メンタル

格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿

自分の本当の実力、どれくらいなんだろう。

この疑問を常に持ち続けることこそ、成長出来るテニス選手。

ほとんどの人は、自分の良いイメージを持ちたいので、上手くいっている試合が自分の実力と思ってしまうんですよね。

でも、テニスのトーナメントを勝ち抜きたいなら、考え方を変えていかないと。

格上相手の試合こそ、アナタ自身の試合です。

 

格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿

 


 

1.テニスの大会は、ラスボス形式

テニスの試合は、ほとんどがトーナメント形式。

予選は総当たりのリーグ、でも本戦はトーナメントというケースが多いですよね。

このトーナメントを、いかに勝ち抜くことが出来るかどうか。

これが、非常に大事になってきます。

当然、勝ち上がっていけば相手は強くなる。

ラスボス、が出て来るのがテニスの試合であり、そこと戦う試合こそ本番のようなもの。

テニスの大会は、ラスボスの試合に勝ってこそ。

このことだけは、常に考えておきましょう。

 

2.格上相手、何が変わるのか

強い相手との試合って、何が変わるんでしょう。

まず、当然相手のプレッシャーは凄いですよね。

ミス出来ない、普通にラリーしていたら押されてしまう、という心理状態の中でプレーしないといけません。

サーブとリターンの精度が低いと、すぐに叩かれる。

それを分かっているから、余計に力が入る。

そう、ここで力が入ってしまう時点で、それがアナタ自身の実力なんです。

良い、悪いではなく、それが自分の実力だということ。

そこから目を背けない自分、を作り上げていかないといけないんです。

 

3.格上相手に自分のプレー、出来てこそ自信になる

みなさんも、こういうポイントはあるはず。

強い相手に、自分のプレーが出来たとき。

それは、間違いなくアナタ自身の自信になるはず。

自分より弱い相手、に出来ることは当然なんです。

この場合、相手がプレッシャーを感じてくれているので、実力以上の成果が出てしまう。

これに惑わされないで、冷静に、強い相手との自分を思い出してみましょう。

そこで、何が出来て、何が出来なかったのか。

トーナメントを勝ち抜くヒントが、そこにはあるはずです。

 



 

4.もっと言えば、格上相手にリードされてからが真の姿

厳しい状況、もう苦しくてしょうがない。

格上相手の試合でも、最初はまだ元気なんです、みなさん。

イーブンだし、チャンスがあると思える。

それが、0-4、2-5となっていって、プレーがどうなるのか。

落ち込んで諦めたようなプレーになる、のが普通です。

でもそれが、アナタ自身なんですよね。

偉そうに書いてますが、私だってそうです。

だからこそ、格上相手にリードされたときの自分は、どんなプレーで応戦出来るのかを常に考えておく。

辛いですが、勝つ為、強くなる為には必要な作業です。

 

5.お勧めの練習法

今、みなさんがイメージする格上の選手、を相手に試合をしていると仮定しましょう。

2-5リードでチェンジコート、次のゲームをどう進めるのか。

サービスゲーム、リターンゲームで、どういう作戦が有効か考えてみて下さい。

私なら、ある程度リスクを冒して相手を焦らせたい。

サービスゲームならまだ1ブレイク差ですからね、チャンスはあります。

相手が一気に仕留めに来るところを、2バックのような陣形で粘ることもやります。

こんな感じで、みなさんも何が出来るのか、書き出してみましょう。

そして、実際の試合形式の練習で、2-5の設定から試合を始めてみるのも面白いです。

挽回癖、イメージを養うには、練習からの一工夫が大事です。

 

良いイメージを持つのは、大事。

でも、それがどんな相手に対してだったのか、も確認しておきましょう。

プレッシャーが少なければ、人は自然と良いプレーが出来るんですよ。

格上相手との決勝戦、2-5でチェンジコート、の場面で何が出来るのか。

そこでのプレーが、アナタ自身の真の実力です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 【先着順!】江東区SENKO潮見コートで開催 佐藤博康プロとダブルス練習会
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 環境
  2. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道

    私自身、「這い上がったテニス選手」だと思います。いや、何も全国的な…

  3. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

    テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?部活やサ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?

    試合でどうしても頑張りたいのに、くじけてしまいそうな時・・・ありますよ…

  5. メンタル

    ノンプレッシャーのテニス、面白い?

    プレッシャーも無く、伸び伸びとテニスをする。良いんです、最初…

  6. テニス 雪

    メンタル

    相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?

    サッカーワールドカップの試合を観ていると、勝ち切ることの難しさを感じま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみ…
  2. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛は、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと
  4. テニス コントロール

    メンタル

    追い込まれないとスイッチが入らない、人が普通です
  5. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる
PAGE TOP