テニス ストローク

ストローク

「スウィングスピードをもっと速くしたいんです!」という人は、テニスの環境を客観視することも大事

ショットのスピードを速くするには、どうすれば良いのか・・・。

そんなの簡単だよ。

スィングスピードを速くすればいい。

 

「スィングスピードをもっと速くしたいんです!」という人は、テニスの環境を客観視することも大事

 


 

でもこのスィングスピードを上げるためには、どうすれば良いのかってことをちゃんと具体的に考えないと、フォーム全体が崩れてしまう。

何も考えずに速くしようとすると、腕力に頼ってしまうからね。

スィングが速くなる条件として、まず必要なことは何かと言うと、もちろん力まないこと

ということは、腕力で振るというより、足から得られる床反力を使ったり、腰の一瞬の捻り戻しを利用してスィング力に切り替えられるようにしないといけない。

そしてコンパクトなスィングも必要になってくる。

サーブもストロークも、まずは肩を支点にした大きなフォームで動作が始まるけど、そのまま肩が支点だと大振りすぎてスィングスピードは上がらない。

打つ瞬間、サーブの場合はリストや腕の捻りを使い、コンパクトな動きがスィングスピードアップのポイントだ

更に準備の早さも関係してくる。

準備が遅いと全ての動作が慌ただしくて、じっくり力を溜めることが出来ないでしょ?

ストロークのトップスピンやサーブであれば、一度ラケットダウンするところまではユッタリ感がある方がそのあと集中してスィング出来るから、速いスィングにしやすいうえに、正確なスィングになりやすいよ。

そしてこれが結構重要だ。

テニスやる時、毎回自分の中で一番速いスィングスピードを意識してプレーをすること

でもこれって意外と難しくて、ミスが多くなったり、自信が無くなったりすると、途端にスィングスピードは「まあまあ」になってしまい、酷い場合なんか、振り抜かないでラケットを止めてしまうでしょ?

そうすると、そこから成長していかないんだよね。

常に正確なポジション、早めの準備などをしておいて、出来る限りベストなスィングスピードをし続けよう。

 



 

でもね、速いスィング持っている選手を色々知ってるけど、誰もどうやったら速くなるかって話はしないんだよ

俺も自分の中でどうやって速くしようとしたかってあまり現役時代は考えなかった。

じゃあ皆、どうやってスィングが速くなったか・・・。

それは速いスィングをする選手に囲まれた環境にいたから。

速くなるリズム、使う筋肉、準備のタイミングなど、いつの間にか速い選手に囲まれた環境でテニスをしているうちに影響受けて、振れるようになったんだよ。

そしてこれが、スィングスピードアップに限らず一番ベストな覚え方だと思う

でもなかなかそういう環境を作るのが難しい人は、最初に言ったように、腕力以外の力を使うこと、コンパクトなスィング、早めの準備なんかを意識して日々自信持って速く振るように心掛けてみよう。

すごい速いスィングが振れるようになって初めて感じると思うけど、意外と速いスィングは労力いらない。

結構そこがポイントかもね。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    フットワークが良く足に自信がある選手は、「コンパクトなフォーム」を身に付けると、強みを活かせる!

    皆さんの周りには、「やたらと足が速くて、フットワークが良い選手」いませ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを力強くしたい人は、テイクバック時に前に出す腕を上げていこう

    ストロークをもっと、力強いものにしていきたい。きっと、学生から…

  4. ストローク

    「ボールを飛ばす力」テニスの基本パワーは下半身から

    ストロークを飛ばす動力は・・・足である。足でボールを飛ばすのだ…

  5. テニス 練習
  6. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い

    フラットショット、私はどちらかと言えばほとんど使わない。と言い…

特集記事

  1. 戦術

    いつもアングル、という選択肢を持つ
  2. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    「記事のネタは、いつもどこから?」のご質問について
  4. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい
  5. テニス ミス

    メンタル

    「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要…
PAGE TOP