テニス ダブルス

練習メニュー

ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

今回は、ダブルスでのボレー対ストロークの練習メニューを一つ、ご紹介。

大学の一部リーグのチームや、デビスカップ代表チームも取り入れている、この練習。

すごくシンプルですが、基本動作を確認できて部活での活用もお勧めです!

 

ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的です!

 


 

■テニスにおけるダブルスの守備範囲を確認する

ダブルスにおいて、ボレーもストロークも基本はセンターケア。

もちろんアレーにもしっかり打つ技術は必要ですが、やはりサイドアウトは怖い。

ましてや同レベル、または格下相手であればそこまで無理する必要も無い。

という訳で、ダブルスだけどもシングルスコート内をしっかりカバーする練習、が大切になってきます。

 

■シングルスコートで2対2のボレー対ストローク戦

片方のペアは2人ともネットに出る並行陣、片方が両選手がベースライン上に立つ2バックの状態からスタート。

まずは簡単なミスをしないように、しっかり確実性の高いプレーを心掛けます。

2往復以上繋がったら、シングルスコートの中でお互い攻撃していく。

もちろんドロップボレーやロブもOK。

並行陣はしっかり、前衛と後衛の意識を持ってポジションをチェックしましょう。

アレーを「アウト」扱いにすることで、よりラリーがしっかり繋がり、試合で活きるステディなテニスが養えます。

 

■2人で1人を崩していくイメージが作りやすい

攻撃は、基本的に2人で1人を崩していく。

片方が攻撃態勢に入れば、もう片方が仕留めにいくようなイメージを持ちましょう。

特に2バックの側はずっと後ろにいても辛いので、沈めるボールやトップスピンロブを上手く使い、一度触らせて、次のボールから更に攻めていきたい。

浅いボールからは、どんどん4人全員がネットに出る形も作っていく。

攻撃されている側は、どこかで片方の選手もポーチなどで助けにいく意識も大切。

ぜひこの攻防を、部活のラリーの中で緊張感を持って継続できるようにしてみて下さい。

 

2人の距離が近くなると、ダブルスは強くなります。

ダブルスだけどアレーはあえて使わない、という意識は、実際の試合でも非常に有効な考えになるでしょう。

そこに打たれたら、ナイスショット。

それよりも防ぐ、リスクの低い箇所はあります。

リスク管理においても、この練習は有効ですので、ぜひ試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ

    テニスの試合、なかなか調子が上がらないうちに試合が終わってしまう・・・…

  2. テニス ハードコート

    練習メニュー

    テニスで結果を出したければ、周りよりも一つ上の目線を

    みんなと同じ、それで良いの?テニスでは、みんなと「差」を付けて…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子ダブルスの並行陣、レベルアップに必要な練習5つ

    男子ダブルス、チームでレベルアップしていきたい方へ。バンバン打って…

  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習

    「良い練習とは、どんな練習ですか?」と、たくさんの方からご質問で頂きま…

  5. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

    何となく部活に入って、練習して試合をする。テニスのおいて、高校…

  6. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさ…

特集記事

  1. ストローク

    「ハッ!」より、「フー」
  2. その他

    「テニスコートで花粉症抑制!?」試合で勝つ為に普段から必要なトレーニング
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
  5. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から
PAGE TOP