テニス ドロップショット

ボレー

どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのがテニス

ボレーの醍醐味って、何でしょう。

私は、コレだと思います。

相手の強力なストロークに、ルールで対抗出来る。

いや・・・もちろん打ち返したい、ですけどね。

テニスのルールを味方につけていけば、試合に勝てる。

それがスポーツでしょう。

 

どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのがテニス

 


 

1.強烈なストロークに、ストロークで対抗するの?

最近の学生さんは、本当にすごい、ストロークが。

もちろんラケットが進歩したのもありますけど、錦織選手の試合をYoutubeで観たり、僕らよりはるかに良い情報にたくさん接している。

ストロークも上手いし強烈、女性でも本当に伸びのあるショットを打って来る。

そんな相手に、テニスでは「ストロークで対抗しないといけない」という決まりはありません。

「打ち合ってやるぞ!」という気持ちは買いますが、それで勝てますか?ということ。

私なら、早々にネットに出ていくでしょう。

 

2.当たり損ないでもエース、になるのがボレーの醍醐味

ダブルスのポーチなんて、こういうの多いですよね。

フレームに当たって、ポトッと落ちてエース。

強烈なストロークだって、ネット近くで触れば返球出来る可能性が高い。

ストローク対ストローク、だと「良いストローク」な訳ですから、それを無効化すれば良い。

テニスにボレーというルールがあって、本当に良かった・・・と、思えるかどうかです。

当たり損ないはカッコ悪い?

残念ながら、テニスには芸術点は付かないんですよ。

 

3.強烈なストロークを打ってくる選手を、「大好物」になろう

まだまだ、相手に圧倒される方は多い。

学生でも一般でも、ベテランの方でもすぐに自分の「ストローク力」を比較したがる。

男性なら、力で対抗しようと息を巻く。

それって、愚かなことだと思います。

ストロークが得意な相手には、どんどんネットで仕掛けていく。

抜かれても、抜かれても、きっと後ろで打ち合うよりは未来がある。

たまにあえて、後ろで打ち合ってみると・・・前半の自分のネットへのチャージが効いてたりもするでしょう。

そうやって崩していく、ことに快感を覚えられれば、きっとアナタも強い選手になっているはず。

そう、ストロークが強力な選手を「大好物」と言える選手は強いのです。

 

相手にどうやったら「気持ち良く打たせないか」が大事。

これはシングルスでもダブルスでも、同じです。

ネットに近付く、ことは相手にとって非常に嫌なはず。

ストロークが強力な相手、積極的に仕掛けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてく…

    ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

  3. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

    ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技…

  4. テニス コントロール

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーが安定しない人」のほとんどに共通するのは、両手の距離感の問題

    ソフトテニスを経験していた方は、とてもパンチ力のあるボレーを打ってきま…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    バックハンドの高い打点で打たせつつ、ネットに出るのが大正解

    ダブルスでもシングルスでも、ネットに出る流れで使えるテクニック。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

    バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ。聞くだけで、難しく感じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 日々の雑記

    今日という日は、杉田祐一選手について語らない訳にはいかない
  2. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    失点した時こそ、ペアでコミュニケーションを
  4. テニス 準備

    戦術

    自分が打ったボールを、その感触で判断出来るようになろう
  5. テニス 序盤

    戦術

    暑い中での試合を勝ち切る、試合の現場で体力消耗を抑えるコツ4つ
PAGE TOP