テニス ロブ

ストローク

テニスのダブルスの試合では、「並行陣に対して触らせるロブ」が打てると、相手をネットから下げさせることができます

ダブルスで2人がネットに出て来る並行陣。

どんなにストロークに自信があっても、プレッシャーに感じてしまう部分はあると思います。

それはなぜか・・・「打つところが無い!」と感じてしまうからではないでしょうか。

本当に「打つところが無い」かどうかは、テニスコートを立体的に捉えられるかどうかが、肝になります。

ロブはスマッシュが怖い・・・と目を背けていないで、意外と空いていることに気付いて下さい。

 

テニスのダブルスの試合では、「並行陣に対して触らせるロブ」が打てると、相手をネットから下げさせることができます

 


 

■ロブの種類を、増やしてみよう!

ロブのイメージ、アナタはどんな感じでしょうか?

スライスでつなぐ、凌ぐロブに、トップスピンでエースを狙うようなロブ。

おおむね、この2種類はすぐに浮かびますよね。

でもこの2つは守備と攻撃がはっきり分かれていて、いざ試合になるとちょっと使い辛い。

テニスの試合では、相手を崩して自分たちに優位になるような「仕掛けるボール」が必要になるのです。

 

■フラット系の中ロブを、バックハンド側に上げてみる

フラット系で、スピードもある、中くらいの高さのボールをバック側に上げてみましょう。

これ、並行陣に対しては本当に有効です!

相手はバックハイボレーなので強打は出来ないし、触らないと追いかけても間に合わない。

並行陣だけでなく、雁行陣でも使えます。

コツとしては、ぜひ後ろからではなくベースラインより前で、アナタ自身が踏み込んで打つこと。

速いタイミングで打てれば、相手も焦って打点が遅れるはず。

近い距離から上げられるロブって、本当嫌ですよね?

そうなると、次はチャンスボールが返ってくる可能性大、です!

 

■前衛を活かすのも、このボール!

この作戦は、ぜひ前衛やペアとも話し合っておきたい。

そうすれば、相手のバックハイボレーに対して、より攻撃的にチャージできます。

崩すのが後衛、攻撃するのが前衛、がテニスにおけるダブルスの基本。

相手の攻撃的な並行陣に対しても、上を有効に使うことで、確実にチャンスは引き出せます。

 

上の攻撃を見せられると、並行陣は気持ちが引いてしまう。

気持ちが引くとネットからも距離を取りたくなるので、沈めるボールがより有効になる。

相手のポジションを冷静に見極めることが出来れば、テニスは必ずチャンスを引き出せます。

普段の練習から、ぜひ相手を前後に動かす、触らせるのを意識したメニューを実践してみて下さい。

迫力だけに押される・・・ことのないように、あくまで冷静に。

そして静かに、日々武器を磨いて準備しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. ストローク

    対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります

    相手が前に出ている状態だと、高いボールは打てない。低く、安定…

  2. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

    スライスストローク、まだこの重要性に気付いている人は少ない。そ…

  3. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフォームとは?

    テニスのレッスン中に、生徒のフォームを動画で撮影することがある。…

  4. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準備を!

    自分のチャンスで、相手を攻撃していく。テニスの試合ではよくある…

  5. ストローク

    スライスが苦手な人は、「ボールが当たる場所、解放していく」場所を作ってみよう

    スライス回転、ストロークでしっかりかかっていますか?「俺はスピ…

  6. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす」ことから始めてみる…

    シングルスでもダブルスでもテニスの試合で使い機会が多い、ショートクロス…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合中に一番まずいのは、「思考停止」に陥ること
  3. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと
  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること
  5. 戦術

    気持ちが入ったボールって、何かが起きる
PAGE TOP