テニス ダブルス

練習メニュー

ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

今回は、ダブルスでのボレー対ストロークの練習メニューを一つ、ご紹介。

大学の一部リーグのチームや、デビスカップ代表チームも取り入れている、この練習。

すごくシンプルですが、基本動作を確認できて部活での活用もお勧めです!

 

ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

 


 

■テニスにおけるダブルスの守備範囲を確認する

ダブルスにおいて、ボレーもストロークも基本はセンターケア。

もちろんアレーにもしっかり打つ技術は必要ですが、やはりサイドアウトは怖い。

ましてや同レベル、または格下相手であればそこまで無理する必要も無い。

という訳で、ダブルスだけどもシングルスコート内をしっかりカバーする練習、が大切になってきます。

 

■シングルスコートで2対2のボレー対ストローク戦

片方のペアは2人ともネットに出る並行陣、片方が両選手がベースライン上に立つ2バックの状態からスタート。

まずは簡単なミスをしないように、しっかり確実性の高いプレーを心掛けます。

2往復以上繋がったら、シングルスコートの中でお互い攻撃していく。

もちろんドロップボレーやロブもOK。

並行陣はしっかり、前衛と後衛の意識を持ってポジションをチェックしましょう。

アレーを「アウト」扱いにすることで、よりラリーがしっかり繋がり、試合で活きるステディなテニスが養えます。

 

■2人で1人を崩していくイメージが作りやすい

攻撃は、基本的に2人で1人を崩していく。

片方が攻撃態勢に入れば、もう片方が仕留めにいくようなイメージを持ちましょう。

特に2バックの側はずっと後ろにいても辛いので、沈めるボールやトップスピンロブを上手く使い、一度触らせて、次のボールから更に攻めていきたい。

浅いボールからは、どんどん4人全員がネットに出る形も作っていく。

攻撃されている側は、どこかで片方の選手もポーチなどで助けにいく意識も大切。

ぜひこの攻防を、部活のラリーの中で緊張感を持って継続できるようにしてみて下さい。

 

2人の距離が近くなると、ダブルスは強くなります。

ダブルスだけどアレーはあえて使わない、という意識は、実際の試合でも非常に有効な考えになるでしょう。

そこに打たれたら、ナイスショット。

それよりも防ぐ、リスクの低い箇所はあります。

リスク管理においても、この練習は有効ですので、ぜひ試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. 練習メニュー

    「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ

    試合に出たいけど、実力不足で何とかしたい。とにかく、試合を作れ…

  2. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空

    最近ではスマートフォンの普及もあり、簡単に動画やスロー動画を撮影ができ…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである

    意識しないと、気付かないこと。毎回同じような風景だと、私たちは…

  4. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

    当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。でもだからと言…

  5. テニス チャンス

    練習メニュー

    大事だと分かっていても、練習出来ない技術5つ

    練習って、難しい。だって、なかなか出来ないじゃないですか、自分…

  6. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスに必要な「広いコートカバーリング」を身に付ける為の球出し基本練習メニュー

    テニスのストロークに必要な前後の動き。これをしっかり身に付ける…

特集記事

  1. テニス 準備

    ボレー

    ネットプレーに必要なコントロールは、「目の前2メートルに目標を設定」することで、…
  2. テニス 客観視

    練習メニュー

    部活やサークルで、「指示待ち集団」になっているみなさんへ
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン
  4. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!
  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である
PAGE TOP