テニス 練習

戦術

一流の選手は、技を出した後に集中力を一気に高める

一流の選手の、凄いところ。

私は、たくさんの試合を生で観て来ましたが、これが一番でしょう。

みなさんも、近くの優秀な選手を見てみて下さい。

自分との違い、をしっかり自覚出来るかどうか。

気付けるかどうか、感じられるかどうか。

私は、ここが成長の境目だと思いますよ。

 

一流の選手は、技を出した後に集中力を一気に高める

 

1.打つことに全力、とはちょっと違う

みなさんも、イメージしてみて下さい。

強い人、上手い人って、「打った後」が凄くないですか?

集中力が途切れないし、次へのポジショニングも速い、構えんも速い。

打つ瞬間に、集中力を使い切ってないんですよね。

きっと、打つ瞬間にアナタ自身「集中力を使い切っている」感じしないですか?

これでは、返球されたらひとたまりもないでしょう。

強い選手は、よく知ってる。

「技を決めた後」こそ、大事だということを。

 

2.技を決めた後、に自分はどうなのか?

試合で、どうですか?

ナイスショット、ここぞというショットを出した後、の自分。

どこかに隙が生じていないか。

相手が「触れない」ことを期待していないか。

これは、実は小さいようで大きな差、なんです。

ショットを打つこと、に精一杯になること、だと初中級レベルの選手の域を出ない。

これはこれで、楽しいんですけどね。

打つことに精一杯、でもそれじゃダメなんです。

試合に勝てる選手、にはなれないんです。

 

3.打った後に、一気に集中しよう

これが、大事。

自分が打った後、ボールを放った後、にこそ集中する。

集中して、自分の打ったボールを、ある意味疑う。

これでは決まらない、次なんだと。

プロ選手の試合でも、そうじゃないですか。

明らかに決まるようなショットでも、彼らは前に詰めていく。

結果的に決まるけど、もし返球されても大丈夫、な場所に陣取る。

それこそ、アナタ自身の強みになるはずです。

 

4.順風満帆なポイント、にも影の努力がある

これこそ、私は大事なポイントです。

順風満帆、確実そうに見えるポイントでも、実は影に大きな積み重ねがある。

隙を見せない、ポイント後の集中力の高さがある。

その一手こそ、私はアナタの強さになると思っています。

打った後、にこそ集中力を高める。

普通の人が、弱くなるところで強くなる。

どうでしょう、ちょっとワクワクして来ませんか?

 

アナタ自身、まだまだ強くなれる。

その為には、ただ練習しているだけでは足りない。

何かに気付いて、感じて、変えていかないと。

身近な強い人、プロ選手の試合の「打った後」を見てみて下さい。

後は、私が書くよりもアナタ自身が何を感じるか、です。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. 戦術

    そもそも、ドロップショットはコートの内側から

    試合の中で、ドロップショットをしっかり決める。そのためには、…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    「自分が攻撃しているのか、させられているのか」は、常に意識を

    皆さんは、試合の中でこんな感覚を覚えたことありますか?「相手の…

  3. テニス データ

    戦術

    テニスの試合の中で、「感覚とデータを迷える」ようになったら一人前

    試合の中で、相手のデータをしっかり頭に入れている。そしてそのデ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?

    練習でも団体戦でも、「アイツに任せておけば大丈夫!」と思われている選手…

  5. 戦術

    弱いから負けたんじゃない、挑戦したという事実だけ

    テニスの試合出ていると、最後まで勝ち残って大会を終えることは少ない。…

  6. 戦術

    気持ちが入ったボールって、何かが起きる

    試合の中で、ついアウトボールを触ってしまう。大したボールじゃな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    テニスの試合で、「とにかく守備的で、こちらが攻撃するとカウンターが上手い」そんな…
  2. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェ…
  4. メンタル

    幸いが災いになり、災いが幸いになる
  5. テニス 準備

    戦術

    試合の1ヶ月前からは、特別強化ショットのイメトレを
PAGE TOP