テニス ストローク

ダブルス

「ダブルスが得意なベテランプレイヤー」に対抗する為に必要な4つの戦術

同じカテゴリーだけで行われる高校や大学の大会と異なり、一般の大会に出れば色々な人と対戦する。

中でも、年齢が自分たちより上の選手と戦う機会は多いんじゃないでしょうか。

特に特徴的なのが、ダブルスの試合。

ベテランプレイヤーは学生相手に、しっかり自分達のテニスを実践してきます。

並行陣にロブ、リターンダッシュ・・・という作戦に対して、アナタのペアは有効な手段を準備できていますか?

男女ダブルスに関わらず、しっかり考えてみましょう。

 

「ダブルスが得意なベテランプレイヤー」に対抗する為に必要な4つの戦術

 


 

1.緩急の攻撃に惑わされない

対戦相手はスライスやゆるいスピンを用いて、若いペアを揺さぶってきます。

その攻撃に、まずはしっかり惑わされずに対応していかないといけない。

特に遅いボールに対しては、しっかりと引き付けて待って打てるように、練習していきましょう。

速いボールで一定のテンポのラリーには、ならないことを覚悟して準備する。

この意識だけでも、かなり違うはずです

 

2.ロブに対する意識はMax値まで上げる

とにかく、試合ではロブが来る。

スマッシュをしっかり打ち抜いたり、良いロブはハイボレーで凌いだりする場面が増えるのは、ベテランのペア相手では当然です。

一番まずいのは、2人で譲り合ったり、スマッシュミスをして雰囲気が悪くなること。

逆にロブを先読みしてしっかり打てれば、ベテランペアと言えど相手は手詰まりになるでしょう。

相手のテニスを先読みして、こちらから先手を打っていきましょう。

 

3.積極的なポーチには早めのストレートアタックで

ベテランペアは試合巧者でポーチも上手い。

だからこそ、試合の序盤でしっかりストレート方向への展開を増やしておく必要があります。

決して、「クロスに力んだリターン」ばかりにならないようにしましょう。

力で向かってくる相手に対しては、ベテランペアも慣れたもの。

むしろしっかりストレートにも展開して、戦術的な戦いもできる点をアピールしておきましょう。

 

4.走力では絶対的に優位に立てる

ベテランペアの弱点は、体力。

特に走力に関しては、若いアナタ側のペアのほうが圧倒的に優位なはず。

だからこそポジショニングは上手いペアが多い訳ですが、しっかり前後のスペースを突いていければ問題無いはず。

特に前のスペースはドロップ系のショットを混ぜて、攻撃していきたいですね。

普段の練習の中から、しっかり前後に相手を揺さぶれるように意識しておいて下さい。

 

違うカテゴリ、違うテニスをする選手と試合する機会は、ぜひ定期的に作るようにしましょう。

待っていても、その環境は来ない。

アナタ自身で動いて外に環境を求めることは、その気になればいつでも出来る。

一般の試合にエントリーすること、高校生や大学生の皆さんにも大事なことだと私は思います。

ぜひ、一度地元の大会を中心に探してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. ダブルス

    動きが少ないペアは、なぜ勝てないのか?

    ダブルスの試合で、「勝てないんです…」と悩んでいるペアの方から相談を…

  2. ダブルス

    みっともないミックスダブルスをした男性ほど、その後のテニスは強くなる

    みなさんは、ミックスダブルス、プレーされる機会はありますか?学…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

    ダブルスペアとしての一体感。これは、ある場面を見ればすぐに分か…

  4. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある

    ダブルスの試合、前衛にいるときに何を考えて待つか。私はいつも、…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る

    ダブルスの前衛、皆さんは得意ですか?硬式テニスでは前衛、後衛に…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、注意したいポイントは…

    テニスのダブルスにおいて、上のレベルの試合になるとネットプレーが増えて…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみ…
  2. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピード…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?
  4. テニス 目

    戦術

    テニスの試合では、前傾姿勢よりも胸を張って視野を広げていこう
  5. テニス スマッシュ

    戦術

    成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない
PAGE TOP