テニス ダブルス

ダブルス

初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ

ダブルスの試合、初中級の方でもぜひ実践して欲しいこと、

それは並行陣、です。

サーブ&ボレーから前に出て、2人でボレー・・・なんて、難しい?

いえいえ、そんなことはありません。

むしろ、ダブルスは後ろの選手が「浅いボールを打たれたら、前に出ないといけない」くらいの危機感が大事。

並行陣の基本、得点パターンを覚えておけば、きっと自信を持って前に2人、で陣形を取れるはず。

ぜひこれから並行陣を頑張りたい、という方にも読んで頂きたい内容です。

 

初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ

 

1.リターンゲームから前に出よう!

並行陣、サーブから・・・は、最初は難しいです。

むしろ、浅いサーブをリターンして、そのまま前に出る方が楽。

なぜなら、リターンのポジションを最初から前に取れますからね。

打って前に出る、その距離が短くて済むので余裕を持ってボレー、に移行出来ますね。

クロスに深くリターンして、相手のミスを誘う。

またはロブを誘ってスマッシュ、を狙っていきましょう!

 

2.同レベル相手なら、基本は「ロブ待ち」で良い

初中級のみなさん同士、の試合なら、どうでしょう。

相手の立ち場になって考えてみて下さい。

ネットを挟んだ相手が、2人のともネットプレーをしようとしている、前にいる。

これはもう、ロブ、という選択肢か浮かばない人が多い。

特に女性の方、ですね。

ですので、並行陣のポジションは取っても、しっかり「スマッシュを打つ準備」をしておきましょう。

これが、一番の特点パターンになるはずです。

 

3.並行陣からの深いボレー、必要無し!

これは、並行陣の特権です。

当たり損ないの浅いボレー、でも相手後衛の前に落とせば決まる。

ドロップボレーが打てると最高ですが、結果的にドロップボレーになるケースも大歓迎のスタンスでいきましょう。

深いボレーは、やっぱりアウトが怖い。

ですので無理に打つ必要は無いですよ。

浅いボレーで終わる、くらいの感覚で良い。

相手が雁行陣の場合、後衛の前の空きスペースはどんどん活用していきましょう。

 

4.相手前衛を2対1で攻撃

並行陣、せっかく前にいるので、少しでも浮いたボールがあれば攻撃したい。

2対1、で相手の前衛を攻撃していく意識は大事です。

もちろん並行陣の後衛も、相手の後衛に深く返球が基本ですが、浮いたボールはどんどん相手の前衛にも展開していきましょう。

上手く2対1の状況を作ること、がダブルスでは大事。

パートナーが攻撃、するときにはパートナーがチャンスに備える。

ペアでお互い、両方の意識を高めていくこと。

攻撃の意識は、統一していくことで攻撃力を増していきますよ。

 

5.相手にプレッシャーをかける、並行陣の基本を徹底

これがやはり一番、なんです。

突飛な作戦は必要無い。

むしろ、しっかり前に出て、足元のボールもなんとか返球する、ロブに備える。

これだけで、相手からすると「打つとこ無いな・・・」となるんです。

そうなると、相手はプレッシャーに感じて無理してくれる。

並行陣の攻撃パターンは、シンプルで良い。

初中級のみなさんこそ、しっかり前でプレーすれば同レベルの相手には効果てきめん。

ぜひ、プレッシャーを感じている相手を見ながら、並行陣プレーしてみて下さい。

 

並行陣は難しい?

いえ、目の前の景色が変わるで、難しくはありません。

細かいポジション、セオリー、はもちろん覚えていく必要がありますが、それは後からでも良いでしょう。

まずはどんどん、2人で前に出てみる。

不思議と、試合ではそれだけで効果的になるはずです。

並行陣からの攻撃、得点パターン、ぜひシンプルに意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを持てば良い?

    ダブルスの試合、ポイントを自分たちから獲るイメージ、しっかり湧いてます…

  2. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

    前衛は、前に、前に。この意識は大事ですが、それだけなら相手にか…

  3. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

    ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレ…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    後衛が攻撃するタイミングで、前衛は守備の意識を捨てていこう

    ダブルスの試合、後衛の攻撃に前衛が応える。これが、一番良い形、…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「格上ペアにも諦めない!」テニスのダブルスで大切なポイント4つとは?

    大会にエントリーすれば、避けて通れないのはシード選手・競合ペアとの対戦…

  6. ダブルス

    男性の前衛に捕まらない、ミックスダブルス術

    ミックスダブルスの試合で、女性が後衛、男性が前衛。この時に、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ
  2. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいか…
  4. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ない…
  5. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?
PAGE TOP