テニス ストローク

ダブルス

「ダブルスが得意なベテランプレイヤー」に対抗する為に必要な4つの戦術

同じカテゴリーだけで行われる高校や大学の大会と異なり、一般の大会に出れば色々な人と対戦する。

中でも、年齢が自分たちより上の選手と戦う機会は多いんじゃないでしょうか。

特に特徴的なのが、ダブルスの試合。

ベテランプレイヤーは学生相手に、しっかり自分達のテニスを実践してきます。

並行陣にロブ、リターンダッシュ・・・という作戦に対して、アナタのペアは有効な手段を準備できていますか?

男女ダブルスに関わらず、しっかり考えてみましょう。

 

「ダブルスが得意なベテランプレイヤー」に対抗する為に必要な4つの戦術

 


 

1.緩急の攻撃に惑わされない

対戦相手はスライスやゆるいスピンを用いて、若いペアを揺さぶってきます。

その攻撃に、まずはしっかり惑わされずに対応していかないといけない。

特に遅いボールに対しては、しっかりと引き付けて待って打てるように、練習していきましょう。

速いボールで一定のテンポのラリーには、ならないことを覚悟して準備する。

この意識だけでも、かなり違うはずです

 

2.ロブに対する意識はMax値まで上げる

とにかく、試合ではロブが来る。

スマッシュをしっかり打ち抜いたり、良いロブはハイボレーで凌いだりする場面が増えるのは、ベテランのペア相手では当然です。

一番まずいのは、2人で譲り合ったり、スマッシュミスをして雰囲気が悪くなること。

逆にロブを先読みしてしっかり打てれば、ベテランペアと言えど相手は手詰まりになるでしょう。

相手のテニスを先読みして、こちらから先手を打っていきましょう。

 

3.積極的なポーチには早めのストレートアタックで

ベテランペアは試合巧者でポーチも上手い。

だからこそ、試合の序盤でしっかりストレート方向への展開を増やしておく必要があります。

決して、「クロスに力んだリターン」ばかりにならないようにしましょう。

力で向かってくる相手に対しては、ベテランペアも慣れたもの。

むしろしっかりストレートにも展開して、戦術的な戦いもできる点をアピールしておきましょう。

 

4.走力では絶対的に優位に立てる

ベテランペアの弱点は、体力。

特に走力に関しては、若いアナタ側のペアのほうが圧倒的に優位なはず。

だからこそポジショニングは上手いペアが多い訳ですが、しっかり前後のスペースを突いていければ問題無いはず。

特に前のスペースはドロップ系のショットを混ぜて、攻撃していきたいですね。

普段の練習の中から、しっかり前後に相手を揺さぶれるように意識しておいて下さい。

 

違うカテゴリ、違うテニスをする選手と試合する機会は、ぜひ定期的に作るようにしましょう。

待っていても、その環境は来ない。

アナタ自身で動いて外に環境を求めることは、その気になればいつでも出来る。

一般の試合にエントリーすること、高校生や大学生の皆さんにも大事なことだと私は思います。

ぜひ、一度地元の大会を中心に探してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

  3. ダブルス

    ポーチに出られないコツは、シンプルに〇〇

    ダブルスの試合で、相手の前衛に捕まってしまう。こういうポイン…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません

    ダブルスが強いペアは、2人の距離が近くポジションがセンターに集まってく…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・?

    どんなに練習を積んだペアでも、ミスは起きる。テニスの試合では、…

  6. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術とは?

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませ…

特集記事

  1. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めるこ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について
  3. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう
  4. テニス 打点

    ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
PAGE TOP