テニス ダブルス

ダブルス

雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要です

よく、「良いダブルスとは、どんなダブルスですか?」と聞かれます。

色々な要素があると思いますが、私が観ていて好きになるペアは、前衛が積極的に動くダブルス。

その背景には、しっかりとした信頼関係がある。

前衛が動くには、まず後衛を信じること。

その攻撃力を信じてこそ、クロスのボールへ飛び込んでいけるのだと思います。

 

雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要です

 


 

■チャンスは来る、のではなく掴みにいく

前衛として立っていれば、チャンスが来るとは限らない。

むしろ、待っていてチャンスをくれる相手なんて、そもそも普通に勝てる相手。

ダブルスで格上相手に勝ちたいのであれば、自分からチャンスを掴みにアクションを興さないといけない。

その為に、前衛に出来ることは何か?

それは、後衛が攻撃出来るタイミングを見極めて、「信じる」ことです。

 

■クロスラリーは、必ずどちらかに「優位性」が生まれる

ダブルスでは、雁行陣でも並行陣でも、後衛同士のクロスでの打ち合いが基本。

その中で前衛が参加していく訳ですが、横を通過するボール、そして自分の背中でしっかり、後衛の「攻撃具合」を感じられるようにしたい。

今、苦しいのか、それとも攻撃出来ていける、押し込んでいけるのか。

押し込んでいけるのであれば、前衛であるアナタがクロスに飛び込んでポーチに出たい。

ストレートに来る可能性が低いのに、ストレートで待っている必要はありませんね。

自分のペアである後衛に少しでも優位性が生まれる、そんな返球が相手から後衛のペアに返って来たら・・・出撃体制を整えましょう。

 

■「ポーチに出る!」と決めるタイミングは、いつ?

私は、味方のペアが攻撃的なショットを打つ瞬間、に決めます。

「え?それだと相手前衛がポーチに出たら、守備が出来ないんじゃ?」と思う方もいるかも知れません。

確かに、その怖さはあります。

ですが、しっかり味方の後衛が打っていけそうなときには、きっと相手前衛に捕まることは無い、と予測を立てる。

そしてその結果を信じて、一気にリスク覚悟で攻撃に舵を切ります。

前方向のネットに詰めて、横に動いてポーチに出る。

味方のペアが攻撃出来る!ときには、前衛にチャンスが来る可能性が大、なのです。

 

味方のペアの攻撃、を信じること。

これが意外と簡単で難しい。

ダブルスですから、打っていないときには確かに守備の意識も必要ですよね。

ですが・・・しっかり攻撃出来るときには、自分もペアと一緒に攻撃のスイッチを入れる。

このメリハリ、ダブルスでは特に大事です。

思い切ったポーチ、味方後衛と息を合わせて磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

    ダブルスで前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスボールを仕留めること。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣が強い

    2人でネットに出る並行陣。ここには、実は大きな秘密が隠されてい…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点

    私自身、ダブルスの試合でロブはよく使います。でも、当然それは相…

  5. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない

    ダブルスの試合、良いコンビネーションを繰り出してくるペアは、どこが優れ…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    相手リターンのポジションに、自分のサーブを惑わされてはいけない
  2. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡…
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本
  5. テニス チャンス

    その他

    学び続ける人生、こそ本当に幸せな人生だと思う
PAGE TOP