テニス ミス

ダブルス

ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

ミックスダブルスで、まず狙われるのは女性の頭上。

これはどのレベルの試合でも、必ずと言っていい程、どのペアも実践してくる王道の作戦です。

ですがただ普通にロブを上げていても、女性も慣れるしそもそもスマッシュが得意な選手かも知れない。

大事なのは、ロブを通じてメンタル的にもダメージを与えること、です。

 

ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

 


 

■ただポイントを獲る、だけじゃ満足できない!

ミックスダブルスは、私の経験上、女性が乗ってくると強い。

調子に乗せない為には、何とかしてミスを誘って気持ちを凹ませる必要がある。

その為には、まずスマッシュをミスさせる、ようなシチュエーションを作りたい。

つまりは、女性の頭上は抜くのではなくあくまで「触らせる」ことが大事。

カバーに優れた男性ペアに参加させるのも厄介ですので、触られるくらいの精度が求められる、のがロブの難しいところです。

ポイントを獲る、ことも大事ですが、まずは女性のメンタルを攻撃して折ってしまうくらいの先手が大事です。

 

■回転がかかったロブは、大抵の女性は苦手にしている

コツはしっかり、回転をかけること。

出来ればスピン系のロブで、抜く必要は無いので少し短めでOK。

スピン系のロブは早く加速して落ちてくるので、構えが整わない状態でのスマッシュになりがち。

この精度をしっかり練習で磨きましょう。

厚めのグリップで打点を前、しっかり振り切れば少し軌道が高めのストロークがそのまま良いロブになる。

何度も言いますが、触らせるのが目的ですので間違ってもアウトだけはしないように・・・しましょう!

 

■触らせるロブは、なるべくコートの中で打てるように

精度の高いロブ、その為にはまずポジショニングが大事。

ロブと言うと、ベースラインより後方から打つようなイメージ、ありませんか?

それは間違い。

コートの内側から、ライジング気味に打てるロブが本当は効果的です。

なぜならタイミングが早く、相手が焦ってくれるから。

後方からいかにも「上げますー」みたいなロブでは、とっくに相手も準備出来てしっかり打たれるか、悠々チェンジで男性のチャンスボールになってしまいます。

 

ロブのようで、ロブ出ない。

「中ロブ」と私は読んでいますが、この精度はどんどん磨きましょう。

女性に触らせてミスを誘う、こと念頭に置いておけば味方の男性と2対1で攻撃出来る。

あ、でも大事なことが・・・。

ミックスダブルスですので、これを実践すれば当然、アナタのペアも同じようなことをやられるかも。

しっかりハイボレーも使いながら、こちらは逆に手堅さをアピールしておきましょう。

ロブの精度を磨けば、ミックスダブルスは勝てます。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

    「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。前衛と後衛が、はっ…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  3. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない

    ダブルスの試合、良いコンビネーションを繰り出してくるペアは、どこが優れ…

  4. ダブルス

    雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

    雁行陣での戦いで、しっかり攻撃的にプレーしたい。でも、しっかり…

  5. テニス 練習
  6. ダブルス

    上級者は並行陣、でも実際の試合では…?

    テニススクールでも、上級クラスは並行陣。これが基本の考え方で…

特集記事

  1. テニス 序盤

    メンタル

    身を以て知らなきゃ強くなれない、「負け」がテニスにはある
  2. メンタル

    迷った時は、「これで自分は成長出来るのか?」を判断基準に
  3. メンタル

    自分の本棚が、違って見える?
  4. ストローク

    打てそうなボールほど、引き付ける
  5. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう
PAGE TOP