テニス ソックス

テニス知識

テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよう!

テニスをしていると、意外と消耗品になるのがソックス。

クレーコートでプレーしていると汚れますし、そもそもフットワークが激しいテニスではソックスはどんどんダメになっていく。

新しいものを買っては履きつぶして・・・を繰り返すうちに、ついソックスは「何を履いても一緒」という感じで、無頓着になってはいませんか?

私も、学生時代からそうでした・・・。

 

テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよう!

 

1.テニスに理想的なソックスって?

私自身、足の形がちょっと変わっていて、指が短くて甲が高い。

ですのでよく、「フットワークが悪そうな足」だと言われてきました・・・実際に足も速くないですし、フットワークも自信が無かったのですが。

足の指が長い選手って、それだけで運動神経が良さそうで、足も速そうで憧れたものです。

でも、色々調べたりしてみると「足の指が長い」だけでは、フットワークはそう変わらないということ。

しっかりとシューズの中で、足の指が機能しているのか。

コートをグッと掴めている感覚、があるかどうかが大事だと気付いたんです。

 

2.ソックスの中で指が動くと、滑る可能性大

そんな頃に試して効果があったのが、「5本指ソックス」です。

もう履いている読者の方もいると思いますが、このソックスは凄いですよ。

通常のソックスは指先までスッポリと覆ってしまうので、細かい動きは「ソックスの中」ですよね。

でも、5本指ソックスは、指を離したような動きまでソックスを履きながら出来る!

だからこそ、コート上でのスタートダッシュだったり止まる、という動きを指先から感じることが出来るんです。

 

プリンスの5本指ソックスは、破れやすい箇所を保護してくれるように厚みがある仕様で、ハードなフットワークにも耐えられる。

デザインもシンプルで、発汗性にも優れてます。

 

テニス ソックス

1本あたりの単価は約1,400円と多少高くなりますが、3足で1,000円、のソックスとはモノが違います。

試合に勝つフットワーク、を身に付けるなら必携だと思いますよ。

 

3.日本のテニスコート、基本滑りやすいです

ハードコートって、意外と少ないですからね・・・。

皆さんの試合は、オムニコートやクレーコート、での試合が多いはず。

特にオムニコートのように滑るコート、では足先からの感覚が鈍りがちですからね。

5本指ソックスなら、テニスコートの硬さ、まで感じることが出来るはずです。

汚れが気になる方は、ブラックも。

 

テニス ソックス

 

  • 原産国: 中国
  • メイン素材: 綿
  • 素材構成: 綿・アクリル・ポリエステル・ポリウレタン
  • 【サイズ】25-27cm
  • 【吸汗速乾】汗を吸い取りすばやく放出。
  • 【スベリ止め】滑り止め付き

出典:amazon

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

    トレーニング用のラケット、と聞いてみなさんイメージは湧きますか?…

  2. テニス 知識

    テニス知識

    「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?

    全豪オープン、残念ながら大坂なおみ選手は2回戦敗退。ですが敗退…

  3. テニス 名著

    テニス知識

    テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

    「いつも、どこからネタを仕入れてるんですか?」というご質問を、…

  4. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】「膝の痛み」に効果的なリハビリメニューについて

    みなさん、この時期「膝」が痛むことはありませんか?私自身、大…

  5. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの練習では、「自分が打ったボールは凶器と化している」

    テニスは楽しいスポーツ。ですが、あるときにその雰囲気は一変する…

  6. 素振り

    テニス知識

    「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

    読者の皆さんの中にも、「素振り」を頑張っている皆さんは多いはず。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大
  2. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる
  3. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
  4. テニス 楽天

    シングルス

    シングルスの試合で流れを変える特攻作戦、「ドロップショットを打ってネットダッシュ…
  5. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」…
PAGE TOP