テニス ダブルス

ダブルス

チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう

ダブルスの試合、なぜか「この人と組んでいると、調子が良い」という人、いますよね。

そういう人は、細かい部分でパートナーを盛り上げてくれるのが上手い。

気が付けば乗せられて、試合にまで勝ててしまう。

例えば、こういう仕草、私は素敵だと思うんですよね。

 

チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう

 

1.前衛が決めた時に、嬉しいのが後衛

ダブルスの試合、こういうパターンは多いですよね。

後衛が良いショットで追い込んで、前衛がボレーで決める。

そんなポイントの後に、アナタが前衛だったらぜひ後衛を褒めてあげて欲しい。

「お前のおかげだよ!」というのを、全力で伝える、言葉に出す。

こういう行為って、ちょっと恥ずかしいじゃないですか。

でも、ぜひ学生の皆さんもやってみて欲しい。

それこそ、効果てきめんですから!

 

2.前衛に自信を与えてあげれば、自然とポーチでも何でも出てくれる

前衛が活躍してくれない、なかなかダブルスらしいポイントが獲れないと悩んでいる人は、気持ちの問題。

前衛が活躍するには、試合の序盤に「自信」を付けさせてあげることが大事。

小さいポイントでも、どんどん声掛けをして、その中で褒めてあげる。

せっかくパートナーの前衛が良いプレーをしても、スカしている後衛なんてつまらない。

自信を与えてあげるのは、アナタの小さいしぐさや言葉、表情。

アナタが作ったチャンスを決めれば前衛を褒めて、アナタが前衛だったら後衛を全力で褒める。

そうすればお互いの自信、を試合の中で深めていけますからね。

結果は自然に付いてくるでしょう。

 

3.チャンスを作ってくれる後衛、を信じて前衛はプレーすること!

ダブルスの試合、後衛は必ずチャンスを作ってくれる。

でも、そのチャンスは待っていても横を通り過ぎていくだけ。

アナタが触って初めて、チャンスは活かされるんです。

後衛は絶対に、良いプレーをしてくれる。

でもそれを活かすのは、前衛である自分次第・・・だと強く心に決めましょう。

そして良いポイントが決まったら、先ほども書きましたが後衛をどんどん褒めてあげる。

そうすると、もっと頑張ろう!という気持ちになってくれますからね。

 

言葉って、本当に大事。

学生の皆さんも、なかなか恥ずかしくて仲間を褒めるって出来ないじゃないですか。

でも試合の中なら、ぜひ言葉にして褒めて盛り上げて欲しい。

勝っていけるダブルスって、意外とこうやって褒め合って盛り上がっていくモノ、ですよ。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス

    ダブルスの試合、ロブをカバーに走る。並行陣なら、かなり多くなるシチ…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない

    ダブルスの試合では、いかに前衛が積極的にポーチに出て絡むかが大事なポイ…

  4. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てましょう

    ダブルスはペアで戦うコンビネーションが重要。プロテニスの試合で…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことでは決してない

    ダブルスの試合を観ていると、作戦をしっかり実行しているペアは強い。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです

    ダブルスの試合、バックボレーは狙い目。特に相手に触らせていく、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    「練習でマイナスなオーラばかり出しているテニス部員」は、今すぐコートから退場して…
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛は、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと
  3. テニス スライス

    ストローク

    ラリーをせずに、すぐに決めに来る相手への対策は?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ
  5. 戦術

    試合に勝てる選手になりたいなら、「同じシチュエーションで自分が取ったポイントパタ…
PAGE TOP