テニス スマッシュ

練習メニュー

身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう

テニスは教わるもの?

もちろん、そうやって始めてみんな最初は上達していく。

でもその先、試合に勝てる選手になっていくには、どうですか?

教わる、段階を卒業しないと。

特に身近に上手い人、強い人がいるなら尚更です。

 

身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう

 

鈍感な人は、一定レベルで成長が止まる

私が観て来た学生、ジュニア、選手の中でも、ある壁を越えられない選手は多い。

技術的には上手いし、試合もある程度は勝てる。

でも、形通りのテニス、しか出来ない。

だから強い選手には、なることが出来ない。

悲しいですが、教わっているだけだと当然その選手まで、の実力にいくのも難しい。

だからこそ、大切なのは「感じること」です。

そしてそれは誰も、教えてくれないのです。

 

アナタの視点は、アナタしか養えない

「良い視点を持って欲しい」と願っても、それはアナタ次第。

「この辺を見ると良いよ」とは言えますが、それでも見て何を感じるのか。

アナタの感受性、までを動かすのはどんな名コーチでも難しい。

必死で何かを吸収したい、強くなりたいという飢餓感がないと、どんな名選手からでも技術を盗むのは難しい。

そして、アナタ自身の考え方も大事ですね。

「あの人と自分は違う」と考えるのか、「きっと近い、何か盗めるはず」と考えるのか。

スタンスが違えば、行動が変わってきます。

 

ハッキリ言えるのは、人間大差は無いということ

私は断言します。

きっと、皆さんの実力も、県内トップ選手の実力も、大差は無い。

経験や自信、は差があると思いますよ。

当然、技術的にも差は有りますが、アナタが本気で盗もうと思えば盗めるもの、はたくさんあるはずです。

きっと今、上手い人もそうやって周りからテニスを感じながら、上達して来た。

教わった部分もあるでしょうが、テニスはそれ以上に、自分で感じて盗んで上手くなっていくもの、なんです。

 

「でも自分の周りには、上手い人いない・・・」という方は、本当にそうですか?

県内の選手権大会、総体の決勝、大学生の試合にJOP大会。

アナタが行動に興さないだけで、周りで盗める選手はたくさん試合をしているはずです。

生で観る、機会を作ってみる。

出来ればテニスが出来る機会、を作れないか考えてみる。

そこから全ては、始まります。

 

今回のまとめ

テニスは感じて盗んで、上手くなっていく競技です

 

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. 練習メニュー

    テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー

    雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。…

  2. テニス 部活

    練習メニュー

    テニス部の後輩を指導するときに、「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは無意味です

    テニス部の話、だけではないでしょう。新入生が増える今の時期だか…

  3. テニス マナー
  4. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

    よく、「闇練好き」という言葉を聞きます。テニスに限らずですが、…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・」のは、本当にそうですか?

    最近、男子高校生の方からこんな質問を頂きました。「うちのテニス…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しくて続かないトレーニングは、身体も心も消耗するだけ

    「今年の冬は、毎日10km走り込んでいくぞ!」と思って、頑張ろうと思っ…

特集記事

  1. テニス ウェイト
  2. テニス パラソル
  3. テニス スコアシート
  4. テニス ソックス
  5. テニス バッグ
  1. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う
  2. テニス ストローク

    ストローク

    せっかくサーバーの相手を追い詰めているのに、「セカンドサーブを強打してミス」する…
  3. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける
  4. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いとい…
  5. ボレー

    ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合…
PAGE TOP