テニス ドロップショット

ボレー

どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのがテニス

ボレーの醍醐味って、何でしょう。

私は、コレだと思います。

相手の強力なストロークに、ルールで対抗出来る。

いや・・・もちろん打ち返したい、ですけどね。

テニスのルールを味方につけていけば、試合に勝てる。

それがスポーツでしょう。

 

どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのがテニス

 


 

1.強烈なストロークに、ストロークで対抗するの?

最近の学生さんは、本当にすごい、ストロークが。

もちろんラケットが進歩したのもありますけど、錦織選手の試合をYoutubeで観たり、僕らよりはるかに良い情報にたくさん接している。

ストロークも上手いし強烈、女性でも本当に伸びのあるショットを打って来る。

そんな相手に、テニスでは「ストロークで対抗しないといけない」という決まりはありません。

「打ち合ってやるぞ!」という気持ちは買いますが、それで勝てますか?ということ。

私なら、早々にネットに出ていくでしょう。

 

2.当たり損ないでもエース、になるのがボレーの醍醐味

ダブルスのポーチなんて、こういうの多いですよね。

フレームに当たって、ポトッと落ちてエース。

強烈なストロークだって、ネット近くで触れば返球出来る可能性が高い。

ストローク対ストローク、だと「良いストローク」な訳ですから、それを無効化すれば良い。

テニスにボレーというルールがあって、本当に良かった・・・と、思えるかどうかです。

当たり損ないはカッコ悪い?

残念ながら、テニスには芸術点は付かないんですよ。

 

3.強烈なストロークを打ってくる選手を、「大好物」になろう

まだまだ、相手に圧倒される方は多い。

学生でも一般でも、ベテランの方でもすぐに自分の「ストローク力」を比較したがる。

男性なら、力で対抗しようと息を巻く。

それって、愚かなことだと思います。

ストロークが得意な相手には、どんどんネットで仕掛けていく。

抜かれても、抜かれても、きっと後ろで打ち合うよりは未来がある。

たまにあえて、後ろで打ち合ってみると・・・前半の自分のネットへのチャージが効いてたりもするでしょう。

そうやって崩していく、ことに快感を覚えられれば、きっとアナタも強い選手になっているはず。

そう、ストロークが強力な選手を「大好物」と言える選手は強いのです。

 

相手にどうやったら「気持ち良く打たせないか」が大事。

これはシングルスでもダブルスでも、同じです。

ネットに近付く、ことは相手にとって非常に嫌なはず。

ストロークが強力な相手、積極的に仕掛けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?

    片手バックハンドボレー、特に男性は使う方が多いですよね。でも、…

  3. テニス 調子

    ボレー

    ネットプレーでアウトが多いのは、「深く打とうと意識し過ぎ」ているから

    ネットプレーに取り組んでいるけど、自分のボレーアウトで終わることが多い…

  4. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!

    アナタ自身が前にいて、相手がストローク。この時、スライスでのス…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「選手にとっても、大きな一歩」テニスで足を出すことの意味は、ローボレーに

    ボレーが難しいと感じる時、それはローボレーを打つ時感じるかな。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    「なぜ、テニスの試合は初心者相手だと、辛くなる」のか
  2. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい
  3. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ…
  4. テニス ストローク

    テニススクール

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している
PAGE TOP