テニス テニススクール

ボレー

「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩

ネットプレー、ボレーのときの予測。

試合に出ている人は、この必要性が痛いほど分かりますよね。

あと少しだけ、反応が速ければ・・・と思うこと、何度もあるでしょう。

「でも、予測とかよく分からない・・・」という方は、まずテニスの大原則から確認しておきましょう。

相手が打ってくるボール、それは速度によって打てる場所が異なる。

アナタが警戒すべきは、「速く低いボール」なはずです。

 

「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩

 

1.ネットの真ん中、は速く低くボールが通過する

テニスのネットは、中心が低い。

「そんなの、ほんの数cmでしょ?」と思う方は、まだまだ甘い。

この数cmこそが、試合に出ている方にとっては生命線。

ものすごく大きな差、なんです。

この低い場所に、速いショットを狙う。

特に相手がネットに出てきている、ダブルスの並行陣を相手にしたようなときには、センターが生命線。

低く速いボールを使える、唯一の場所、ですからね。

ここをしっかり、ネットに出たら警戒しないと危ない、ですよ。

 

2.速いショットが通過する、センターを警戒が基本

アナタがネットに出て、ボレーをしようとする。

相手のストロークの打点が、低めの時。

このときには、しっかりセンターへの速いボールを警戒しましょう。

低い場所から速く打つには、センター付近を通すしかないですから。

相手ストローク側の打点が高ければ、ネットの端にも速く打てますけどね。

打点が低いなら、速いショットはネットのセンター付近しか通過させることが出来ない。

こうやって待っておくだけで、絶対にネットプレーに安定感はアップします。

 

3.強い選手は、正しい予測をしている

並行陣が上手い、強い相手は、こういう小さい「当たり前」を持っています。

言われてみれば、なことばかり。

速いショットさえ警戒しておけば、遅いボールには対応出来ますからね。

これは、どんなスポーツ競技でも一緒だと思います。

速い反応が必要な場所、をまず優先的に警戒する。

この順序を、自分でしっかり判断して付けられるように。

何となく、ではダメです。

練習から意識していかないと、絶対に身に付きませんから。

 

4.速いショットを返球すれば、その次はチャンスが来る!

私の経験上、ネットプレーでの反撃所はここ。

相手が速いショットを打つ、そしてアナタが返球する。

この次、はまずチャンスが来ます。

相手は、ある程度「決め」に来てますから。

返球されるだけで、オロオロしてくれるでしょう。

カウンターって、こんなシンプルな形で充分。

「返されると思っていなかった」という感じで、相手は慌ててくれるでしょう。

速いボールを警戒して、手堅く返球する。

これだけで充分ですよ。

 

結局、ボレーに苦手意識がある人は、こういう予測が苦手な人。

速いボールに慌てて、遅いボールに泳いでしまう。

シンプルに、確率論で予測していけば大丈夫です。

まずは、ネットの中心で速いボールを警戒する。

これだけで、並行陣の後衛としても、守備力が各段に上がりますよ。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

    自分がネットに出ていて、相手のパッシングショットが厳しいコースに飛んで…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよ…

    ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどう…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合でのボレー戦の中では、「ドライブボレーを混ぜる勇気」が必要なときもある

    ボレーは丁寧につなぐことが第一。それでも、4人でネットについて…

  4. テニス ロブ

    ボレー

    相手のストロークが強打の場面なら、ブロックボレーの準備を

    良いボレーって、どんなボレーか。私は、強烈な強打のボレーではな…

  5. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

    女子ダブルスの試合だと、4人全員でボレー、のような形ありますよね。…

  6. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ

    「こんなの、テニスの基本じゃない」と言いながらも、試合で使える技術。…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度…
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変…
  5. テニス チャンス

    練習メニュー

    試合に強くなる練習って、どんな練習?のヒントになる5つの視点
PAGE TOP