テニス 格上相手

その他

「テニス節約術」って、考えたことありますか?

俺は金持ちではない。

お金は無いけど、遊ぶことは大好きなので休日は大いに楽しもうとする。

当然、使えるお金は限られているから、遊べる金額の範囲内で、一番楽しめる遊びを考える。

 

「テニス節約術」って、考えたことありますか?

 


 

どうやるとお金掛からなくて楽しめるか。

「お金をかける気はありません!」という強い意思が原則としてあることを意識して、場所、内容、参加者なんかを考えるから、その範囲内で色々アイデアが出る。

それで考えると、けっこう面白いことはあるんだよね。

 

でもそこで「お金がいくらでもある」となると、ちょっと考え方は違ってくる

派手さは際立つけど、意外と内容の無い遊びになるかもね。

テニスのショットもそれと似てると思うんだよ。

「お金」とは「労力」になる。

その「労力」を最初から制限設けておいて、その範囲内でいかに良いショットが打てるか・・・というのを考えないといけないんだけど、その考え方が無くって「私は良いショットを打つためには労力を惜しみません!」って感じでどんどん力いっぱい打ってしまう人が多い。

そうなると結局一番頑張るのは腕力。

でも腕力で頑張ると、大振りでミスが多いうえに、力みすぎて怪我をしたり、労力使いすぎて試合の後半に体力不足になったり・・・。

ということで、まずは制限をしっかり設けよう。

 

どのくらいに設定するかというと、とにかく自分でビックリするくらい労力は小さく設定したい

「こんなに小さな力で打たなきゃいけないの?」って驚くくらいにしないといけないのだ。

ショートラリーとそんなに変わらないくらいかも。

でもそのくらいに設定しておかないと、体力の問題もあるが、走らされた時、ギリギリに手を伸ばして打つ時、相手の速いショットを咄嗟に対応しないといけない時なんか、使えないからね。

でも当然、ボールを飛ばすために自分が加えていた力が減った分、他の力を利用出来るようにしたい。

それは何なのか・・・。

考えられる自分以外の力は、まずは相手のショットを跳ね返す力、それから踏み込んで行く力、もちろんボール自体にもバウンドする力があるし、ラケットにもガットにも反発する力が備わっている。

それらの全てを合わせるとけっこうな力になってくれるし、そういうことに気が付くのって、労力を極力制限して初めて実感できるんだよ。

 



 

「今日一日1000円で過ごしてください」って言われて、初めて高級レストラン行かなくても、安くて美味いものが身近にあるんだって気付いた感じだね

労力を小さくしたことで、コンパクトなスィングのショットが打てるようになるから、ランニングショット、コース隠したショット、咄嗟にコースを変更する・・・なんてことがしやすくなるだけでなく、気持ちの余裕も出てくるから、視野も広くなるし、頭の回転も良くなりやすい。

しかも労力を小さくしたことで結構実感できるのは、より速いショットを打てるようになるってこと。

体の使い方もスムーズになるし、さっき言った自分以外の他の力を上手く使えるようになるからね。

 

でも労力小さく設定した時に気を付けてもらいたいのが、スライスばっかりになったり、足を止めてしまったりすること

労力は惜しむが、プレー自体はより高いレベルをしっかり意識して練習をしてもらいたい。

お金の無駄遣いはやめて欲しいけど、ケチな人間にはなってもらいたくないってことだね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. その他

    読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

    来週にて実施させて頂く、読者ミーティングのイベント。第1回とい…

  2. テニス フットワーク

    その他

    テニスで結果を出して「大きな目標を成し遂げたい」なら、まず今いるチーム内でNo.1を目指そう

    テニスの試合で結果を出している人、最初から大きな目標を立てて取り組んで…

  3. テニス 確率

    その他

    テニスノートを使って、「テニスの試合の勝率を上げていく」シンプルな方法とは?

    毎日練習や試合の後にテニスノートを付けているけど、「これが効果あるのか…

  4. その他

    「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい目標設定の方法

    一年の計は新春にあり。皆さんもそれぞれ、テニスの目標を立てて今…

  5. その他

    試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です

    テニス部で頑張っている皆さん、特にキャプテンとしてチームをまとめている…

  6. テニス 部活

    その他

    テニスの試合で「自分自身の失敗を活かす」為に必要な、意識改革とは?

    スポーツの試合には、失敗は付き物。例えば野球のバッターであれば…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手…
  5. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない
PAGE TOP