メンタル

格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿

自分の本当の実力、どれくらいなんだろう。

この疑問を常に持ち続けることこそ、成長出来るテニス選手。

ほとんどの人は、自分の良いイメージを持ちたいので、上手くいっている試合が自分の実力と思ってしまうんですよね。

でも、テニスのトーナメントを勝ち抜きたいなら、考え方を変えていかないと。

格上相手の試合こそ、アナタ自身の試合です。

 

格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿

 


 

1.テニスの大会は、ラスボス形式

テニスの試合は、ほとんどがトーナメント形式。

予選は総当たりのリーグ、でも本戦はトーナメントというケースが多いですよね。

このトーナメントを、いかに勝ち抜くことが出来るかどうか。

これが、非常に大事になってきます。

当然、勝ち上がっていけば相手は強くなる。

ラスボス、が出て来るのがテニスの試合であり、そこと戦う試合こそ本番のようなもの。

テニスの大会は、ラスボスの試合に勝ってこそ。

このことだけは、常に考えておきましょう。

 

2.格上相手、何が変わるのか

強い相手との試合って、何が変わるんでしょう。

まず、当然相手のプレッシャーは凄いですよね。

ミス出来ない、普通にラリーしていたら押されてしまう、という心理状態の中でプレーしないといけません。

サーブとリターンの精度が低いと、すぐに叩かれる。

それを分かっているから、余計に力が入る。

そう、ここで力が入ってしまう時点で、それがアナタ自身の実力なんです。

良い、悪いではなく、それが自分の実力だということ。

そこから目を背けない自分、を作り上げていかないといけないんです。

 

3.格上相手に自分のプレー、出来てこそ自信になる

みなさんも、こういうポイントはあるはず。

強い相手に、自分のプレーが出来たとき。

それは、間違いなくアナタ自身の自信になるはず。

自分より弱い相手、に出来ることは当然なんです。

この場合、相手がプレッシャーを感じてくれているので、実力以上の成果が出てしまう。

これに惑わされないで、冷静に、強い相手との自分を思い出してみましょう。

そこで、何が出来て、何が出来なかったのか。

トーナメントを勝ち抜くヒントが、そこにはあるはずです。

 



 

4.もっと言えば、格上相手にリードされてからが真の姿

厳しい状況、もう苦しくてしょうがない。

格上相手の試合でも、最初はまだ元気なんです、みなさん。

イーブンだし、チャンスがあると思える。

それが、0-4、2-5となっていって、プレーがどうなるのか。

落ち込んで諦めたようなプレーになる、のが普通です。

でもそれが、アナタ自身なんですよね。

偉そうに書いてますが、私だってそうです。

だからこそ、格上相手にリードされたときの自分は、どんなプレーで応戦出来るのかを常に考えておく。

辛いですが、勝つ為、強くなる為には必要な作業です。

 

5.お勧めの練習法

今、みなさんがイメージする格上の選手、を相手に試合をしていると仮定しましょう。

2-5リードでチェンジコート、次のゲームをどう進めるのか。

サービスゲーム、リターンゲームで、どういう作戦が有効か考えてみて下さい。

私なら、ある程度リスクを冒して相手を焦らせたい。

サービスゲームならまだ1ブレイク差ですからね、チャンスはあります。

相手が一気に仕留めに来るところを、2バックのような陣形で粘ることもやります。

こんな感じで、みなさんも何が出来るのか、書き出してみましょう。

そして、実際の試合形式の練習で、2-5の設定から試合を始めてみるのも面白いです。

挽回癖、イメージを養うには、練習からの一工夫が大事です。

 

良いイメージを持つのは、大事。

でも、それがどんな相手に対してだったのか、も確認しておきましょう。

プレッシャーが少なければ、人は自然と良いプレーが出来るんですよ。

格上相手との決勝戦、2-5でチェンジコート、の場面で何が出来るのか。

そこでのプレーが、アナタ自身の真の実力です。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ

    今年のテニスの目標はなんだろう?「上手くなること!」「強くなり…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルとは、テクニック

    受験やテスト、と同じ。知識を活かす、メンタルも私は同じだと思…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく拓ける!

    自分のテニスについて、しっかり「言葉」にすることはできますか?…

  4. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

    テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。その理由の大き…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心が不可欠

    今自分がいる環境、みなさんはどう捉えていますか?「環境は恵まれ…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく

    昨日、私が普段一緒にテニスをしているメンバーで、草トーの団体戦に出てい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 攻撃

    ボレー

    浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で一番疲れるのは、セカンドサーブであることを証明する5つの事実
  3. メンタル

    メンタルが強い人は、〇〇を持っているだけ
  4. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット
  5. テニス 戦術

    ストローク

    テニスでは打つ前から力を入れると、ラケット自体が動かなくなる
PAGE TOP