処理が便利になる。

浅いボールの処理が出来るようになるには、スライスを覚えるのが一番。

試合の中でドロップ、ロブと色々使い分けられるようになると便利です。

 

浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール

 


 

1.浅いボールの処理、大丈夫?

浅いボールって、本来テニスの試合ではチャンスに近い。

でも、これが苦手な人は多いんじゃないでしょうか・・・?

ベースラインで打っている方が気楽だし、いつも通り打てる。

浅いボールで前に走ってネットが近くなると緊張するし、しかも「決めないと・・・?」というプレッシャーがある。

その原因は、スピン系で打っていく、しか選択肢が無いから。

スライスで処理出来ると、一気にテニスプレイヤーらしくなりますよ。

 

2.アプローチ、ドロップ、ロブ、の3種類をイメージしながら前に!

スライスは同じ構え、打ち方から、たくさんのショットが打てます。

スピン系ではなかなか難しい。

そもそもドロップショットを打つときには、グリップを持ち変えますしね。

ロブを打つにしても、トップスピンロブは後ろ足体重、になるはずです。

スライスは、これを全て同じような恰好から打てるので、前に走らされたような場面で重宝します。

ぜひ、イメージしながら前に走る、そこで選択する、という練習をしてみて下さい。

 

3.浅いボールは前に追いかけながら、相手を観る癖を付けよう!

もう一つ、前に走りながらしっかり相手を観る。

相手のポジション、構え、前をケアしているのか、ベースラインより後ろにいるのか。

それに応じて、ドロップ系のショットを選択するのか、深くアプローチにするのか・・・を、決めていく。

浅いボールの処理が得意になる、ということは、相手を良く見て配球で攻撃出来るようになるということ。

最近、錦織選手もスライスでのアプローチ、よく使いますよね。

ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

スライスのショットは、試合の中で打てば打つほど、応用力が身に付きます。

ドロップショットやロブ、を打つときにしっかり結論を出して打てるように。

しっかり試合で自信を持って打てるように、練習から偏らないショットを打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. ストローク

    ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ

    錦織選手の活躍で、脚光を浴びているショットと言えばドロップショットでし…

  2. ストローク

    「ショートラリーで攻撃力アップ」ウォームアップからテニスの試合に必要な技術は身に付く!

    色んな学校の部活へ行ってテニスを教えているけど、毎回最初はショートラリ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    苦手意識があるショットほど、準備と打点が遅れていく

    苦手意識って、怖い。無意識のうちに、自分で全ての反応が遅れてい…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

    浅いボールを前に走って、ストローク。ここでスライスでも良いけど…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

    ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。こ…

  6. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つのポイント

    最近のプロテニス界で、改めて注目されているショットの一つに「トップスピ…

特集記事

  1. ダブルス

    相手の前衛は動く、と信じよう
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ボレーが苦手なら、ダブルスで無理に前に出る必要は無い
  3. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目…
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「スライスに慣れていない選手」が多い、学生の皆さんこそスライスを身に付けて欲しい…
PAGE TOP