テニス 練習

戦術

一流の選手は、技を出した後に集中力を一気に高める

一流の選手の、凄いところ。

私は、たくさんの試合を生で観て来ましたが、これが一番でしょう。

みなさんも、近くの優秀な選手を見てみて下さい。

自分との違い、をしっかり自覚出来るかどうか。

気付けるかどうか、感じられるかどうか。

私は、ここが成長の境目だと思いますよ。

 

一流の選手は、技を出した後に集中力を一気に高める

 

1.打つことに全力、とはちょっと違う

みなさんも、イメージしてみて下さい。

強い人、上手い人って、「打った後」が凄くないですか?

集中力が途切れないし、次へのポジショニングも速い、構えんも速い。

打つ瞬間に、集中力を使い切ってないんですよね。

きっと、打つ瞬間にアナタ自身「集中力を使い切っている」感じしないですか?

これでは、返球されたらひとたまりもないでしょう。

強い選手は、よく知ってる。

「技を決めた後」こそ、大事だということを。

 

2.技を決めた後、に自分はどうなのか?

試合で、どうですか?

ナイスショット、ここぞというショットを出した後、の自分。

どこかに隙が生じていないか。

相手が「触れない」ことを期待していないか。

これは、実は小さいようで大きな差、なんです。

ショットを打つこと、に精一杯になること、だと初中級レベルの選手の域を出ない。

これはこれで、楽しいんですけどね。

打つことに精一杯、でもそれじゃダメなんです。

試合に勝てる選手、にはなれないんです。

 

3.打った後に、一気に集中しよう

これが、大事。

自分が打った後、ボールを放った後、にこそ集中する。

集中して、自分の打ったボールを、ある意味疑う。

これでは決まらない、次なんだと。

プロ選手の試合でも、そうじゃないですか。

明らかに決まるようなショットでも、彼らは前に詰めていく。

結果的に決まるけど、もし返球されても大丈夫、な場所に陣取る。

それこそ、アナタ自身の強みになるはずです。

 

4.順風満帆なポイント、にも影の努力がある

これこそ、私は大事なポイントです。

順風満帆、確実そうに見えるポイントでも、実は影に大きな積み重ねがある。

隙を見せない、ポイント後の集中力の高さがある。

その一手こそ、私はアナタの強さになると思っています。

打った後、にこそ集中力を高める。

普通の人が、弱くなるところで強くなる。

どうでしょう、ちょっとワクワクして来ませんか?

 

アナタ自身、まだまだ強くなれる。

その為には、ただ練習しているだけでは足りない。

何かに気付いて、感じて、変えていかないと。

身近な強い人、プロ選手の試合の「打った後」を見てみて下さい。

後は、私が書くよりもアナタ自身が何を感じるか、です。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    テニスにおける戦略と戦術、この2つの違いを理解できてる?

    私も、つい言葉を混同してしまう・・・ので、反省の意味を込めて。…

  2. テニス メンタル

    戦術

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩いておこう

    テニスの試合では、同じ対戦相手と何度も戦うことになる。アナタが…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い

    テニスのショットには呼び名がある。サーブ、リターンのように「最…

  4. 戦術

    突き抜けたものを見ないと、実は普通すら分からない

    「アナタのテニス観は、普通じゃないですよね」というお言葉を、よ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう

    いかに試合で、リードを維持できるのか。これは、テニスの試合では…

  6. 戦術

    死んだボールは、打ち込まない

    みなさんも試合の中で、経験があるじゃないでしょうか。相手の死…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
  2. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本
  3. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語
  4. ストローク

    バックハンド狙い、を成功させたいなら…?
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい
PAGE TOP