テニス ボレー

ボレー

サイドスライスのボレーが打てるから、ネットプレーには安定感が出る

ボレーの基本、ある程度身に付けてきたらぜひ「逆クロス方向へのショット」も練習して欲しい。

ラケット面を作ってボールを引き付けることが出来れば、ストローク以上にボレーのほうが簡単だと思います。

ストロークの相手に対してオープンスペースに打ったり、相手を追い込むコースを突くのにも、逆クロス方向へ打てないと試合で辛い。

ぜひ、意識して磨いてみて下さい。

 

サイドスライスのボレーが打てるから、ネットプレーには安定感が出る

 


 

1.基本的にほとんどラケットは動かさない

クロス方向へ打つ時にはラケットをしっかり前に出して、インパクトの打点も前に取る必要があります。

しかし逆クロス方向へのボレーは、むしろ身体の近くまで打点を近づけた方が打ちやすいケースが多い。

そして大事なコツは、グリップから前に出していく、ということ。

ラケットヘッドが前に出ると、自然にボールはクロス方向に飛びやすくなります。

小指から前に出して、逆クロス方向に流していくようなボレーをイメージしてみましょう。

 

2.どの角度で、ラケットにボールを当てれば良いか?

サイドスライスの打ち方でも紹介しましたが、大事なのはどの角度で、ボールをとらえるか。

ボールのどの位置を、ラケットで触るかでコースが決まります。

少しボールの下側で、自分の近い側をラケットで触れば、自然にボレーも逆クロス方向へ飛んでくれます。

後はほとんど、動かさない。

手でこねくり回そうとしないで、シンプルなフォロースルーで打ち終わりましょう。

 

3.慣れてくれば、ドロップボレーも打ちやすい

コースに安定感が出て慣れてくると、逆クロス方向へはドロップボレーも打ちやすいのでオススメです。

「難しそう・・・」と思わず、ぜひやってみて下さい。

少し軌道を山なりにして、スライス回転の量を増やしてみましょう。

グリップを握るタイミングを、インパクトより少し早くするだけでも、ボールの勢いは死んでドロップボレーになります。

やってみると案外、簡単ですよ。

 

低いボレーは低く、高いボレーは高く準備する。

この基本が出来ていれば、ボレーはもっと安定します。

逆クロス方向のボレーが安定すると、守備範囲と攻撃のバリエーションは大きく拡がるのがテニス。

ストロークだけでなく、ボレーでも逆クロスへのショット、磨いてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  2. ボレー

    バックボレーをクロスに打つ、のは簡単なようで難しい

    バックボレーのコントロール、みなさんどうでしょうか。何となく、…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

    ダブルスの試合、サーブ側の前衛。よく考えると、この選手が一番攻…

  4. ボレー

    攻める為に前に出る?逆ですよ

    テニスでは、ネットに近いポジションが攻撃的。のように、見えま…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で「ネットプレーが苦手だから前に出るのが怖い・・・」人は、発想を変えて短期決戦に持ち込み…

    ストロークでガンガン押していくのは得意だけど、ネットプレー、ボレーに苦…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    サービスゲーム、ポーチに出るなら…?

    ダブルスの試合で、サービスゲームの前衛。「出ないと、動かないと…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみ…
  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない
  5. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスで前衛に捕まると、相手は血相を変える
PAGE TOP